中国鍼灸 東京・銀座

乱視

乱視の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

乱視患者の質問

乱視の原因|乱視【眼科疾患】

乱視患者IO様

[ 症状、ご相談内容 ] :
私は、61才ですが、13才頃右目の視力は1.5からだんだん下がり25才頃0.1以下になりました。
乱視もかなりひどくて25才の時に三日月をみると14個見えた程ですが、特に垂直方向が何重にも見えるほど悪かったです。
左目は、その頃1.0か0.8くらいでした。そ して今から10年前から、視力回復のための訓練を続けて、正式に測定したわけではありませんが、現在の右目の視力は0.3〜0.5程度ま で回復できたと思います。左目は0.5程度です。一度先生に診断していただいてから、本格的に針治療を受けるかどうかを決めようと思いま すがいかがでしょうか?それから特に乱視は針治療で改善する可能性はありますか?
よろしくお願い致します。

患者様の返信:
私の経験から、当院の鍼灸治療は乱視と視力低下には、かなり 有効です。
最近、一人乱視と視力低下患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 乱視と視力低下の症状がかなり良くなりました。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいます。特に乱視は針治療で改善できますので、 心配ないと思います。
 

網膜の疾患と針灸治療

加齢黄斑変性 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 糖尿病網膜症 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 緑内障 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん