中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>血液、リンパ系>骨髄異形成症候群

骨髄異形成症候群の最新治療

(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)
鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

骨髄異形成症候群患者の質問

骨髄異形成症候群の原因|骨髄異形成症候群【血液疾患】

骨髄異形成症候群BF様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
はじめまして 67歳になる男性です。 50歳過ぎに糖尿病と診断され 55歳過ぎに貧血を言われました。63歳の時に骨髄異形成症候群と診断されました。その後経過観測で最近 は2か月に一度通院していました。治療はありませんでした。きょう検査結果を見たらへモクロビンが7.4に前回より2ポイント落ちてし まいました。今度骨髄液を取って再検査といいます。何か根本的に治す方法はないものかと探していましたらこのサイトに当たりました。本 当に回復の見込みがあるものならよろしくお願いしたいものですが。

当院の返事:
先月末、一人骨髄異形成症候群患者が、当院で 暫く鍼灸治療を受け、血液の数字がかなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院開発した特殊な治療法で治った骨髄異形成症候群の方も いらっしゃいますので、心配ないと思います。 

骨髄異形成症候群J様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
昨年末の検診で、血小板50000ちょっととヘモグロビンの値が11代と低く、2月2日骨髄検査をしたところ、 骨髄異形成症候群と診断されました。 本日(2月13日)の段階では、まだ染色体の検査の結果出ていないということで、タイプとステージははっきりわからないということでした が、あまり良い状態ではないからということで、白血病にならないようにと 抗がん剤治療(ビザーダ)をすることになりました。 いろいろ検索していて、先生のホームページに行き当たり、私としては父に鍼治療を受けてほしいと思っています。 そこで、質問なのですが、 (1)抗がん剤治療と併用して鍼治療を受けられますか? (2)どのくらいの頻度で通院すれば良いでしょうか? 週1回くらいでも良いでしょうか? 今のところ、血小板は39000くらい ヘモグロビンは9前後 白血球は4000台です。 看護師をしていた経験があり、西洋医学の限界を嫌というほどみてきました。特に抗がん剤は一番してほしくない 治療です。

血液疾患と針灸治療

骨髄異形成症候群 血小板減少症 再生不良性貧血  紫斑病 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん