蘇我庵中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>整形外科系>腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら蘇我庵中国鍼灸院に聞いてみよう

腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症の治療前|腰部脊柱管狭窄症の治療結果 治療前
腰部脊柱管狭窄症の治療後|腰部脊柱管狭窄症の治療結果 治療後:

腰部脊柱管狭窄症とは椎間関節の変形・肥厚ならびに軟部組織である椎間板の変性や膨隆、また靭帯の肥厚で、脊柱管内を狭くして馬尾神経、神経根および血管を圧迫あるいは締め付けることにより、座骨神経痛や下肢痺れあるいは歩行障害を起こす状態です。
腰部脊柱管狭窄症になりますと腰痛のほかに、「歩いたり立ったりしているときに、痛みやしびれが生じる」という特徴的な症状が現れます。腰部脊柱管狭窄症のほとんどは、脊椎骨の老化が原因です。そのため、お年寄りに多く見られます。特に、若いころから腰に負担がかかる職業に携わってきた人や、逆にあまり筋肉を使わずにいたために筋力が低下している人が、なりやすい傾向があります。
脊柱管には神経と血管が通っていて、神経はこの血管の血液によって酸素と栄養を供給されています。この神経は脚の運動をつかさどっているため、脊柱管が狭くなって神経と血管が圧迫されると、十分な血液が神経に送られなくなり、「脚のしびれや重さ」という症状が現れます。歩くときは、腰のひねりが必要です。しかし、脊柱管が狭くなっていると、腰をひねったときに神経や血管が圧迫されてしまいます。ほかにも、お年寄りに多い反り過ぎの姿勢は、神経と血管を圧迫します。しゃがむなどして体を前かがみにすると、脊柱管への圧迫は緩みます。そのため、しばらく休むと血液の流れや神経の働きが元の状態に戻り、また歩くことができるようになるのです。体を後ろに反らすと血流が悪くなります、前かがみになると血流が良くなります。 腰部腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとともに腰部脊柱管狭窄症の二大疾病の一つですが、ヘルニアと異なり、加齢とともに症状を訴える人が増加し、病状も進行する傾向があります。腰部腰部脊柱管狭窄症には脊柱管の中心部で圧迫を受ける「中心型」( 馬尾型) と、脊柱管の外側で圧迫を受ける「外側型」、一本一本の神経が出て行く椎間孔というトンネルで圧迫を受ける「椎間孔型」の三タイプ( 後者二つは神経根型) があります。中心型狭窄症の典型的な症状は、歩行とともに脚のこわばりやしびれ、脱力が出現します。歩けなくなるほどですが、しばらく休むとまた歩けるようになります。背筋を伸ばし歩けなくなっても自転車ならいくらでもこげるという特徴があり、排尿・排便障害を伴う場合もあります。外側型や椎間孔型では片方の脚に同じような症状が現れます。

腰部脊柱管狭窄症に対する当院の取り組み

腰部脊柱管狭窄症の原因|腰部脊柱管狭窄症【神経疾患】

当針灸院(鍼灸院)の腰部脊柱管狭窄症の治療目的は、腰部脊柱管狭窄症患者にできるかぎりの回復の機会を提供することと腰部脊柱管狭窄症の完全な回復までの時間を短縮することです。
腰部脊柱管狭窄症に対して、当針灸院(鍼灸院)は25年間、腰部脊柱管狭窄症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【腰部透穴針】を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。
鍼灸治癒した例、改善した例を合わせると患者の80%は経過がよいと考えられます。
当針灸院(鍼灸院)の治療は腰部脊柱管狭窄症の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして腰部脊柱管狭窄症の回復で、腰部脊柱管狭窄症患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

腰部脊柱管狭窄症鍼灸治療患者からの声 仲田様 71歳 男性

腰部脊柱管狭窄症の原因|腰部脊柱管狭窄症【小児疾患】

先生には言葉では言い尽くせないほどお世話になりました。
8年前、腰部脊柱管狭窄症と診断され、薬を飲み続きましたが、一向良くなりませんでした。会社は病気のことを十分に理解していなく、やむを得ずに休職しました。
知り合いの医者の紹介で先生の鍼灸治療を受けて、3回目から腰部脊柱管狭窄症が緩和され、一回10mしか歩けられなかったのは、800mまで歩けるようになり、効いたことを実感しました。
さらに1か月間治療を受けた後、腰部脊柱管狭窄症がすっかり治り、自由に歩けるようになりました。MRI検査では、「脊柱管の狭窄が綺麗に治った」と言われました。
先生の鍼灸治療を受けられたのは幸運なことだと思っております。治療でお世話になった先生やスタッフの皆さんに深く感謝しております。どうもありがとうございます。

腰部脊柱管狭窄症の鍼灸治療法

腰部脊柱管狭窄症の鍼灸治療症例と臨床経験

腰部脊柱管狭窄症の鍼灸治療症例腰部脊柱管狭窄症患者231名、年令は45から66歳まで。【腰部透穴針】鍼灸取穴:両側の腰眼、大腸兪、腎兪、委中、崑崙。坐骨神経痛の場合は環跳、承扶、陽陵泉を追加。電気針、20分間後、吸い玉20分間。

腰部脊柱管狭窄症の鍼灸臨床経験:当針灸院(鍼灸院)では、多くの腰部脊柱管狭窄症患者の症状を回復させてきました。今も多くの腰部脊柱管狭窄症患者が通っていらっしゃいます。腰部脊柱管狭窄症患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、腰部脊柱管狭窄症患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の腰部脊柱管狭窄症患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。
腰部脊柱管狭窄症の治療方法はたくさんありますが、手術以外の保存治療はやはり鍼灸治療が一番効果的です。欧米でも、人気が高く、年間数百万の腰部脊柱管狭窄症患者が鍼灸治療を受けています。私は整形外科医のときから、腰部脊柱管狭窄症の患者に鍼灸治療を第一治療方法として、選ぶべきだと主張してきました。あまりにも効果的な方法であるからです。鍼灸取穴は大体:両側の腰眼、大腸兪、腎兪、委中、崑崙。坐骨神経痛の場合鍼灸は環跳、承扶、陽陵泉も。電気針、20分間後、吸い玉20分間。ただ、針はある程度の深く刺すのは必要です。
腰部脊柱管狭窄症は手技で矯正も必要で、神経根の圧迫を解除できます。

腰部脊柱管狭窄症の鍼灸治療のメカリズム

腰部脊柱管狭窄症の原因|腰部脊柱管狭窄症【小児疾患】

当院独自開発した【腰部透穴針】治療法:腰部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ腰部脊柱管組織を回復する仕組みです。
1.【腰部透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.動脈の血流量が増え、腰部脊柱管への血流供給が増え、炎症した腰部脊柱管組織を修復します。
4.神経の痛み信号の伝達を遮断することによって、脊髄の傷害性刺激信号に対しての反応を抑制します。 5.脳の鎮痛システムを興奮することによって、鎮痛効果を発揮します。

治療の実際様子と流れ

腰部脊柱管狭窄症の原因|腰部脊柱管狭窄症【神経疾患】

1.当院独自開発した【腰部透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

蘇我庵中国鍼灸院の新聞の紹介記事

腰部脊柱管狭窄症の原因|腰部脊柱管狭窄症【神経疾患】

わかさ出版「「わかさ」2011年12月号」:
『電気針を使った針治療で、脊柱管狭窄症の約7割が全快し手術を回避できた人多数 』
広範脊柱管狭窄症の原因|広範脊柱管狭窄症【神経疾患】

腰部脊柱管狭窄症と西洋医学

腰部脊柱管狭窄症の原因による分類

  1. 先天性腰部脊柱管狭窄症:生まれつき脊柱管が狭く、脊柱管が正常より狭く成長したもの
  2. 後天性腰部脊柱管狭窄症
  3. 混合性腰部脊柱管狭窄症:先天性、発育性、変性、ヘルニアの各種の組み合わせ 。
  4. 医原性腰部脊柱管狭窄症:脊椎手術後
  5. 外傷性腰部脊柱管狭窄症

これらが原因となり脊柱管内の脊椎神経もしくは、馬尾神経、神経根が圧迫をうけ阻や欝血状態を基本とする障害が起こります。生まれつき脊柱管が狭いことが素因になりますが、だからといって必ず症状が出るものではありません。こうした素因に、加齢による変形性腰椎症腰椎すべり症が加わると、脊柱管の狭窄状態が起こり、神経が圧迫されることになります。

腰部脊柱管狭窄症の症状による分類

腰部腰部脊柱管狭窄症の発生部位と圧迫形態による分類

  1. 中心型腰部脊柱管狭窄症:馬尾(神経の束)が、圧迫されると、「足の痺れ」「麻痺」「脱力感」、便尿が出ない・我慢できないなどの「排泄障害」が起こったり、ムズムズした感じやチリチリした感じを覚えたりする事もあります。
  2. 神経根型腰部脊柱管狭窄症:左右どちらかの神経根が圧迫された時は、圧迫されたほうに、腰から足にかけての痺れ・痛みの症状が出ます。
  3. 混合型腰部脊柱管狭窄症:「神経根」「馬尾」、両者の症状が現れます。

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症の原因は後天的な場合は、加齢、外傷による椎骨の退行性の変化および軟部組織の肥厚が原因となります。
腰部脊柱管狭窄症の原因は腰椎の場合はすべり症、黄色靭帯の肥厚や石灰化も原因となります。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部腰部脊柱管狭窄症には、「腰、おしりから膝にかけて、体の後ろ側に痛みやしびれがある」という座骨神経痛症状や、「しばらく立っていたり歩いていると、脚に鉛が入ったようにだるく、重くなり、時には痛くなる」という特徴的な症状があります。歩くうちに症状が強くなり、足が前に出せず、動けなくなりますが、しゃがんで少し休むと、症状が軽くなってまた歩けるようになります(間欠跛行といいます)。

  1. 馬尾型腰部脊柱管狭窄症:
    歩行により増悪する両側下肢や会陰部(えいんぶ)の異常感覚(痺れ感、冷感、灼熱感(しゃくねつかん)、絞扼感(こうやくかん)および馬尾性間欠歩行(かんけつはこう)が主な自覚症状で、腰部脊柱管狭窄症はあまりありません。この痛みは腰椎を曲げることで軽減することが多いです。

  2. 神経根型腰部脊柱管狭窄症:
    一般に片側性で、長時間立位や歩行時および腰椎伸展(ようついしんてん)により発症または増強する下肢痛(かしつう)が自覚症状で、時に腰部脊柱管狭窄症をともなうこともあります。椎間板ヘルニアとは、伸脚挙上テスト(一般にはSLR-test)陰性(-)やレントゲン・MRIの所見などで識別されることが多いです。
  3. 混合型腰部脊柱管狭窄症:
    馬尾型と神経根型との両者の症状をもつもので、両側性と片側性とがあります。

腰部脊柱管狭窄症の検査

腰部脊柱管狭窄症の検査はX線検査(レントゲン)やCT検査・MRI検査を行い、これら画像を見て脊柱管に狭窄が起こっているか確認します。 通常、X線検査(レントゲン)検査を行った後、もっと詳細な情報が必要な場合、骨以外の状態を見るために、CT検査やMRI検査を行います。 又、場合によっては、造影剤を使用することもあります。 しかし、狭窄が起こっていても必ずしも症状が出るわけでありません。 又、腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴でもある「間欠跛行(かんけつはこう)」の症状が出る「閉塞性動脈硬化症」 など、他の病気が原因では無いかもあわせて判断されます。

 

腰部脊柱管狭窄症の診断

腰部腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状は間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。間欠性跛行とは、歩き始めはとくに症状が強いわけではないのですが、しばらく歩くと脚が痛くなったり、しびれたり、こわばったりして歩くことができなくなる状態を指します。重症の場合は50mも歩かないうちに症状が強くなって歩けなくなったり、5分程度立つだけでも症状が出たりします。  しゃがんだり座ったりすると症状はすぐになくなり、また歩いたり立ったりできるのが特徴です。これは立つことで構造上、脊柱管がいっそう狭くなり神経を圧迫するためで、体が前かがみになると脊柱管がやや広くなり、神経圧迫は解除されて症状はなくなります。  X線検査やMRIで腰部の脊柱管狭窄があるかどうかを診断しますが、狭窄があるから症状が必ず出るとは限りません。本当に腰部脊柱管狭窄症が原因であるかどうかを確かめるためには、他の病気と鑑別する必要があります。  腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多いために、変形性膝関節症のような脚の関節の病気や、閉塞性動脈硬化症のような血管の病気でも同様な症状が出ます。これらの病気を除外し、さらには腰椎の神経ブロックにより一過性にでも症状がとれることが確認できれば、診断が可能となります。

腰部脊柱管狭窄症の日常生活の注意

  1. 反った姿勢にならない
  2.    
  3. 歩くときは、杖や手押し車で少し前かがみに
  4. 可能な人は、自転車を利用して下半身を鍛える

腰部脊柱管狭窄症の西洋医学的な治療

  1. 薬物療法
  2. 理学療法
  3. 装具療法
  4. 神経ブロック

脊柱管狭窄症患者の質問

脊柱管狭窄症AQ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
半年前位から、両下肢にしびれが発生。とくに椅子などに坐したとき、自転車など乗ったときには歩行が乱れます。横になっているときはなん でもありません。持病を持っていて、ペースメーカーとワーハリン服用、前立腺肥大症でアポルブカプセルとユリーフを服用、睡眠障害でサ イレースを毎晩服用しています。整形外科担当の医師の診断は脊柱管狭窄症と診断され、ユベラやリリカカプセルの服用も効果なく、タンデ トロピン20とノイロトロピン3の混合液の点滴を週一の割合で行ったが効果がありませんでした。しびれの改善はないものでしょうか。 悪化すると排尿、排便に影響をきたすと聞いています。やや便秘気味です。

当院の返事:
1か月前に、一人脊柱管狭窄症患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 運動障害と痺れの症状がなくなりました。 睡眠障害も、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

患者様の返信:
お世話になっています。
おかげさまで、腰痛と両下肢しびれが無くなっています。 先週は診察日でMRIを取りました。 脊柱管狭窄が完治したと言われました。
身体もずいぶん元気になってきて、本当にありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。

脊柱管狭窄症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊柱管狭窄症で腰椎2,3,4番に狭窄部があり手術困難と主治医に見放されて、現在点滴による痛みどめと、薬によって、坐骨神経痛の痛みを我慢しながら生活して居ます。 貴院の治療によって、改善が見込めるか。特に腰部の痛み重さ、両足の痛みと幅広く、何分古い傷だけに心配して居ます。

脊柱管狭窄症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
左足裏に痺れがはじまり、検査を続けても原因不明でした。6年前に脊柱管狭窄症で手術をした時に主治医からこの痺れはこの 手術では治らないと告げられました。 酷かった腰痛は手術により完治しましたが、痺れの原因は不明のままで伝導検査を繰り返すのみでした。

腰椎脊柱管狭窄症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
左足の太ももに激痛があり、その後右足の痺れと歩行困難が現れました。 病院でMRIを取ったところ、狭窄症であることがわかりました。  病院からは薬を処方される以外とくに処置はありません。 家の中では壁をつたって歩けますが普通の道路などつたうものや手すりなどがないところや家の中でもちょっとした段差などは人の手を借りないといけないほどになってしまいました 少しでもよくなればと整体にも通ったりインターネットで狭窄症の体操を調べたりしましたが一向に改善されません。 とにかく一日も早く人の手を借りることなく歩けるようになりたいと思っています。 何かいい方法はありませんか

脊柱管狭窄症O様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊柱管狭窄症に苦しめられてきました。宜しく御願いします。

脊柱管狭窄症MO様

[ 症状、ご相談内容 ] :
腰痛と右足首、親指の動きが悪くなり、1年前腰の狭窄症手術を行いました。 腰の痛み、しびれは無くなりましたが、右足首の動きは改善できずつま先、親指は下がったままです。

[ 症状、ご相談内容 ] :
いつも大変お世話になっております。 私の友人が先生に診断を仰ぎたいと申し出があったのですが明日11/25朝、北海道から出てくるので一緒に連れて行って5分間でも見てい ただくことは可能でしょうか? 病名は念のため下記のとおりです。
10/4 帯状疱疹(右足…土ふまず、ふくらはぎ外側しびれ) 10/21 脊柱管狭窄症(脊椎4、5番のずれ、MRIの結果で4、5ばんがつまっているので手術した方がよいといわれました。) 一年くらい前に、両足の膝に水がたまり、その後2週間に一回注射を打ちに通院しています。

脊柱管狭窄症HW様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊椎間狭窄症についてのご相談です。

脊柱管狭窄症EF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
病名:腰部脊柱管挟窄症はよろしくお願いします。

脊柱管狭窄症E様

[ 症状、ご相談内容 ] :
尻の筋?と腰の外側(両方とも左側)が痛い。いつもおなじように痛いのでなく、短い距離ですが、すすーとあるけることがあります。でも次歩くとまたいたさがでます。腰部脊椎管狭窄症と診断されました。 先生のところは初診のとき診療してもらえないのですか?

脊柱管狭窄症の治療相談

脊柱管狭窄症Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
腰部脊柱管狭窄症&すべり症 術後の 馬尾障害、失禁です。 おむつ必須 歩行は杖でなんとか歩ける程度です。 只今、リハビリテーション入院中 17日退院予定なのでシルバーウィーク前の 20日の午後にお願いしたいと思っています。 鍼で良くなるでしょうか。 まだ退院が確定でないので 本予約というわけにはいきませんが 20日午後の初診は可能ですか? 宜しくお願いいたします。
 

他の腰の疾患と針灸治療

ぎっくり腰 腰部脊柱管狭窄症 腰椎間板ヘルニア 腰椎分離症    腰椎すべり症 

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん