中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>産婦人科疾患>チョコレート嚢腫

チョコレート嚢腫

チョコレート嚢腫 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

チョコレート嚢腫について

卵巣嚢腫の原因|卵巣嚢腫【産婦人科疾患】

チョコレート嚢腫とは、子宮内膜が卵巣内に嚢胞を形成し、この嚢胞内に主として月経の時に出血を繰り返すことにより、内腔に古い血液がたまった状態です
子宮内膜症が卵巣の内部に発生すると、血液が卵巣内に次々と溜まっていき、血腫となって卵巣が大きく膨らんできます。卵巣の中の血液はチョコレートのような色になっていきます。チョコレート嚢腫は子宮内膜症性卵巣嚢胞ともいいます。
子宮内膜は、本来子宮の内面をおおっている子宮内膜と同様の組織が、子宮の内面以外の部位にもできます。子宮内膜症は骨盤内にできることが多く、腹膜、卵巣に病巣を形成することがよくあります。ほかに、膀胱、直腸などの腸管、肺、皮膚にもできることがあります。
卵巣に病巣を形成した子宮内膜症が進むと、卵巣内に嚢胞を形成します。この嚢胞内に主として月経の時に出血を繰り返すことにより、内腔に古い血液がたまったものが子宮内膜症性卵巣嚢胞、すなわち、チョコレート嚢胞です。エストロゲンに依存する疾患であるため、初経から閉経までの生殖可能年齢の女性に発症します。

チョコレート嚢腫に対する当院の取り組み

チョコレート嚢腫原因|チョコレート嚢腫【神経疾患】

中国鍼灸院のチョコレート嚢腫の治療目的は、チョコレート嚢腫の回復程度を高めることとチョコレート嚢腫が完治するまでの時間の短縮することです。
多くのチョコレート嚢腫患者さんの期待に応えるため、当院長が30数年間、チョコレート嚢腫治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリ【腹部透穴針】を考案いたしました。そして良い成果を上げています。
治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%は経過がよいと考えられます。
チョコレート嚢腫の原因が複雑なため、当院の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。チョコレート嚢腫の回復はチョコレート嚢腫患者の生活の質を向上させるのに役に立っています。

チョコレート嚢腫の鍼灸治療法

チョコレート嚢腫の鍼灸治療症例 : チョコレート嚢腫患者130名、【腹部透穴針】:子宮、京門、中脘、中極、気海、関元、腎兪、次髎、足三里、三陰交、太沖、内関、合穀。電気針。天枢に間接灸9壮。

チョコレート嚢腫の鍼灸治療臨床経験: 中国鍼灸院では、多くのチョコレート嚢腫患者の症状を回復させてきました。今も多くのチョコレート嚢腫患者が通っていらっしゃいます。チョコレート嚢腫患者の一人一人の症状に合わせて、中国鍼灸院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療では、チョコレート嚢腫患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数のチョコレート嚢腫患者は普通に妊娠ができるになりました。

チョコレート嚢腫の鍼灸治療のメカリズム

チョコレート嚢腫の原因|チョコレート嚢腫【婦人疾患】

当院独自開発した【腹部透穴針】治療法:腹部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、免疫細胞の働きを通じ、卵巣嚢腫を吸収する仕組みです。
1.【腹部透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.腹腔動脈の血流量が増え、卵巣への血流供給が増え、損傷した卵巣組織を修復します。
4.免疫機能の働きを活発化させ、卵巣に病巣を形成した子宮内膜を吸収します。
5.免疫細胞の働きを通じ、卵巣の嚢腫を吸収します。

卵巣嚢腫治療の実際様子と流れ

チョコレート嚢腫の原因|チョコレート嚢腫【神経疾患】

1.当院独自開発した【腹部透穴針】治療法:
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

チョコレート嚢腫の原因|チョコレート嚢腫【婦人科疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社

チョコレート嚢腫患者 今井様

チョコレート嚢腫患者の声|チョコレート嚢腫【難病】

お蔭様で、チョコレート嚢腫が治って、1年以上経っても再発しませんでした。
3年前にチョコレート嚢胞が分かりました。左側7cm程でした。 手術と言われましたが、怖くてずっとピルを服用していました。
チョコ嚢胞は、癌化する恐れもありますので、しっかり治そうと思いました。その時に、知人から中国鍼灸院にチョコレート嚢腫を治ってもらったことを聞き、早速鍼灸治療を受けました。
1か月目鍼灸治療を受けた後、経血量が減り、卵巣が5cmまで小さくなりました。
4か月目、痛みや不快感が完全に消え、生理も正常になりました。
6か月後のMRI検査では、嚢腫がまったく見えませんでした。婦人科の先生もビックリされました。
本当にありがとうございました。(以上御本人の承諾をいただいて掲載いたしました。)

チョコレート嚢腫の概要

チョコレート嚢腫の原因

チョコレート嚢腫は卵管を通って腹腔内に逆流した月経血のなかの子宮内膜が腹膜に生着し、もしくは、腹膜が何らかの原因により子宮内膜に似た組織に変化することなどが考えられていますが、確定したものはありません。

卵巣嚢腫の分類

1.機能性卵巣嚢腫

一時的に排卵日頃に腫大し、次の月経の頃には小さくなります。消失が遅れる場合も1〜3カ月以内には消えてなくなります。 排卵日頃には卵胞という卵子を入れる袋が大きくなり、卵胞が破裂して卵子が飛び出すことによって排卵が起こります。まれに、卵胞が大きくなっても卵子が飛び出ずに排卵が起こらないことがあります。大きくなった卵胞がしばらく残っている状態が機能性卵巣嚢腫です。一見しただけでは機能性嚢腫と単純性嚢腫との区別はつきませんが、機能性嚢腫なら普通は次の月経の頃には小さくなります。

2.単純性嚢腫

このタイプの嚢腫は手術をせずに経過観察をすることが最も多い腫瘍です。若い女性に非常によく見られる良性の卵巣腫瘍です。丸い袋のように見える腫瘍で、内部には隔壁や腫瘍の固まりが全くなく水だけです。嚢腫の袋が一つの場合と、複数の袋からなる嚢腫とに分かれ、複数の場合、後に悪性に変化することもあります。単純性嚢腫のように見えても非常にまれに悪性部分が隠れている場合があるので定期的な検査は必ず必要です。

3.皮様嚢腫

内部に油、毛髪、骨、歯などができる腫瘍です。これも良性の腫瘍です。小さいものなら無症状ですが大きくなると下腹部痛や不快感などが生じます。普通は次第に大きくなるので経過観察をしたとしても最終的に手術が必要になることが多い腫瘍です。癌ではないのですが左右の卵巣に出来たり、再発することがよくあります。若い女性にはめったにありませんが、皮様嚢腫の一部が癌化するということもあるので手術しない場合でも定期的な検診は必ず必要です。

4.チョコレート嚢腫

子宮腺筋症 が卵巣に発生したものをチョコレート嚢腫と言います。子宮内膜症が原因で卵巣にできる嚢腫です。本来子宮の内膜の組織であるはずのものが、何らかの原因で卵巣に飛び散り、そこで月経と同じ周期で内膜が増殖していきます。増殖するだけでなく出血も伴います。これが子宮の内部で起きていれば、生理として体外に排出されるのですが、卵巣に発生した出血は排出されるところがないので、しだいに卵巣内にたまっていくのです。そして月経の度に起こる出血がたまっていくと嚢腫ができます。片方、または両側の卵巣に様々な大きさになります。嚢腫の中には古い濃縮されて黒褐色の血液がたまっていて、それがあたかもチューブ入りのチョコレートそっくりなので「チョコレート嚢腫」と呼ばれています。この血液はたまっていくと、周囲の組織と癒着を起こします。現在、最も有効な治療法としては外科的に嚢腫を取り除くことです。大きくなった嚢腫によって下腹痛、特に性交時の下腹痛や月経時の下腹痛が起こります。以前に比べ、20代の女性に子宮内膜症が多くなっています。

チョコレート嚢腫の症状

チョコレート嚢腫の症状としては月経痛、慢性骨盤痛、性交痛などの疼痛があるほか、不妊症の原因にもなります。まれですが、破裂した場合は激痛を伴います。また、卵巣がんが発生することもあります。

チョコレート嚢腫の検査と診断

チョコレート嚢腫診断のために直腸診、婦人科的内診を行います。経腟(けいちつ)超音波断層法、MRIなどの画像診断が有用です。嚢胞の内壁は平滑で、さまざまな古さの血液がたまっています。内腔に突出した腫瘤(しゅりゅう)性の病変が認められた場合は、悪性腫瘍の合併も考慮します。血液中の腫瘍マーカーであるCA125、CA19―9の測定も補助的診断として行うことがあります。
チョコレート嚢腫の画像診断では、下腹部に内腔に血液状の内容物を含む嚢胞が認められます。嚢胞は右または左の片側にできた単房性(嚢胞がひとつ)のものから、両側にできるもの、多房性のものまでさまざまです。CA125、CA19―9の値は軽度に上昇していることが多いようです。
婦人科専用の経膣超音波法で観察します。卵巣の場合、排卵期(月経開始から2週目頃)では卵胞という直径2cmほどの卵胞という直径2cmほどの影が認められます。これは正常ですのでご心配ありません。内部が不鮮明なもの、大きさが5cmを超えるものは卵巣腫瘍の疑いがあります。
子宮内膜症の場合、卵巣に発症するもの(卵巣チョコレート嚢腫)や子宮にできる子宮腺筋症などでは診断可能ですが、骨盤内腹膜表面にできる癒着などは診断するのは困難です。あまりにも月経痛がひどい場合、診断、場合によっては治療もかねて腹腔鏡検査を行います。最近は超音波検査、CT検査、MRI(磁気共鳴画像法)などから、手術で腫瘤を摘出する前にある程度良性か悪性の見当がつくようになりました。良性のものでも、腫瘤の茎[けい](軸)が捻転[ねんてん](ねじれる)を起こすことがあります。徐々に捻転が起きたときはそれほどではありませんが、突発的に茎捻転が起きたときは、子宮外妊娠とまちがえられるほどの激しい痛みを伴います。各種の血液中の腫瘍マーカーの検査ががんの診断に使われていますが、早期診断にはあまり役立ちません。

チョコレート嚢腫の西洋医学治療

チョコレート嚢腫の西洋医学治療は手術療法または薬物療法を行います。小さなチョコレート嚢腫に対しては、低用量ピル、ダナゾール(ボンゾール)、GnRHアナログといったホルモン療法だけで有効なこともありますが、一定の大きさ(直径5cm程度)以上のものでは手術療法が必要です。薬物療法は薬によって特有の副作用を伴うことが多いので、使用前に十分に副作用の説明を受けておくことが大切です。 手術療法には、開腹手術と腹腔鏡手術(おなかに小さな孔(あな)をあけて内視鏡を使って行う)があります。いずれの手術においても卵巣ごと摘出する全摘術と、嚢胞だけを摘出して卵巣実質を残す核出術があります。核出術(かくしゅつじゅつ)の場合は、一般に1〜2割の再発の可能性があります。ただし、小さなもので症状がまったくない場合は経過観察だけでもよいでしょう。

チョコレート嚢腫患者の質問

チョコレート嚢腫TI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
更年期症状が出始め、頭がスッキリしなかったり、うまく睡眠が取れないなどの症状がある中、先日、産婦人科でチョコレート苦胞2センチが あると診断を受けました。 経過観察をすることになっているのですが、鍼治療をしていくとすると、通院期間、通院間隔、料金などはどのくらいになる見込みでしょうか

当院の返事:
3か月前に、一人チョコレート嚢腫患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 チョコレート嚢腫がなくなりました。 更年期症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  治療費は6500円/1回です。 通院期間、通院間隔、何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと 分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
院長先生へ
いつもありがとうございます。
あと2回 計14回です。おかげさまで、昨日超音波検査では、チョコレート嚢腫が無くなったと言われました。
更に大きくなると心配していましたが、こんなに早く効果があって、驚きました。
とても感謝しております。
今後ともよろしくお願いします。

チョコレート嚢腫患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
チョコレート嚢腫でピルを服用していたにも関わらず2年間でチョコレート嚢胞が2cmから6.5cmになってしまったため、今年 4月末に手術を受けました。 チョコレート嚢胞は手術しましたが、再発の可能性があること、子宮腺筋症の痛みが仕事に支障が出るほど辛いこと、手術や薬以外で治したい という思いから、たくさん調べてここへ辿り着きました。 これらの病気は手術やピルなしで治すことができるのでしょうか?婦人科系から来るものなのか、腹痛以外に腰痛・背中痛・頭痛・冷え性にも 悩まされ、呼吸も浅くいつも息苦しい状態です。 同年代の女の子と同じようなレベルで生活をしたり遊ぶことができず、気持ちも落ち込んでいます。病気も含め本気で体質改善をして元気にな りたいと思っています!

チョコレート嚢腫B

[ 症状、ご相談内容 ] :
約6〜7センチの両側チョコレート嚢胞、家族の為にもなんとか治したいです。どうか宜しくお願い致します。

チョコレート嚢腫O様

[ 症状、ご相談内容 ] :
チョコレート嚢胞と診断されました。サイズは3センチぐらいです。 また半年後の診察になりますが卵巣がんのリスクもあり毎日が不安です。鍼はどのぐらいの間隔で何回ぐらい通えばいいのでしょうか? 静岡県在住のため、通うのがむずかしいですが、何とか治したいと思っています。 よろしくお願いします。

チョコレート嚢腫患者U様

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年前に片側のチョコレート嚢胞の手術をしました。 再発防止の為に鍼灸を探していたところ、こちらへたどり着きました。 保険診療は可能ですか?また最短でいつから予約が可能ですか?

チョコレート嚢腫患者UO様

[ 症状、ご相談内容 ] :
卵巣に2センチのチョコレート嚢胞があるとの診断を受けました。 平日または土曜日の19時以降、または日曜日に早めにご相談に伺いたいのですがいつ頃可能でしょうか。

チョコレート嚢腫T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
子宮内膜症によるチョコレート嚢腫が5cm弱できています。生理時に限らず、ずっと下腹部が痛む状態です。 長年投薬治療をしていましたが(ボンゾールと漢方)一向に良くならず、病院を変えて昨年6月からホルモン剤注射に切り替え12月まで治療 しました。 チョコレート嚢腫自体は小さくならなかったものの血液の癒着は減ったようで、今は治療の間隔を空けているところですが、既に元の状態に戻 ってしまい下腹部の痛みに苦しんでいます。 このようにあちこちで診てもらっても治らなかった症例でも鍼を試して大丈夫でしょうか

チョコレート嚢腫I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
5センチ程のチョコレート嚢胞があり、こちらで鍼灸治療お願いしたいと思っております。

チョコレート嚢腫FS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
月経28〜30周で、月経痛もありません。2年前に、左卵巣にチョコレート嚢胞が見つか り3センチ〜8セン大きくなり手術をしました。その後、妊娠希望では、なかった為、ルナベルと言う薬を処方して頂きました。あれから、2 年薬を飲み続けましたが、昨年末、再度左に3センチの腫れが見つかり、一度は、小さくなりましたが、ひと回り大きくなってました。先月 、妊娠希望をしたいので、薬を辞め、妊活してます。しかし、月経がきそうです。妊娠出来ないと、チョコレート嚢胞が、大きくなり、また 手術するのかと思うと、不安です。体を温めたり、動かしたりしています。 何とかして妊娠、そして、チョコレート嚢胞を小さくしたいです。宜しくお願いします。

チョコレート嚢腫TI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
左卵巣に8CMのチョコレート嚢胞があると診断されました。 右卵巣も2CMほどでチョコレート嚢胞の可能性あり 子宮筋腫もありますが経過観察でよいといわれました。 チョコレート嚢胞は腹腔鏡にて、2?の右は病理だけを とり除き、左の8CMは卵巣全て切除といわれました。 手術日まで、ディナゲストを服用して少しでも、チョコレート嚢胞を小さくしましょうと言われてますが 薬に抵抗があり、まったく服用していません。 ちなみに生理痛、性交痛等はほとんどありません チョコレート嚢胞が普段の生活に支障はきたしていないので手術する必要性がみえませんが、 閉経後も癌化する確率が0.8%あるといわれ、切除してしまった方がいいのかとも気になります ただ、1000名に8名の癌確率がそんなに大変とも思えず、 手術せずにチョコがちいさくなる方法等ないか 探して、このホームページにきました。

チョコレート嚢腫L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
月経過多と貧血があり一昨年子宮筋腫の腹空鏡手術をしました。その後別にチョコレートのう胞2センチと子宮入り口に筋腫がみ つかりました。コレにより貧血と月経過多は直りません

チョコレート嚢腫LU様

[ 症状、ご相談内容 ] :
チョコレート嚢腫の治療で病院に入院2日目です。感染があるとかで抗生剤の点滴治療後、手術です。このような状況で鍼灸も組み 合わせたいのですが、お願いできますか、当分は通院点滴となるので退院と同時にはじめたいです。効果ありますか。

チョコレート嚢腫F様

[ 症状、ご相談内容 ] :
チョコレート嚢胞2.5センチ程が発見され、経過観察で今は右に5センチ程、左に2センチ弱のチョコレート嚢胞があります。1年 程低用量ピルのルナベルを服用し、それからは5センチから大きくはなつていません。ピルがあまり身体によくないのではと思い、半年前か らピルを中止していますが、5センチから大きくなってはいません。近くの鍼灸院に月に1、2回通いだし、なるべく身体を温めるようにこの 半年意識してきました。またゴールド三養茶(ハトムギ茶)を飲んでいます。 36歳で未婚ですが妊娠を希望しています。

チョコレート嚢腫患者の治療相談

チョコレート嚢腫I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
左側に嚢胞性腺筋症と右卵巣に内膜症性チョコレート嚢胞21mmあると言われました。 どのぐらいの人が完治したのでしょうか?

卵巣疾患の鍼灸治療

卵巣機能不全 不妊症 チョコレート嚢腫 卵巣嚢腫 生理不順 黄体機能不全 不妊症  無月経 不正出血 月経痛 卵巣出血 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん