中国鍼灸 東京・銀座

ワキガ

ワキガの鍼灸治療  (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

ワキガについて

臭汗症の原因|臭汗症【神経疾患】

ワキガとは、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で、強い臭いを発する症状です。
思春期になると、腋(わき)の下からの汗が刺激のある独特なにおいを発するようになります。においが強い場合を腋臭症といいます。
皮膚にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺とよばれる2種類の汗の管があります。エクリン汗腺は全身の皮膚の浅いところにに広く分布し、皮膚の表面に汗を直接分泌しています。その汗の中身はほとんどが水分で少量の塩分を含んでいます。運動や病気などで体温が上がった時に出る汗がこのエクリン汗で、水分が蒸発するときに熱を奪いますので体温調節の役割があります。エクリン汗は精神的に緊張した時に発汗が特に多く起こるのが特徴です。
もう一つの汗の管が腋臭/ワキガの原因となるアポクリン汗腺です。このアポクリン汗腺は思春期ころになると、わきの下や外陰部・へその周囲の毛穴から成長し大きくなって活動が盛んになってきます。 アポクリンの汗の中には脂肪分や蛋白質が多く含まれ、そのためアポクリン汗が皮膚に分泌されますと、皮膚の表面や毛についている細菌によって分解されワキガ独特の臭いを発生します。
さらにエクリン汗が多いと水分の蒸発によりワキガ臭も蒸散することとなり腋臭(ワキガ臭)が増悪します。またこの汗は衣服に黄色のしみを作る原因にもなります。

   

ワキガの原因

   

ワキガの発症は腋窩部のアポクリン腺から分泌される汗が原因ですが、アポクリン腺の分泌物自体は無臭です。しかし、その汗が皮膚上に分泌されると皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗と混ざり、それが皮膚や脇毛の常在細菌により分解され、腋臭を発する物質が生成されます。

ワキガの症状

ワキガは腋窩部アポクリン汗腺から有機物を含む分泌物が皮脂と混ざりあい、皮表常在細菌(表皮ブドウ球菌、ジフテロイド菌、コリネバクテリウム菌、ブレビバクテリウム菌など)によって分解・変質された低級脂肪酸がわきが特有の臭いの原因です。 腋臭は、思春期の第二次性徴が現れる時期になり、腋の下が独特な刺激臭を発するようになります。汗を掻いたままほっておくと、においは強くなります。衣服の腋の下の部分が黄色く変色します。

ワキガの検査と診断

   

ワキガの検査は、腋の下の汗をガーゼなどでぬぐい、においを嗅ぐことにより診断できます。ワキガの腋臭が確認できれば診断は容易ですが、軽度の場合には診断に苦慮する場合も多いです。

  1. 家族歴:わきがは優性遺伝にて継承されるため、両親どちらかにわきがあるいはわきが体質があるはずであり、親戚の中に明らかなわきがの方が確認できることが多い。
  2. 主訴とその発症時期:腋臭、衣類の黄ばみ、腋窩の多汗による汗ジミの三点がほとんどの患者の悩みである。発症は思春期ころから始まり、壮年期以降は徐々に軽快していく。一方腋臭が成人になってから突然発生することはほとんどない。黄菌毛や頻繁に使用している制汗剤が衣類の黄ばみの原因となっていることもあり、黄ばみがあることのみではわきがと診断することはできない。
  3. 耳垢の状態:外耳道にあるアポクリン汗腺は発達しているためわきが患者では必ず耳垢が湿っている。一方、耳垢が湿っていても腋臭がない場合にはわきが体質と呼び、腋臭症(わきが)と分けて考える必要がある。逆に言い換えれば、耳垢が乾燥していればわきがではないと判断することができるわけである。
  4. わきがに対する手術歴:過去にわきが手術を受けている場合には、手術法と効果、再発時期を確認する必要がある。たとえ不完全な手術法を受けた場合であっても、術後一時的に腋臭は消失し術後数か月から数年で腋毛の再生とともに再発してくることが多い。なお手術直後から腋臭を気にしている場合には自己臭妄想の可能性が高いと思われる。

ワキガの自己診断チェックリスト

  1. 手術を受けても治らないのはワキガでない可能性がある。
  2. 腋毛が濃いこととワキガであることは関係ない。
  3. 汗が多いこととワキガであることは関係ない。
  4. 親にワキガがあると子供にワキガが遺伝することがある。(耳垢が湿っている体質が遺伝する)
  5. ワキガであると耳垢が湿っている。(=耳垢が乾いている人はワキガではない)
  6. ワキガであると衣類が黄ばむことが多い。(ワキガ以外でも衣類が黄ばむことも多い)

ワキガに対する当院の実績

当院のワキガ治療の目的は、ワキガの回復程度を高めることとワキガが完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療で回復できないワキガ患者さんの期待に応えるため、当院が25年間、ワキガの治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリを考案いたしました。そして良い成果を上げています。腋臭の緩和、或いは消失は患者の生活の質を向上させるのに役に立っています。手術に頼ることなく、満足に回復できました。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
ワキガが多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。
 

ワキガの西洋医学治療

  

ワキガに病院などで一般的に行われる治療は、制汗剤による外用治療を行います。制汗剤としては塩化ベンザルコニウム液や塩化アルミニウム液が用いられます。においが強い場合は、手術で腋の下のアポクリン汗腺を取り除くとにおいはなくなります。

ワキガの生活注意点

腋の下を清潔に保つことが大切です。汗をかいた後はシャワーや入浴で汗をよく洗い流し、清潔な下着にこまめに取り替えます。腋毛があると汗が付着して細菌が繁殖しやすくなるので、腋の下の毛を切ったり脱毛すると、腋臭を減らす効果があります。

       
  1. 皮膚はいつでも清潔に保つ。
  2.    
  3. 皮膚の保湿をおこない、乾燥させない。
  4.    
  5. 適温・適湿の環境を心がける。
  6.    
  7. 刺激の少ない衣類を着る。
  8.    
  9. 室内を清潔に保つ。
  10.    
  11. ストレスの除去
 

ワキガの鍼灸治療法

  

ワキガの鍼灸治療症例と臨床経験

ワキガの鍼灸治療症例 :ワキガ患者189名、取穴:主穴―腋中、風市、血海、曲池、合穀、足三里、太沖、中脘(ちゅうかん)、天枢、低周波で、針体から微電流を流し続けます。皮膚炎症の場所によって、局部取穴を併用します。

ワキガの鍼灸臨床経験 :当鍼灸院では、多くのワキガ患者の症状を完治、或いは改善させてきました。今も多くのワキガ患者が通っていらっしゃいます。ワキガ患者の一人一人の症状に合わせて、当鍼灸院はきめ細かく針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、ワキガ患者の生活質の回復はかなり良好です。数回の鍼灸治療で腋臭の症状がすぐにも緩和された方が多いです。

腋臭の鍼灸治療のメカリズム

腋臭の原因|腋臭【皮膚疾患】

当院独自開発した【皮膚透穴針】:患部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、皮脂腺の働きを健常化する仕組みです。
1.【皮膚透穴針】:特殊なツボにハリを打ちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.皮膚動脈の血流量が増え、皮膚への血流供給が増え、皮膚に栄養が行き渡るようになります。
4.鍼灸治療によって、細菌や酵母菌の働きが破壊され、アポクリン分泌物や細胞片を分解した力が衰えて、体臭の過剰がなくなります。

【腋臭治療の実際様子と流れ】
腋臭の原因|腋臭【神経疾患】

1.当院独自開発した【皮膚透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

ワキガ患者の質問

ワキガ患者GF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
ワキガに悩まされていました。

当院の返事:
腋臭で治った方がたくさんいらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
完治お礼のメールを送ります。
皮膚科でワキガと言われ、治る可能性は非常に低いと言われましたが、先生の治療5回で完治し、その後はすっかり元通りの 健康な状態が続いています。本当に嬉しく、感謝しています。ありがとうございました。
いろいろな友人にこの体験を話しても、皆一様に「ワキガは治らない」といい、とても驚きます。私は、先生に治療していただくことがで きて本当にラッキーでした。ありがとうございました。

ワキガ患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
白髪改善とアポクリン腺がおさまるって事になるのかなって想像してるのですが、耳垢が柔らかいのも少しは硬くなったりしますか?

ワキガ患者Y様

[ 症状、ご相談内容 ] :
遺伝からワキガになり数年前に14.5年前に手術したのですが、片方がたまに臭いする事もありるようです。 またワキ以外の所もアポクリン腺が存在する所も臭い等気になり、またアポクリン腺独特の味もあると聞いた事があります。 そんな事で中々恋愛に踏み出せないみたいです。 上記を踏まえ、ワキ以外の所の(乳輪や、陰部等)の臭いや味も改善されますか?

ワキガ患者YU様

[ 症状、ご相談内容 ] :
わきがで悩んでおり、たまたまホームページを拝見しました。 よろしくお願い致します。

美容と鍼灸治療

ワキガ(薄毛) にきび・ニキビ痕(ニキビ跡)赤ら顔・敏感肌帯状疱疹 蕁麻疹湿疹・皮膚炎 ワキガ 皮膚掻痒(そうよう)症

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん