中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>小児疾患>広汎性発達障害

広汎性発達障害

広汎性発達障害と中国鍼灸(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

広汎性発達障害について

広汎性発達障害の原因|広汎性発達障害【小児疾患】

広汎性発達障害とは、、アスペルガー症候群、自閉症、レット障害、特定不能広汎性発達障害、小児期崩壊性障害を含む総称です。
広汎性発達障害は、対人関係の障害、コミュニケーションの障害と特徴的なこだわりが現れますが、 うつ、不安障害、双極性障害、反抗挑戦性障害、適応障害、解離障害、行為障害、睡眠障害などが合併しやすいです。

広汎性発達障害に対する当院の取り組み

当院の広汎性発達障害の治療目的は、広汎性発達障害患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと広汎性発達障害の完全な回復までの時間を短縮することです。
広汎性発達障害の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院は広汎性発達障害患者の期待に応えるため、30年間、広汎性発達障害の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【脳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
針灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%を占めます。
広汎性発達障害の症状が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして広汎性発達障害の治癒は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。
       

広汎性発達障害の鍼灸治療法

広汎性発達障害の鍼灸治療治療症例と臨床経験

広汎性発達障害の鍼灸治療症例 :広汎性発達障害患者、【脳透穴針】取穴:印堂、百会、前頂、懸顱、後頂に頭皮針。夾脊穴(大椎の両側0.5cmのところ、大椎からおしりまでの間)に刺し、捻針します。

広汎性発達障害の鍼灸臨床経験 :当院では、多くの広汎性発達障害患者の症状を回復させてきました。今も多くの広汎性発達障害患者が通っていらっしゃいます。広汎性発達障害患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療の結果、広汎性発達障害患者の回復と予後はかなり良好です。多くの広汎性発達障害患者は普通の成長に戻ることが可能になりました。
広汎性発達障害の鍼灸治療で、知能の遅れによる言語や運動能力低下や易興奮性、不眠などの症状の改善が著しいです。

広汎性発達障害の鍼灸治療のメカリズム

広汎性発達障害の原因|広汎性発達障害【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、脳の発達を健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます
2.ハリに微弱電流を流します
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織と機能を修復します
4.「確率共鳴」という現象が起き、脳を活発化させます
5.脳神経シナプスの情報伝達を活性化します。
6.脳の発達を健常化します。

広汎性発達障害治療の実際様子と流れ

広汎性発達障害の原因|広汎性発達障害【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

広汎性発達障害の原因|広汎性発達障害【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
広汎性発達障害の原因|広汎性発達障害【神経疾患】

広汎性発達障害と西洋医学

広汎性発達障害の原因

  1. 不明:80%広汎性発達障害の原因を占める
  2. 遺伝性疾患
  3. 代謝異常
  4. 脳奇形
  5. 薬物
  6. 周産期障害

広汎性発達障害の脳変化

広汎性発達障害の脳では、シナプス、回路形成がアンバランスと考えられます。脳の広汎な異常があります。

広汎性発達障害の合併症

  1. 知的障害
  2. てんかん
  3. チック
  4. 学習障害
  5. 注意欠陥多動性障害
  6. 場面緘黙
  7. 遺伝的素因:先天性の遺伝性疾患、染色体異常、同胞発生率や一卵性双生児の一致率が高い
  8. 低出生体重児
  9. ウイルスの胎内感染
  10. 出生後に脳炎などで脳損傷を受けた場合
  11. 周産期異常、妊娠中の問題(妊娠中のアルコール、タバコ)
  12. 薬物影響
  13. 早産、低出生体重児

広汎性発達障害の症状

  1. 対人関係障害
  2. ことば発達遅れ
  3. コミュニケーション障害
  4. こだわりが特徴的

広汎性発達障害の検査と診断

  1. 染色体検査
  2. 脳波
  3. 画像検査
  4. 心理発達検査
  5. 血液生化学

広汎性発達障害の西洋医学治療

  1. 薬物療法
  2. 訓練

広汎性発達障害患者の質問

広汎性発達障害JI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
息子が重度の広汎性発達障害(自閉症)の障害があります。 まだ言葉は話せず、睡眠も眠る日と浅い日が まちまちで、夜尿症の症状も時々あります。 今一番困ってることは、やはり言葉がでなくて 物事の理解度が低いこと、口に物をいれるくせです。 先生のHPを拝見し、治療が難しいといわれるこの 障害を少しでも良くしたいと思っています。月に一度ないし2か月 に一度くらいなのですが、大丈夫でしょうか?

当院の返事:
半年前、一人広汎性発達障害患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 発達障害の症状がかなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った広汎性発達障害の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  月に一度でも効果が有ります。

患者様の返信:
康先生
広汎性発達障害の治療で大変お世話になっております。おかげさまで、夜尿症が無くなり、言葉と物事の理解度85%は回復し、全快まであと少しというところまで至りました。 どうもありがとうございます。
広汎性発達障害が治るかどうが不安で一杯でしたが、 先生の治療効果で、希望が見えてきました。
完治まで暫くお伺いしますので、よろしくお願いします。

発達障害患者KY様

[ 症状、ご相談内容 ] :
私、発達障害の疑いがあり、ちょっと嫌なことを思い出すだけでもフラッシュバッグしてしまい、治療が可能であれば金額はおよそどのくらいになる でしょうか

広汎性発達障害患者J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
広汎性発達障害と診断され、現在、不登校です。学習面に不安があります。 治療を検討しています。 治療には、いくらほど必要でしょうか?医療証は使えますか?

発達遅滞患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発達遅滞です。 眼振もあって改善できればと思ってお問い合わせいたします。 主治医の話では眼振は生まれつき先天性のものではないかと。出生時低酸素状態になり産声がはっきりと上げらず色々と治療をしてきましたが 、MRIも異常なしなのに発達が遅いままです、 発達は色々と遅く4歳のいまも未歩行、未発語です。 低緊張で身体が柔らかく、体幹がとくにしっかりしていません。人見知りあり、文字、数字へのこだわりなどがあります。 運動年齢は1歳前後。内面的な年齢は1歳半と言われました。結論なのですが、このような子が改善されることはありますか。 近い症例を治療されたことはありますか。 またこのようなまだ話は分からないが、身体は大きい子は親がもちろん押さえてサポートしますが、治療を施してもらえることは可能でしょう か。

発達障害自閉症患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
広汎性発達障害の自閉症と診断されています。IQは普通ですが、家族以外の人とコミュニケーションをとることができ ず、友達ができません。 いつも1人でいて、寂しそうです。本人も変わりたいのですが、どうすることもできないようです。 こちらの治療で治りますでしょうか?

発達障害患者I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
知的発達障害です。iq60-70未満です。人の話しを聞いて頭に入れておく事が苦手で、耳から入る情報が乏しい。言葉の使い方にも 問題があるし、言葉の量も少ない。少しの事でも涙を流してポロポロ流して泣く事も多い。自分の気持ちをはっきり言えないし、回りから、 非常に恥ずかしがり屋に見られる。 少しでも、色んな面で改善出来るならと思いメールして見ました。鍼の、メリットとデメリット教えて 下さい。

発達障害患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発達障害だと思います。切り替えが遅く、こだわりが強く 、一斉指示が入りません。私からの問いかけに対して、オウム返しに大体返事をします。そして、水の流れるのを眺めています。勉強も公文を やっていますが、成績は悪いです。落ちつきもないです。本人は、勉強を分かりたい気持ちはあるようです。普通級には在籍していますが、付 いていけてないです。鍼灸に興味を持ちました。もし診察をうけるとしたら、予約は、週末か春休みに取れますでしょうか?

発達障害患者CI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
発達障害不注意型と起立性調節障害と診断されました。 発達障害不注意型の薬は副作用が出てしまいダメでした。 現在、学校に行くのもままならないず、学力も低下してきています。 2つの診断をくだされておりますが針治療は行うことが出来るのでしょうか? また、個人差があるのは承知しておりますが発達障害の治療に平均どの位の治療が必要ですか? 治療費はすべて保険適用ですか? 宜しくお願いします。

広汎性発達障害B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
成人の広汎性発達障害です。 診察していただけますでしょうか。

広汎性発達障害HY様

[ 症状、ご相談内容 ] :
広汎性発達障害の診断を5才で受けました。 この年代で 治療して 効果は得られるのでしょうか

広汎性発達障害I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
最近、医師より、発達障害の傾向があると指摘されました。症状としては (1)強いこだわりがある (2)場の空気を読むのが苦手
とのことでした。このような場合でも、鍼灸は効果的なのでしょうか。

広汎性発達障害J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
軽度知的障害IQ50と診断されました。 来年の就学に向けて少しでも改善したいと思っております。 ただ、針の治療に対して恐怖心を抱いてしまい、治療が出来ないのではないかと懸念しております。 もし、嫌がったり、静止していない場合は先生の治療は難しいでしょうか。 ご回答のほど、宜しくお願い致します。

中枢神経の病気と鍼灸治療

頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 脊髄小脳変性症  多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん