中国鍼灸 東京・銀座

前立腺炎

慢性前立腺炎の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

慢性前立腺炎について

ネフローゼ症候群の原因|ネフローゼ症候群【泌尿、生殖器疾患】

前立腺炎は前立腺の炎症です。 急性前立腺炎では、 高い熱と排尿の症状(排尿時痛, 頻尿, 排尿困難)が起こります。比較的強い症状が現れます。慢性前立腺炎は、慢性的な排尿痛や陰部の不快感が主な症状です。 細菌感染によるものもありますが、原因のはっきりしないこともあります。骨盤内のうっ血が影響していることもあるようです。 また、前立腺炎は精巣上体炎(精巣の付属器の感染症)を併発することや、 膀胱結石(膀胱内にできた結石)の影響で発症することもあります。

慢性前立腺炎に対する当院の取り組み

当針灸院(鍼灸院)の慢性前立腺炎の治療目的は、慢性前立腺炎患者にできるかぎりの回復の機会を提供することです。
慢性前立腺炎に対して、当針灸院(鍼灸院)は30年間、慢性前立腺炎の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。特に早い段階から夜間頻尿、残尿感の改善が著しいです。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
当針灸院(鍼灸院)の治療は慢性前立腺炎の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。

慢性前立腺炎の鍼灸治療法

慢性前立腺炎の鍼灸治療症例と臨床経験

慢性前立腺炎の鍼灸治療症例 :慢性前立腺炎患者111名。取穴:曲骨、関元、三陰交、中極、内関、合穀、百会、足三里。電気針。お臍に間接灸9壮。

慢性前立腺炎の鍼灸臨床経験 :当針灸院(鍼灸院)では、多くの慢性前立腺炎患者の症状を回復させてきました。今も多くの慢性前立腺炎患者が通っていらっしゃいます。慢性前立腺炎患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、慢性前立腺炎患者は正常な生活を送ることができるようになりました。
多くの慢性前立腺炎患者は5−6回の鍼灸治療で夜間頻尿、残尿感の改善が得られます。 慢性前立腺炎は近年、欧米では鍼灸による治療が増えています。とくに夜間頻尿、残尿感、「尿を出し終わるまで時間がかかる」などの症状の改善には、効果が早くて、慢性前立腺炎症患者さんが鍼灸治療を選択するようになったからです。

慢性前立腺炎の鍼灸治療のメカリズム

慢性前立腺炎の原因|慢性前立腺炎【泌尿疾患】

当院独自開発した【前立腺透穴針】:患部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、前立腺を健常化する仕組みです。
1.【前立腺透穴針】:特殊なツボにハリを打ちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.前立腺の血流量が増え、免疫機能を増強するようになります。
4.前立腺の自己回復力を高め、前立腺の働きが回復できるようになります。
5.免疫機能を高め、炎症を修復します。

【前立腺炎治療の実際様子と流れ】
慢性前立腺炎の原因|慢性前立腺炎【泌尿疾患】

1.当院独自開発した【膀胱透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

慢性前立腺炎症の分類

  1. 細菌性前立腺炎
  2. 非細菌性前立腺炎

慢性前立腺炎の原因

  1. 物理的刺激
  2. 免疫力低下

慢性前立腺炎の症状

  1. 尿の症状:頻尿か残尿感など
  2. お腹の症状:下腹部か会陰部鈍痛

慢性前立腺炎の西洋医学治療

前立腺の治療は抗生物質です。しかしながら非細菌性ですと効果はありません、

慢性前立腺炎患者の声

慢性前立腺炎XB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
慢性前立腺炎,自律神経系の改善にも効果がありますでしょうか。(5)貴治療院は大変混み合っているという印象がありますが,年 内に初診が可能でしょうか。お忙しい中,大変申し訳ありませんが,お返事を頂戴できますと幸いです。以上,よろしくお願いいたします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
先日6度目の治療にうかがいました。
おかげさまで、初回後から頻尿が確実に 無くなっているのを実感しています。
二回分でも大丈夫な気がしますので 次回は二回分、表側も治療して頂きたいと思っています。
もう諦め半分以上の気持ちでしたが、まさか6回で ここまで回復できると思っていなかったので、驚きとともに 大変感謝の気持ちでいっぱいです。
引き続きよろしくお願いいたします。

慢性前立腺炎B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
前立腺炎を持ち、よろしくお願いいたします。 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん