中国鍼灸院 東京・銀座

過食症

過食症(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

過食症について

過食症の原因|過食症【神経疾患】

過食症とは、食べたいという自制困難な欲求が生じて、一定の時間内に大量の食物を食べて、その後嘔吐をしたり、下剤を用いたり、或いはは翌日食べる量を極端に制限したり、絶食をしたりして過食による体重増加を防ぎ、そしてその後に自己嫌悪感、無力感、抑鬱 気分などを伴う病気です。
過食症により、日常生活に支障をきたします。 過食症は、健康人のやけ食いや気晴らし食いと異なり、自分で抑制できずに繰り返します。数千キロカロリーの食品を、いつもは避けている甘く脂っこい食品を短時間で食べます。さらに大食後は後悔や自責に念にさいなまれ、体重は標準体重の85%以上を超えることもあります。

過食症に対する当院の取り組み

過食症原因|過食症【神経疾患】

当針灸院(鍼灸院)の治療目的は、過食症患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと過食症の完全な回復までの時間を短縮することです。
過食症を克服のため、当針灸院(鍼灸院)は30年間、過食症の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の【脳透穴針】治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用でより良い成果を上げています。過食症患者120名を集計したところ、 鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。
多くの過食症患者の過食症状が2-3回針灸治療後、早い段階で回復しました。
当針灸院(鍼灸院)の治療は過食症の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。

過食症の鍼灸治療法

過食症の鍼灸治療症例と臨床経験

過食症の鍼灸治療症例過食症患者120名。【脳透穴針】:人中、足三里、下関、頬車、地倉、合穀、中脘、気海、内関、百会、三陰交。低周波で、針体から微電流を流し続けます。

過食症の鍼灸臨床経験:当針灸院(鍼灸院)では、多くの過食症患者の症状を回復させてきました。今も多くの過食症患者が通っていらっしゃいます。過食症患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの過食症患者は正常な生活を送ることができるようになりました。
過食症に対する鍼灸治療では、非常に高い治癒率と有効率があります。西洋医学的な治療を受ける前に、鍼灸治療を選択すべきです。

過食症の鍼灸治療のメカリズム

過食症の原因|過食症【小児疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、摂食中枢の働きを健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した食欲中枢を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、摂食中枢の働きを健常化させます。
5.異常な食欲衝動を抑えます。

【過食症治療の実際様子と流れ】
過食症の原因|過食症【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

過食症の原因|過食症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
過食症の原因|過食症【神経疾患】

過食症患者 木村様 女性

過食症の原因|過食症【神経疾患】

御蔭さまで、過食が治って、今は少ない量で凄く美味しく食べる毎日です。
気付いたら、学校から帰るとなんでも食べ、お腹が痛くなっても、吐きそうでも食べたくなりました。
11年以上こんな毎日を繰り返し、いつかこんな日から開放されたいと思って、中国鍼灸院を尋ねました。
4回目鍼灸治療を受けた後、過食が少し落ち着いてて、仕事行くのも楽しくなりました。11回目終わった頃は、規則正しい食事ができるようになり、このまま完治してしまいました。
久しぶりに痩せたことが嬉しくて、頑張れた自分も嬉しくて全てが最高でした。今、肌も良くなって毎日偽りのない心からの笑顔でくらしています。本当にありがとうございます。

過食症の西洋医学治療

過食症の原因

過食症の原因については、いまだ充分にわかっていませんが、ダイエットのやり過ぎた後や、心理的ストレスが強く、それを自ら解決出来ないときや、ひどく落ちこんでいる時に生じやすいことがわかっています。 そして一度何らかのきっかけで過食症になると、これが癖となります。一度癖になると、ちょっとした事でも、例えば、イライラしたり、悲しくなった時や怒っている時や、退屈な時に 過食するようになります。

過食症の症状

過食症では、感情と身体の両面に症状があります。

  1. 過食症の精神症状:頭痛、痙攣、自己嫌悪、無気力、抑鬱気分、疲れやすい。
  2. 過食症の身体症状:食道裂孔、低血圧、動悸、不整脈、膵炎、低血糖、耐糖能異常、胃穿孔、胃痙攣、腹痛、腹部膨満、便秘、血性下痢(下剤乱用)、月経異常、吐きだこ、骨粗鬆症、脱水、浮腫

過食症の予防

  1. 1日3回の食事をきちっとする。
  2. 過食しそうなものを日頃から家におかない、買わない。
  3. 料理を小さい皿で盛り、決して大盛りにしない。
  4. 食事の時、よくかみ、20分以内に食事を終わらないようにする。
  5. 食事の後、嘔吐をしないようにする。下剤を使わないようにする。
  6. 一回の食事に必要な量だけ、料理をする。

摂食障害患者の質問

摂食障害患者HN様 30歳 女性

[ 症状、ご相談内容 ] :
摂食障害で16年、過食嘔吐を繰り返しています。
精神的な治療はほぼ経験しましたが、治せませんでした。
鍼で治すことは可能なのでしょうか。
また、鍼をすることでリスクなどはありますでしょうか。
ご教授いただけましたら幸いでございます。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は摂食障害には、かなり 有効です。
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者の返事:
過食嘔吐の治療をしていただき、有難うございます。
3日前から、過食と嘔吐が無くなり、 食事も正常に戻りました。
こんなに早く効果得られたのは思いませんでした。 大変感謝しております。
暫く様子を見たいですので、次の予約はお電話します。 宜しくお願いいたします。
ありがとうございます。

過食症患者J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食症についての相談です。本人曰く、ストレスが原因のようで、2週間ほど前から過食嘔吐を繰り返すよ うになりました。本人も自覚があり、治療を望んでいますが、薬による治療は今後の薬への依存が怖いので、できるだけ避けたく、御治療 院にたどり着きました。 発症してからさほど時間もたっていないのでなるべく早く診察させたいと思っていますが、現状、混み合っていて予約が難しい状況ではござい ませんでしょうか? また、診察前のアドバイス等ございましたらご教授のほどお願いいたします。

過食症患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
10年程過食症です。 治したいです。 針は初めてですが大丈夫でしょうか?

過食症患者G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食気味でここ半年ほどエスカレートしています。最近はお風呂の最中も途中で出てきて食べたり、食べ た形跡が残らないような砂糖を食べたりしているようです。朝自己嫌悪に陥りイライラし家族に当たったり学校も行きたくなくなったり無気 力状態です。何度も食べ物のない空間に住みたいと言ってきたり、家には寝るだけのために帰ると決めて宣言しても帰るとパソコンを開き、 ずっと起きていて物を食べ続けてしまっています。 このような悩みを母親に娘が最近打ち明けます。2か月ほど前までは相談もしてきませんでした。 私は、娘が過食であることは気づいていましたので何度も注意はしてきましたが、うるさいと言い返すばかりでした。今でも相談はしてくるも のの、こちらが色々アドバイスすると、うるさい。自分が一番わかっているという返事になってしまいます。 最初のストレスは学業面であったと自分で言っていますが、今はこの過食症になっている自分への嫌悪感がストレスのようで、余計に過食にな っているようです。 本人も私も、いったん痩せ始めれば過食はしなくなるのではないかと思っているので、とにかく食欲のコントロールをして、少しでも痩せてい く喜びが感じられたらいいと思っています。 記事をみると「過食嘔吐」に効くとなっているのですが、娘は嘔吐はありません。ですからどんどん体重は増える一方です。一日で1キロ以上 増えてしまうという普通では考えられない体質になってしまっているようで恐ろしいです。「嘔吐」無しの「過食症」にも効くのでしょうか 。 頭に電流がいくというので怖いとも思うのですが、絶対に安全なのでしょうか。 よく「気長に構えて向き合うように」とは書かれていますが、なるべく早く苦しみから解放させてあげたいと思っています。本人が納得する形 で、安全に進めたいのでアドバイスお願いします。 ちなみに一年で10キロほど増加しています。

拒食症と過食患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
私は何年も拒食症と過食に悩んでいます。 先生の頭の鍼の治療なら治るかもしれないという希望を もちましたが大阪に住んでいるので病院に行くことが できません。先生のお知り合いに大阪でも先生のような 治療をしてくれる先生はいませんか? どうしても普通の幸せな生活を取り戻したいです。 もう一度食べ物を普通に食べてみんなでおいしいって 喜んで楽しく毎日を送りたいです。 先生のお力がもう私の最後の命綱です。よろしくお願いいたします。

摂食障害患者H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
30年以上摂食障害を患っています。ここ20年の症状は過食嘔吐で、過食衝動さえ抑えられればと色々治療機関に行きましたが、なかなかう まく行きません。
そちらの治療が自分に効果があるかわかりませんし、正直脳に電流を流すというのは恐ろしいですが、まずが料金をお教えいただけますか?過 食と治療費がかさみ、預金があまりない状況なので、経済状況と相談してみたいと思います。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は摂食障害には、かなり 有効です。
当院が開発した特殊な治療法がとても安全で、副作用はありません、心配ないと思います。 
治療費は6500円/1回です。

過食嘔吐患者IM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食嘔吐の治療、宜しくお願いします。

過食嘔吐患者N様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食嘔吐歴もうすぐ10年になります。 今一人暮らしなのと家の事情で家族に治療費を看破してもらうことは不可能なのですが治療費は回復するまで通うとなると総額いくらくらいで すか?また、どのくらいのペースで通うのが効果的ですか? それから合併症として嘔吐の影響か逆流性食道炎なのですがそれも治りますか?

過食症患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
彼氏と別れたのをきっけにテンションの上がり下がりが激しくすごく情緒不安定になり、 過食がやめられなくなりました。超短期間で体重の増量、引きこもり、過食、増量、引きこもりを繰り返している状態です。吐いたりはしま せん。朝起きてトイレに行ったらそのままリビングの食べ物を探し、自分の部屋に持ち込み、座って食べるのもかったるくてベッドで寝ながら スマホをいじって食べてます。家の食べ物を隅から隅まであさり、探し出し、見つからなくなったらコンビニに買いに行きます。所持金は全 てお菓子に使い果たしてます。母親にすごく怒られるので、母親の前で食べ物を食べるのがすごく嫌で、隠れてドカ食いする癖がつきました 。食べ物を食べてる時だけは嫌なことを忘れられて、すごく落ち着きます。

過食症患者E様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食症でなやんでいて常に空腹感を感じてしまう また一回あたりおいくらかかりますか?

過食症患者FE様

[ 症状、ご相談内容 ] :
10代後半から過食症に悩まされています 吐けないのでどんどん太り、鬱っぽくなって、外出も億劫で仕方ありません。 かなり頑固だと思うのですが治りますでしょうか

過食症W様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食に悩んでいます。
先生の頭の鍼の治療なら治るかもしれないという希望を もちました。よろしくお願いいたします。

過食症KB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食症でなやんでいて常に空腹感を感じてしまう また一回あたりおいくらかかりますか?

過食嘔吐Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食嘔吐が8年くらい続いています。はり治療で治したいとおもうのですが、、一番早くて予約が取れるのはいつになりますか?効果はどのく らい期待できるのでしょうか? よろしくおねがいします。

過食嘔吐NZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食嘔吐が20年ほぼ毎日の生活です。 抜け出したいと思いつつも繰り返しの毎日です。 体質等で完治できない方もいるのでしょうか。 過食嘔吐の年数や体質で症状の回復は違うとは思いますが実際完治するまでにどの程度通いますか? 逆に一度で完治したかたはいますか。

過食嘔吐M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
4年間続いた過食嘔吐 拒食もよくなり、 体重も回復したのですが、 不安 無月経 疲れやすい 落ち込みやすい 食べ過ぎてしまう 等まだまだ問題がたくさんあります。 摂食障害の治療につきまして、 詳しくお話しをお伺いしたいのです

過食嘔吐SS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
毎日の過食嘔吐がひどくやめられません。 過食嘔吐は5年以上続いていますが治りますか? 一時下剤乱用もひどかったのですがこちらは克服できました。

過食嘔吐S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食嘔吐の治療の相談です。11年間悩んでいます。耳下腺の腫れが激しく、精神的にも限界です。よろしくお願いします。

過食症患者の質問

過食C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食症です。本人を連れていきたいと思っていますが、予約なしでも診療は可能ですか?

過食症H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過食症で、食べては吐いているようです。 10代後半から15年くらいかと。ストレスや何かのきっかけで始まると抜け出せなくなります。 本人がこちらの治療法を受けてくれるかはわかりませんが、私は過食症が治るなら受けてほしいと思います。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん