中国鍼灸 東京・銀座

紫斑病性腎炎

紫斑病性腎炎の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

紫斑病性腎炎患者の質問

紫斑病性腎炎患者IO様

[ 症状、ご相談内容 ] :
浮腫や高血圧に伴う頭痛があり、血尿と軽度蛋白尿が10年くらい続いでいます。
紫斑病性腎炎と診断されています。クレアチニン値が高いので 腎機能の低が心配です。
針治療はどのくらいの頻度でどのくらいの期間が必要と予想されますか?

当院の返事:
どのぐらい頻度かは、診察してみないと分かりませんので、 一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者の返事:
先生の賢明な治療のお蔭で、紫斑病性腎炎が改善され、 本当に心強く、希望がみえてきました。ありがとうございます。
最初は、あまり効果がなく、本当に悩んでいましたが、1個月経った今、 効果の実感ができ、希望が持てるようになりました。 感謝の気持ちで一杯です。これからも引き続き宜しくお願いします。

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん