中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>神経系疾患>過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の鍼灸治療

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経系疾患】

過敏性腸症候群とは、消化管全体の運動性の障害により腹痛、便秘あるいは下痢が起こる状態です。
過敏性腸症候群が起こると、消化管がさまざまな刺激に対して非常に敏感になります。ストレス、食事、薬、ホルモン類、その他のわずかな刺激が消化管の異常な収縮を起こし、通常は下痢になります。下痢と下痢の間に便秘が起こることもあります。過敏性腸症候群は女性の方が男性の3倍多く起こります。
過敏性腸症候群発作が起きている間は、消化管の収縮は強まり、より頻回に起こり、食品や便が大腸を急激に通過するので下痢が起こります。けいれん痛は大腸の強い収縮と、伸張と圧力に対する大腸上受容体の感受性の亢進する結果として起こります。過敏性腸症候群発作はほとんど常に目覚めているときに起こり、寝ている人が発作で目覚めることはまれです。
過敏性腸症候群は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気です。検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで過敏性大腸症候群と呼ばれていたが、最近では大腸だけではなく小腸にも関係することなどから過敏性腸症候群と呼ばれます。

過敏性腸症候群の鍼灸治療法

過敏性腸症候群の鍼灸治療症例と臨床経験

過敏性腸症候群の鍼灸臨床経験:過敏性腸症候群患者51名、取穴【脳透穴針】:中極、上脘、人中、足三里、下関、頬車、地倉、合穀、中脘、気海、内関、百会、三陰交、太沖。

過敏性腸症候群の鍼灸治療臨床経験:過敏性腸症候群の鍼灸治療は、自律神経の伝達物質の働きをよくしますので、症状の改善のみならず、根本的な治療が多いです。過敏性腸症候群症状は精神的なストレス、生活の乱れによって引き起こされることが多いため、症状を改善するにはこれらの要因を解消することが基本です。

過敏性腸症候群鍼灸治療症例

太田さん、28才、男性、江戸川区在住。ストレスで、2年前から、出勤前の朝が大変で、排便が1回で済むことが少なく、大抵3回以上排便するようになりました。便意を感じても便が出ない空振りも多いです。通勤電車の中でも、駅ごとにトイレに行く場合さえあります。トイレにいけない状況を怖れて、停車駅間の時間が長い急行や快速を避けるようになります。会社同僚の紹介で、当院で、鍼灸治療を受けから、下痢が止まって、食生活と運動も取り入れて、今はまったく症状が出なくなりました。

過敏性腸症候群の鍼灸治療のメカリズム

過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ脳組織を改善する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の働きを活発化させます。
5.自律神経バランスを正常化し、大腸の運動および分泌機能の異常を改善します。

過敏性腸症候群治療の実際様子と流れ

過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経疾患】

過敏性腸症候群分類

  1. 不安定型
    腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる。不安定型は腹痛、腹部の不快な感じがあり、下痢が数日続いた後、便秘が数日間持続するといった状態を繰り返す。交代性便通異常とも呼ばれ、おなかが張って苦しく、トイレに行きたいが出ないという厄介な便秘です。
  2. 慢性下痢型
    少しでもストレスや不安を感じると下痢を引き起こす。神経性下痢とも呼ばれます。ちょっと神経を使ってもすぐトイレに行きたくなり、軟便 や水様便になるので神経性下痢とも呼ばれています。下痢は長期間にわたって起こりやすく、重症の人はいつどこで便意を催すかもわからないので、トイレのついていない快速電車には不安で乗れないし、会社に出勤する途中でも数回、トイレに行かなければならないという人もいます。休日など家でのんびりしているときは、排便も正常に戻っていることが多く、また下痢をするにもかかわらず、栄養が衰えないで、やせてこない人もいます。
  3. 分泌型
    強い腹痛の後、大量の粘液が排泄される。
  4. ガス型
    過剰なストレスによっておなかにガスがたまる症状。

過敏性腸症候群原因

  1. 自律神経に異常
  2. 精神的不安や過度の緊張などストレス
    またもともと神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合があります。脳は消化管をコントロールしています。ストレス、不安、抑うつ、恐怖、そして強い感情は事実上何でも、下痢、便秘、その他の腸の機能に変化を起こし、また過敏性腸症候群の症状を悪化させます。
  3. 薬物

過敏性腸症候群症状

過敏性腸症候群症状は主に便通の異常です。過敏性腸症候群症状の現れ方によって、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分けられます。排便により、しばらくは症状が軽快するが、またぶり返します。

  1. 下痢
    食事がきっかけとなり、しばしば速く食べすぎたり、多く食べすぎたりすることで起こります。食後数分で痛みを伴って下痢が起こります。この下痢は突然に始まり非常に強い便意をもたらします。ときにはコントロールできず、トイレに行くのが間に合わないほどです。寝ている間に下痢が起こることはまれです。
  2. 腹痛
    痛みは持続する鈍痛あるいはけいれん痛の発作として現れ、下腹部に起こります。腹部膨満、ガス、吐き気、頭痛、疲労感、抑うつ、不安感、集中力の欠如などもみられます。排便するとしばしば痛みが和らぎます。ストレスがあると症状が悪化します。
  3. 便秘
    便秘と下痢が交互に起こることもあります。便中には頻繁に粘液がみられます。
    過敏性腸症候群他に便秘が主症状の便秘型、ガスが多くなるガス型などがあり、それぞれの型で重複や移行がしばしば認められます。便意と共に動悸や息切れなどの不安症状を呈する場合はパニック障害との鑑別が必要になりますし、パニック障害を合併する症例も認めます。

過敏性腸症候群検査

  1. 血液検査
  2. 便検査
  3. S状結腸鏡検査
  4. 腹部超音波検査
  5. X線検査

過敏性腸症候群の場合、すべての検査は何の異常もみられません。

過敏性腸症候群診断

過敏性腸症候群診断基準として、1982年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)が発表した過敏性腸症候群診断基準:年に6回以上下痢や便秘などの便通異常が起きて、しかも1回が3週間以上続き、その際腹痛を伴いますが、排便する。
過敏性腸症候群と診断されるのは、さまざまな検査をしてほかの病気ではない場合に限ります。
腹痛の程度や痛む場所は一定しませんが、左下腹部か右上腹部が、キューンと絞られるように、あるいはシクシクと痛む場合が多いです。下痢型では、あまり腹痛がない症例もあります。

過敏性腸症候群対策

  1. 精神的なストレスを解消すること。
  2. 便意があってもなくても必ず毎朝トイレに行き、便通が習慣になるように気をつける。
  3. 暴飲暴食、喫煙、アルコールの飲みすぎを避け、食生活の改善や生活習慣の改善など。
  4. ビタミンとミネラルの摂取、腸の働きを良くするには食物繊維が必要。
  5. 運動を身につける。
  6. 十分な睡眠と休養をとる。

過敏性腸症候群患者の質問

過敏性腸症候群FD様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過敏性腸症候群と診断を受け、1年以上の治療を受けていますが改善しません。 悪化するばかりで、ついには登校出来なくなりました。 腹痛、下痢、便秘、ゲップ、ガスなど、様々な症状に苦しみ日中は寝て過ごしています。 治療は可能でしょうか?

当院の返事:
当院の鍼灸治療は過敏性腸症候群には、かなり 有効です。 最近、一人秋田からの過敏性腸症候群患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 過敏性腸症候群の症状がなくなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な電気針治療法で、治った過敏性腸症候群の 方がたくさんいらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん