中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>皮膚疾患>目の下のクマ

目の下のクマ

目の下のクマの鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

目の下のクマについて

  
目の下のクマの治療前|美容針の治療結果 治療前
目の下のクマの治療後|美容針の治療結果 治療後:

目の下のクマとは、目の下にできるくすんだ影です。
目の下のクマは、青グマと呼ばれ、目の下のクマの中で、一番多い症状です。
青グマは血行が悪くなることにより、皮膚がとても薄い目の下の部分が青白く見えるもので、ホルモンバランスの乱れからも起こります。
黒グマと言われる目の下のクマは、年齢を重ねることで目の下の皮膚が目を守っている脂肪の重さを支えきれなくなり、脂肪が前に突き出して影ができることで、目の周りが黒く見える症状です。
目の下のクマ、黒ずみは疲れて老けた印象を与えてしまいます。寝不足や長時間パソコンの画面をみることでの眼精疲労などで、目の周りの血流が悪くなり、クマができてしまいます。 慢性的になると、目の下に老廃物が蓄積して、活性酸素を発生し、活性酸素から皮膚を守るためにメラノサイトが活性化すると目の下に茶色い色素沈着ができてしまいます。 茶グマと言われる目の下のクマは、長い期間に渡る化粧品の影響や紫外線による影響で、メラニン色素が沈着し目の周りが茶色くなるものです。メラニンは自然に剥がれ落ちてしまうものですが、生活習慣や食生活が乱れてしまうと代謝が悪くなってしまい、色素沈着を起こして茶グマとなってしまいます。

美容鍼灸について

美容鍼灸(美容鍼・美容針)とは、顔や体形を美しく整えることを主目的として行われる鍼灸治療です。
美容鍼灸は鍼灸と美容の技術を融合した新しい分野です。
近年、針灸本場の中国では、伝統的な鍼灸の技術を美容分野へ応用した「美容鍼灸」に注目が集まり、鍼灸院をはじめエステサロン、皮膚科クリニックなどで美容鍼灸を取り入れる所が年々増加しています。
美容先進国のフランスやアメリカでは、効果に優れ、副作用がなく安全で信頼できる美容法として「美容鍼」が使用されています。多くのハリウッドスターは美容鍼を実践し、そして美容鍼の効果も日本で数多くの雑誌・メディア等で紹介されました。
当院は、お肌の乱れを身体全体のバランスの乱れと捉え、これを整えていこうとする考えに立ち、美容針灸を、西洋医学において積み重ねてきた経験の上に取り入れ、異なった体系を持つ双方の医学のすぐれたとことを用いて、両医学の力を統合した医療を目指し、今日まで研鑽を重ねてきました。そして、時に美容鍼灸治療は、感動すべき効能を発揮してくれます。
「ずっと美しくいたい。」いくつになっても、女性共通の願いです。当院では、顔面局所の美容鍼灸と全身に鍼灸治療を行う手法で、 人間のお肌に本来備わっている"自然治癒力・自己回復力"を最大限に引き出すことができます。独特な中国伝統医学の理論と手法を用いて、美容に関する幅広い治療を行っています。

当院の美容鍼灸(美容鍼・美容針)の特徴

鍼灸治療が特定の疾病や症状の治療を目的として行われることに対して、顔や体形を美しく整えることを主目的として行われる鍼灸が美容鍼灸です。個体特性に応じて、体質や体調の改善を目標とした鍼灸を行うことで、顔面部ばかりでなく、全身の健康状態も向上させ、人体の自然美を総合的に増進させることができます。

  1. 当鍼灸院(針灸院)では、使い捨てハリを使用、しかも器具はすべて高圧滅菌消毒済みです。
  2.   
  3. 顔に鍼を刺す際に痛みはない:髪の毛と同じくらい細い鍼を使用しますので少しチクッとする程度のみです。
  4. 跡は残りません: 鍼自体が非常に細いものを使用していますので、内出血はほとんどありません。

美容鍼灸(美容鍼・美容針)の種類

美容鍼灸(美容鍼・美容針)は、美容鍼(美容鍼・美容針)、美容吸玉と美容灸(美容灸・美容灸)があります。

  1. 美容鍼・美容針
  2. 美容吸玉
  3. 美容灸

美容鍼灸(美容鍼・美容針)の特徴

針を刺すことによって生じる微細な傷に対する皮膚の修復作用が、コラーゲンの生成を促すなどの美容効果を生んでいるのであろうということが指摘されています。この種の美容効果は、生体の「自己治癒力」によるものであるため、どんなに高価な化粧品によっても、どんなに高度なマッサージによっても得ることはできません。美容鍼灸(美容鍼・美容針)の特徴としては:

  1. 即効性と変化を感じ続ける持続性
  2. 慢性的な肌荒れやくすみも明るくキレイに
  3.    
  4. 顔のたるみをリフトアップ
  5.    
  6. 目の下のクマが解消
  7.    
  8. しみが薄く、しわが浅くなる
  9.    
  10. 深いほうれい線もスッキリ
  11.    

美容鍼灸(美容鍼・美容針)のメカリズム

美容鍼灸は、針を打つことよって起こる生体の自己治癒力を利用した極めて自然な美容法です。

  1. 皮膚の新陳代謝を高め、新しい皮膚への生まれ変わりを促進する
  2. 血行を促し、リンパの還流を促進する血液循環が上がると、細胞の隅々に栄養が行き渡り、くすみの原因でもあるメラニンを含んだ細胞は肌の外へ押し出されやすくなります。
  3. お肌に直接鍼を刺すことで肌細胞や筋肉が刺激され、コラーゲンが生成されていきます。その時にリンパや血管が広がり、むくみや顔の凝りが取れ肌にハリやツヤが現れます。

目の下のクマに対する当院の取り組み

当院の目の下のクマ治療の目的は、目の下のクマの回復程度を高めることと目の下のクマが完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療で回復できない目の下のクマ患者さんの期待に応えるため、当院が30年間、目の下のクマの治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリを考案いたしました。そして良い成果を上げています。
目の下のクマが多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。

目の下のクマの分類

目の下のクマは発生する原因によって、「青グマ、黒グマ、茶グマ」の種類を分けることができます。

  1. 茶グマ
  2. 青グマ
  3. 黒グマ
   

目の下のクマの原因

目の下のクマの原因も健康に関するものから加齢によるものまでさまざまです。また一時的なものと慢性的なものもあります。

       
  1. 加齢
  2. 低血圧症
  3. 紫外線:紫外線を浴びて皮膚にメラニン色素の沈着が起こると、茶色い「くま」ができることがあります。

目の下のクマの西洋医学治療

目の下のクマに病院などで一般的に行われる治療は、根治ではなく寛解が目的です。
 

  1. 外用療法
  2.   
  3. 手術療法
  4.   

目の下のクマの生活注意点

       
  1. 睡眠を十分取る:睡眠中には、成長ホルモンやプロラクチン、甲状腺刺激ホルモンなど、代謝や免疫に関係するホルモンがたくさん分泌されるそうです。私たちが眠っているときには「免疫系」の働きが活発に行われており、傷を修復したり、病原菌をやっつけたりしているのです。ですから、十分な睡眠をとらなければ、あらゆるホルモンの分泌が不足して、免疫力を下げてしまう恐れがあります。規則正しい生活を意識し、夜更かしには注意してください。
  2. ストレスの除去

目の下のクマの鍼灸治療法

目の下のクマの鍼灸治療症例と臨床経験

目の下のクマの鍼灸治療症例 :目の下のクマ患者182名、取穴:主穴―風市、血海、曲池、合穀、足三里、太沖、中脘(ちゅうかん)、天枢、低周波で、針体から微電流を流し続けます。

目の下のクマの鍼灸臨床経験 :目の下をどんより黒くしているクマには様々なタイプがあるので、原因に合わせた的確な解決策が必要。あなたのクマにピッタリの治療法を選べば、すっきり明るく若々しい目もとが手に入ります。 中国鍼灸では、多くの目の下のクマ患者の症状を完治、或いは改善させてきました。今も多くの目の下のクマ患者が通っていらっしゃいます。目の下のクマ患者の一人一人の症状に合わせて、中国鍼灸はきめ細かく針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、目の下のクマ患者の生活質の回復はかなり良好です。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

イップスの原因|イップス【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
イップスの原因|イップス【神経疾患】

目の下のクマ患者の質問

目の下のクマGT様

[ 症状、ご相談内容 ] :
目の下のクマ(ふくらみによる影クマ)に悩んでおります。
本日の午後空いているお時間があれば治療をお願いしたいです。
また、使用する鍼は使い捨てでしょうか?
ご回答お願いいたします。

当院の返事:
本日の午後2時空いています。
使用する鍼は使い捨てです。

患者様の返信:
お世話になっております。通院して2か月目に入ります。お陰様で目の下のクマは綺麗に消えました!
相談ですが2月10日午前の治療で最後に出来たらと思いメール致しました。あとは 様子を見たいと思いますがいかがなものでしょうか。電話ではお忙しいと思いメール致しました。

目の下のクマT様

[ 症状、ご相談内容 ] :
目の下のクマに悩んでいます。

目の下のクマG様

[ 症状、ご相談内容 ] :
目の下にあるクマのような線が気になります。 最近全体的に顔がたるんで長くなったような気もします。 毛穴も開いていて汚いです。 一番の悩みはクマなのですが治療法はありますでしょうか? また治療費もメアスとして教えていただきたいです。 よろしくお願い致します。

目の下のクマ患者U様

[ 症状、ご相談内容 ] :
幼稚園くらいの時から、脂肪の膨らみによる目の下のクマがあります。美顔器や、アイクリーム、カシスサプリメントなど、ありとあらゆ る方法を試してきましたがなかなか治りません。今は、膨らみに加え、赤クマのようになっていて、本当にコンプレックスです。鍼治療で、 改善の可能性はありますでしょうか? 東海地方に住んでおり、学生という事もある為、東京には気軽には通うことは出来ませんが、もし同じような症状で、鍼治療で改善された方が いらっしゃるのであれば、長期間の休みを使って施術を受けたいと思います。お願いします。

目の下のクマ患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
クマで悩んでいます。 美容はりで治療するのでしょうか? 人によるとは思いますが、何回程度通院すると改善されますか?

目の下のクマ患者HB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
4回程治療で通っています。脂肪によるクマが生まれつきあり、それの治療を行ってもらっていますがなぜ脂肪がなくなっていくのか?等の説 明をまだ十分に行ってもらっていないためメール致しました。 脂肪がなくなると以前話をされていましたが、鍼の効果でどういうメカニズムで分解するのでしょうか?また初めに脂肪の量自体は減ると増え ることはないという話を聞きましたが、時間がたつと戻る?から週に何回も来てと前回言われたのでわからないです。よろしくお願いします。

当院の返事:
鍼効果のメカニズムでは、脂肪細胞の新陳代謝を上げ、 脂肪の代謝を促進すると考えられます。 治った後は、殆どの方は戻らないです。 治療効果を上げるため、最初は詰めてやった方が効果的です ので、週数回がいいと申し上げます。

目の下のクマ患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
瞼の凹み。目の下の凹みでクマが目立つ。 小さい頃から目の下のクマはありました。 年を取るに連れ、凹みだし瞼も窪みますますクマが目立つようになりました。通えるなら、通いたいのですが青森にすんでるため通うこともできず…携帯の写メなんかとるとすごい醜いかおとなってきてます。 どうにもなりませんかね。

クマ患者NM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
クマ治療について質問させて頂きます。 長い間目の下のクマに悩んでおります。銀座に有ります病院でレーザー治療するとあっておりますがどう でしょうか?針の知識がございまさんが、どんなクマでも改善されますでしょうか??お教えくださいませ。

目の下のクマWT様

[ 症状、ご相談内容 ] :
目の下のクマの治療をお願いします。

目の下のクマ患者の治療相談

目の下のクマG様

[ 症状、ご相談内容 ] :
紫色のくまが目の下にありここ数年ひどくなりました。コンシーラーでも隠れないので悩んでます。治療には大体何回くらい通院し一回の治療 費は、いくらくらいでしょうか?また治療日あとは残りますか?レーザー治療は赤く腫れるみたいなので。ご回答お待ちしてます。

目の下のクマO様

[ 症状、ご相談内容 ] :
紫色のくまが目の下にありここ数年ひどくなりました。コンシーラーでも隠れないので悩んでます。治療には大体何回くらい通院し一回の治療 費は、いくらくらいでしょうか?また治療日あとは残りますか?レーザー治療は赤く腫れるみたいなので。

目の下のクマM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
クマ治療を受けたいですが、分かる所を教えて頂けたら幸いです。

美容と鍼灸治療

目の下のクマ(薄毛) にきび・ニキビ痕(ニキビ跡)赤ら顔・敏感肌帯状疱疹 蕁麻疹湿疹・皮膚炎 目の下のクマ 皮膚掻痒(そうよう)症

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん