中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>がん>前列腺がん

前列腺がん

前列腺がんの鍼灸治療  (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

前列腺がんについて

前列腺がんの原因|前列腺がん【癌(がん)】

前列腺がんとは、前列腺組織に発生する悪性腫瘍です。
前列腺がんは、前立腺の細胞が正常の細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。遺伝子の異常が原因といわれていますが、正常細胞がなぜがん化するのかまだ十分に解明されていないです。
前立腺がんは前立腺の外側の腺上皮から発生する率が高く、初期にはほとんど症状がありません。がんが大きくなって尿道が圧迫されると、尿が出にくい、尿の回数が多い、排尿後に尿が残った感じがする、夜間の尿の回数が多いなど、前立腺肥大症と同じ症状が現れます。
立腺癌の罹患率は国別や人種差が大きく、日本では人口10万人あたりの男性が1年間に前立腺癌にかかる人数は全年齢を合わせると10人程度で癌死亡の部位別順位では10位前後です。

前列腺がんの原因

前立腺がんの確立したリスク要因は、年齢(高齢者)、人種(黒人)、前立腺がん家族歴とされています。前立腺癌の危険因子として考えられているのは脂肪の多量摂取、肥満などです。他の癌のように喫煙との関係は否定的な報告が多いようです。また飲酒との関係も明らかではありません。

前列腺がんの症状

前列腺がんの早期に特有の症状はありません。あるとしてもその多くは前立腺肥大症に伴う症状です。排尿困難(尿が出にくい)、頻尿(尿の回数が多い)、残尿感(排尿後、尿が出切らないで残った感じがする)、夜間多尿、尿意切迫(尿意を感じるとトイレに行くまでに排尿を我慢できない状態)、下腹部不快感などです。

前列腺がんの検査

一般的な前列腺がんのスクリーニング検査としては、問診、触診、軟X線乳房撮影、超音波検査等が実施されます。臨床的に前列腺がん疑いがありますと、MRIおよび細胞診や生検が実施され病理学的診断により癌であるかどうか判別されます。細胞診や針生検で前列腺がん診断が困難な場合には、超音波またはマンモグラフィーを取る機械を用いたマンモトーム生検が行われることもあります。

  1. 血液検査:血中のPSAの測定。PSAとは前立腺から産生される蛋白質で、前立腺癌になるとその血中濃度が高くなります。
  2. 直腸触診:肛門から直腸の中に指をいれて前立腺の状態を指で調べる検査です。
  3. 骨盤部のMRI検査やCT検査:前立腺癌の周辺への拡がりを見ると同時に、所属リンパ節への転移の有無を調べます。
  4. 超音波検査:経直腸的な超音波検査。

前列腺がんの診断

前列腺がんの診断には、PSA値あるいは直腸診、経直腸的前立腺超音波検査により前立腺がんの疑いがある場合、年齢も考慮しながら最終的な診断を行うために前立腺生検が実施されます。

前列腺がんの病期

  1. 病期A(偶発癌):癌ではなく、良性疾患の診断のもとに手術を受けて、切除された組織に偶然発見された癌
  2. 病期B(限局性癌):前立腺内に限局している癌。
  3. 病期C(局所浸潤癌):前立腺被膜を超えて拡がっている癌。
  4. 病期D(転移性癌):臨床的に明らかに転移がみられる癌。

前列腺がんの西洋医学的な治療

  1. 外科手術
  2. 内分泌療法・化学療法
  3. 放射線療法

前列腺がんの予後

前列腺がん、他の癌と比べると比較的その進行は遅く、またホルモン療法が有効なため、比較的予後のいい癌といえます。

前列腺がんに対する当院鍼灸治療の取り組み

前列腺がんに対する針灸治療は、中国でも盛んに行っています。中国政府は針灸、漢方のがんに対する治療効果を重視し、多額な資金を投入し、多くの研究成果を上げています。カンボウジアのシアヌーク国王が1979年頃にガンを罹患し、西洋医学医に余命があと半年しかないと宣告され、中国政府に治療を求めました。中国政府は針灸、漢方医療チームを結成し、シアヌーク国王の治療に当てました。その後、シアヌーク国王が30年も生きられ、91才まで生きられました。
西洋医学的な治療では、さまざまな副作用があります。このため、当院は二十年数前から前列腺がんの針灸治療を取り組んできました。最新のがん研究情報に基づき、病院の西洋医学的な治療と平行に東洋医学の針灸治療を取り入れ、前列腺がんの治療成績を向上し、手術療法・放射線療法・化学療法などの副作用・後遺症を減らせることができました。

前列腺がん鍼灸(針灸)治療法

前列腺がん鍼灸(針灸)治療:前列腺がん患者さん205名、取穴:会陰、肺兪、心兪、屋翳、足三里、天宗、肩井、腎兪、肝兪、太沖、三陰交。電気ハリ、お灸。

前列腺がん鍼灸(針灸)臨床経験: 当針灸院(鍼灸院)では、多くの前列腺がん患者の症状を回復させてきました。今も多くの前列腺がん患者が通っていらっしゃいます。前列腺がん患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの前列腺がん患者は正常な生活を送ることができるようになりました。
西洋医学的な治療の癌(がん)に対する治療は、がん細胞のみならず、同時に正常な細胞も障害を受けることは避けられませんので、副作用・後遺症を伴います。前列腺がんも同様です。そのため副作用も強くあらわれることがあります。針灸の併用治療で、後遺症と副作用を減軽することができます。 また、針灸治療によって、免疫機能が強化され、自分の持っている回復力を利用して、癌細胞の繁殖を抑制し、生存率を高めることができます。

前列腺がん鍼灸(針灸)治療のメカリズム

針灸治療によって、免疫機能が強化され、自分の持っている回復力を利用して、癌細胞の増殖を抑制すると考えられます。

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん