中国鍼灸,東京,銀座

緑内障

緑内障の鍼灸治療(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

緑内障について

緑内障の治療前|緑内障の治療結果 治療前:視神経乳頭が変形・陥没
緑内障の治療|緑内障の治療結果 治療後:視神経乳頭の変形・陥没が回復

緑内障とは、視神経が障害し、視神経萎縮と視野欠損を呈する病気です。
緑内障は1番目の失明の原因で、多くは自覚されないうちに末期症状に至ります。日本では、40歳以上の20人に1人が罹患しています。
緑内障は、2種類あり、1つは、開放隅角緑内障”で、緑内障の初期にはほとんど何もなく、進行すると眼精疲労、裸電球の周囲に虹がかかるなどの症状が出たり、よくなったりします。
緑内障は、最終的には視野異常で見えない、あるいは暗点があることに気づき、さらに進行する失明します。
緑内障のひとつであるは閉塞隅角緑内障では、眼圧が急激に上昇して、視力低下、眼痛、頭痛、悪心、嘔吐があり、結膜は強い充血がみられます。
眼圧が急激に上がって下がらない場合、緊急手術が必要です。

緑内障に対する当院の取り組み

緑内障の原因|緑内障【眼科疾患】

中国鍼灸の緑内障の治療目的は、緑内障の回復程度を高めることと緑内障が完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療で回復できない緑内障患者さんの期待に応えるため、当院が30年以上臨床経験、難病治療実績多数年間、緑内障の治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリ【眼底透穴針】を考案いたしました。そして良い成果を上げています。
治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。

緑内障の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。緑内障の視力と視野の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

緑内障の鍼灸治療症例と臨床経験

緑内障の鍼灸治療 :緑内障患者230名。【眼底透穴針】取穴:行間、眼底穴、球後、太陽、晴明、翳風、三陰交、足三里。針体から微電流を流し続けます。眼底穴と球後穴、中国では、目の病気の治療によく使われますが、他のツボより痛みが出やすいため、当院ではこのツボを使う場合、患者さんに説明し、同意してもらった上のみ、治療を行います。

緑内障の鍼灸臨床経験 :中国鍼灸では、多くの緑内障患者の症状を回復、或いは改善してきました。1998年、『日本経済新聞』に鍼灸治療で多くの緑内障が治ったという記事があってから、多くの緑内障患者が通っていらっしゃいます。緑内障患者の一人一人の症状に合わせて、中国鍼灸はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの緑内障針灸治療では、緑内障患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの緑内障患者の視神經萎縮と視野缺損の回復が可能になりました。
行間穴に強い刺激を与えると、すぐに、78%の眼圧高型緑内障の眼圧が下がり、持続時間は約7〜41時間でした。

緑内障患者の一言  田中様  男性

緑内障の原因|緑内障【眼科疾患】

康先生の鍼灸治療を受け、私の人生が再生しました。
6年前の大学勤務時代、眼の過労で両目の視野が欠け、視力が下がり、眼科で「正常眼圧緑内障」といわれ、治療法は点眼薬しかないと言われました。
「 このままだと失明かも・・・」と心配しながら、中国鍼灸の鍼灸治療を受けました。 
14回目の鍼灸治療を受け、鍼灸院を出た後、外を見ますと、物がくっきりと見えました。あの感激は終生忘れません。
26回目の鍼灸治療が終わった頃、眼科の眼底検査を受け、萎縮した視神経が戻ったと告げられました。
おかげ様で良い成績を残して大学を去ることができました。心から感謝しています。

緑内障の鍼灸治療のメカリズム

緑内障の原因|緑内障【眼科疾患】

当院が独自開発した【眼底透穴針】治療法:
眼球の奥にある特殊なツポに一本の針を通し、微弱電流で刺激し、電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、房水の流れを良くします。
更に電気エネルギー信号は視神経を伝わり、視神経の働きを健常化する仕組みです。

     
  1. 当院独自開発した【眼底透穴針】を使い:
    特殊なツボにハリをうちます。
  2. ハリに微弱電流を流します。
  3. 視神経乳頭部の血流を増加し、視神経乳頭部を修復させます。
  4. 房水の流れを良くし、眼圧を下降させます。
  5. 電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、網膜神経節細胞、視神経線維などを活性化させます。
  6. 電気エネルギー信号は視神経を伝わり、視神経の働きを健常化します。

緑内障治療の実際様子と流れ

緑内障の原因|緑内障【眼科疾患】

【眼底透穴針】治療法:
1.特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

当院鍼灸治療の新聞の紹介記事

緑内障の原因|緑内障【眼科疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
緑内障の原因|緑内障【眼科疾患】

緑内障患者清水様からのメール

最初に緑内障と診断されたときには、すでにかなり進行していた状態のようでした。医者にも「あなたの緑内障はずいぶん前からのものだ」と言われました。 その後、転々と眼科病院に治療を受けましたが、右目は失明・左目はかろうじて見える程度になり、点眼薬と飲み薬は毎日続けておりますが、視力と視野が悪くなる一方でした。
「失明」になる不安を抱えながら、中国鍼灸を尋ねました。針灸治療を1カ月受けた後、視力も視野も少しずつ回復し、さらに2か月後、物がくっきりと見えました。近所の眼科病院で視力と視野検査では、両目とも正常範囲でした。
針灸治療を受けてから、3年が経ちました。現在経過は良好で、眼圧・視野ともに安定しています。「物がとても綺麗に見えた」あの感激は終生忘れません。中国鍼灸のスタッフの皆さんに巡り合えた私は、幸運だったと思います。

緑内障の取材

『安心』

[ 症状、ご相談内容 ] :
マキノ出版から刊行しております『安心』という健康雑誌の編集をしております、中村曜子と申します。 今回、安心2017年2月号(2016年12月29日発売予定)では、「目の病気は自分で治す!」(仮題)という特集を予定しております 。そこで、ある貴院で治った患者の紹介で、緑内障の鍼灸治療で目覚しい成果を挙げていることを知って、ご相談があってご連絡させていただき ました。 弊誌は、セルフケアをご紹介している健康雑誌ですので、例えば、鍼灸治療には劣るけれども、緑内障に効くツボはここで、自分で刺激すると 緑内障の改善が期待できるというようなものがございましたら、取材をさせていただけないでしょうか。ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 掲載誌 安心2017年2月号(2016年12月29日発売) 。 特集内容 目のセルフケア(仮題)。 取材内容「緑内障の治療に欠かせない○○のツボは自分で刺激すると視野欠損の進行を遅らせる」(仮題)。 ・中医学では、緑内障はどうして起こると考えられるか ・緑内障の治療に欠かせないツボとは? ・そのツボの働きは。なぜ有効なのか ・自分で刺激するときの、ツボの探し方と刺激の仕方。 ・先生が鍼灸治療して緑内障が改善したという症例2〜3例(そのツボを使用した例で) 。 取材希望日 11月7日〜25日までのご都合のよろしい時間1時間ほど(土日を除く)

緑内障の概要

  1. 近視
  2. 遺伝
  3. 糖尿病、高血圧、低血圧、甲状腺機能亢進症糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症、白内障、落屑症候群
  4. 小眼球症

緑内障の症状

  1. 視力低下
  2. 視野狭窄

緑内障の分類

1. 原発開放隅角緑内障:
2.原発閉塞隅角緑内障:
3.正常眼圧緑内障:
4.先天緑内障:
5.続発緑内障:
6.発達緑内障

緑内障の関連病名

1.高眼圧症

眼圧が21mmHg以上でも緑内障性眼底変化がない場合には高眼圧症です。角膜が厚く見かけ上眼圧が高く測定される場合や、視神経乳頭の眼圧への抵抗力が強い場合には高眼圧症と診断され、生涯緑内障にならないです。高眼圧症の一部には何年かのちに緑内障性変化が現れることがあり、この場合は緑内障の前駆状態です。しかし、眼圧が25mmHgを越える高眼圧症眼は緑内障になりやすいです。

2.視神経乳頭陥凹

緑内障視神経障害が進行すると視神経乳頭縁の狭細化や視神経乳頭陥凹の拡大などが出ます。こうした視神経乳頭の異常があるにもかかわらずに視野異常を認めないときに視神経乳頭陥凹と診断されます。視神経乳頭異常が視野異常に先行するために緑内障の前駆状態です。

3.偽緑内障

視神経乳頭や視野異常を見られますが緑内障ではないものを偽緑内障といいます。視神経疾患や頭蓋内疾患、大量出血など病気で起こることもあれば、視神経低形成などもあります。

緑内障の検査

  1. 眼圧検査:緑内障の発見の重要な検査です。
  2. 眼底検査:視神経が障害されている場合、陥凹の形が正常に比べて変形し大きくなります。緑内障発見のための必須の検査です。
  3. 視野検査:視野の欠損(見えない範囲)の存在の有無や大きさから緑内障の進行の具合を判定します。
  4. 隅角検査:隅角の開大度や形態異常、色素沈着、隅角後退、新生血管、虹彩前癒着などの有無を確認します。血管新生緑内障の隅角新生血管や落屑症候群のサンパオレージ線、ポスナーシュロスマン症候群の健眼よりも薄い色素沈着沈着など特徴的な所見も多いです。
  5. 画像解析検査:視神経乳頭や視神経線維層の形状解析により緑内障の進行度合いを判断します。

緑内障の診断

緑内障は自覚症状、眼圧検査、眼底検査、視野検査等で診断されます。緑内障は遺伝しますので、家系についての問診は大切なものです。
 

緑内障の西洋医学的治療

  1. 点眼薬
  2. レーザー手術
  3. 外科手術
  4. 内服薬
  5. 点滴療法

緑内障患者の質問

緑内障患者LO様

緑内障の原因|緑内障【眼科疾患】

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障です。右目の中の視野一部が曇って見えません。
病院での治療はまだしていません。
針で回復できる可能性はありますか?
仕事もあり、頻繁に通うのは大変なのですが、治療間隔はどの位で、回数の目安はどの位でしょうか? 宜しくお願いいたします。

当院の返事:
緑内障患者の多くは、当院で暫く鍼灸治療を受け、 視力と視野がかなり良くなりました。
間隔、何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察して みないと分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
緑内障の治療でお世話になっております。
最近、曇っていた視野はかなりはっきりしてきましたので、昨日眼科で検査したところ、右目視力が0.06から0.5まで回復し、嬉しくて御報告申し上げます。
これは康先生のおかげと大変感謝しております。 完治まで今しばらく、お世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

緑内障患者D様

[ 症状、ご相談内容 ] :
病院眼科に掛り検査の結果、左目が緑内障と診断されました。 先日、千葉大病院の眼科で左目の検査をしてきて、結果緑内障と診断されました。左目は若干眼圧が高く、左目の中心がぼやけています。左目 の視力は0.2〜0.3位程度主治医は、もう左目の視力は戻らないといわれました。 眼圧を下げる手術をしたほうがいいともいわれました。 本当に視力は少しも戻らないでしようか?諦められません。ネットでこのサイトを見つけました。一度、診察していただけないでしょうか

緑内障患者A様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障(両眼/中期)と白内障(両眼/初期)と診断され、点眼薬で眼圧を下げていますが、人混みや明るい店の照明などで眼がくら みます。針治療でこの症状を軽くすることが出来ますでしょうか?

緑内障患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
20年前から緑内障の治療を受けておりますが、眼圧は9〜12ぐらいですが、視野の欠損が進んでおり、失明しないかとても心配しています。

緑内障患者Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
20年前から緑内障の治療を受けておりますが、眼圧は9〜12ぐらいですが、視野の欠損が進んでおり、失明しないかとても心配しています 。沖縄に住んでいるので通院が出来るのか?

緑内障患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障と診断されており眼圧は点眼薬で13-15の間で落ち着いております。点眼をする前でも眼圧は20はいったことがあ りませんでした。ここ約10年程で右目の視野欠損が徐々に進んでおり中心までかかってくるようになり少しみにくい状態です。3年ほど眼 科領域の鍼灸をしゅう1でやっておりますがイマイチ効果がでません。漢方などでなにかあれば教えて頂けるとありがたいです。

緑内障患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
早速のお返事ありがとうございました! 緑内障は失明への一方通行と聞いていたので、一筋の光明がさしたように希望が持てました! もう少しだけ、質問よろしいでしょうか? 実は、網膜裂孔も両目共に患っています 今は問題ありませんが、20年前に偶然見つかり、当時レーザー手術を数回して裂孔を固めてあります 定期的に診て頂いていますが、その後は問題ありません 先にお話しました緑内障の治療は、網膜裂孔があっても受けられますか? 又、私は両眼0.01とかなりの強度近視なのですが、同じ様な成果は得られますか? 又、眼底鍼?は痛みが強く出るとホームページに記載がありましたが、どのくらいの痛みでしょうか?痛みに弱いので、不安で…?? お忙しい中、沢山の質問を申し訳ありません よろしくお願い致します

緑内障患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
正常眼圧タイプの緑内障です。 10年前に判明、眼圧低下の目薬+検査だけで、10年経過しましたが、徐々に進行(左右両方)し、精密視野検査で、4分の1程度の視野が 欠けています。このままでは、失明の恐れありで、手術しなければならないかも、と言われています。また視力は大変悪く、強度近視で、網 膜 が大変薄いと言われています。(一度、網膜剥離でレーザ手術を受けています) 奈良県在住ですので、交通費もかかることから、まずは、最大月1回を1年くらい続けるのがやっとの状態です。このような状況ですが、通常 、通院頻度、期間はどのくらいなのでしょうか? また、同じ緑内障でも、効果がみられない方のパターン等はあるのでしょうか?

緑内障の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障で視力が低下して困っています 眼下には毎月かよい、目薬を使用していますが、なかなか進行を止められません。 そちらでも対応可能か知りたくてメールさせていただきました 住まいは千葉県なので月に何度かなら通院可能です。 よろしくお願いします。

緑内障患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
現在緑内障を両目共に発症しており左目は既に視野欠損がある状態で す。多分視野欠損は6年ほど前から発症していたと思いますが、眼科で正式に診断されたのは3年前でそれから毎月通院しております。 眼圧は最初20を超えていたと思います。現在は点眼薬で15ぐらいですが、眼科の先生はなんとか一桁台まで下げたいと言っております。 症状の経過は、残念ながら進行しており右目の視野欠損疑いも始まっております。自覚症状としては、やはり左目が見えづらく、暗いところも 見えづらい気がします。あと老眼が始まり、目が疲れやすく眉毛のあたりやひどい時は首肩が張ります。仕事はデスクワークで在庫管理を行 なっているため丸一日、コンピューターの細かな数字を睨んでいる状況です。以上ですが、なんとか失明だけは避けたく・・・お願いいたし ます。 加えて点眼薬は自分に会うのを探している状況ですが、今まで処方された点眼薬をご参考までにお知らせします。 最初、キサラタン。その後右目をトラタバタンズに変え経過をみたが、効果が出ず、ザラカムに。現在はミケルナで様子を見ているところです 。 また、他の既往症は高血圧で薬20年ほど前から投薬治療を行なっております。それと3年前から痛風の投薬治療も行なっております。 高血圧の薬はオルメテック20mg。痛風はフェブリク10mgです。

緑内障患者Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
人間ドックにて再検査となり、四月に緑内障と判明しました。眼圧は両目共16などで、正常値です。 眼圧を下げる目薬をさしたりレーザー治療を一度受けましたが、明らかに良くなる事はありません。 視野は既に欠けていて、右は中度欠損、左は軽度欠損です。 右は、もう見えない場所が自覚出来ます…とても不安です。 藁をも縋る思いで検索していてこちらを見つけました。鍼灸をして頂いて緑内障の進行が止まったり、視野欠損が狭まることはありますか? 又、網膜裂孔もありますし、大腸に良性ポリープが出来やすく2回切除していますし、婦人科の問題も抱えていますが、関係あるでしょうか? 又、人によって鍼灸によって緑内障が悪化する事はありますか? 何も分からず質問させて頂いているので、突飛だったり失礼な質問もあるかと思いますが、すみません。

緑内障患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
左目の眼圧がずっと高いままでいます。 特に左目の下の部分に違和感を感じています。視神経の圧迫に問題があると思っています。今までにMRIやボトックス注射、漢方薬の治療を 受けましたが改善されませんでした。 インターネットでこのサイトで知り治療してもらいたいと考えました。予約できる日を教えてください。

緑内障患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
眼科の医師からは、私の眼は治療方法が厳しく難しいそうです。緑内障は眼球まで悪く為ってそうです。白内障ですが、白 く為って70〜80歳位の悪くてね?治療しても今よりいくらかは見えるかも知れないのと眼が失明する可能性もありますとの事です。治療 をしないでそのままにしても白内障がだんだんと進んで悪く見辛く為ってから治療する事が出来無いそうです。その場では判断と覚悟する事 が出来ませんでした。 後眼玉が揺れてるので普通の治療が出来ない為全身麻酔での治療方法との事です。

緑内障の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障治療できるでしょうか。 宜しくお願い致します。

緑内障患者IM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障と診断され、右目の視野が欠損し始めました。その後7年前に手術をしましたが、徐々に進行していき、現在右目は欠損 は広がり、書物等の文字は読めない状態です。また、最近左目も視野欠損が出始めました。なお現在も通院して眼圧を抑える目薬を点けては いますが、12〜14mmHg程度で、そもそも高いとは思いません。

緑内障患者lv様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障との診断でしたが、昨年春に急に眼圧が高まり視野が狭まりました。病院で定期的に検査していましたが昨年末から4月に かけてまた眼圧が高まり更に視野が狭くなりました。現在は気功治療にも通って眼圧を下げてもらうようにしていますが視野の回復まではな かなか難しそうです。視野の回復も含めて改善が期待できるのでしょうか?

緑内障の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障で、何年も目薬をさして治療してきました。先日、病院にいき、検査をしてみると視野が欠けている所 があるといわれました。鍼灸の力でなんとか進行を妨げ、これ以上ひどくならないようにしたいのです。

緑内障患者KH様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障です。 生活に不便はないのですが、左右両方ともそれぞれ部分的に見えていないところがあります。 視野欠損の改善と進行をくいとめられますでしょうか。 効果があらわれ始める回数の目安はどのくらいでしょうか?

緑内障患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
夏に視野の中に靄がかかって気になり、眼科を受診したところ緑内障と診断されました。7年前にレーシックを施術しており、正確な眼 圧は分からないが、正常範囲内だと言われました。 しかし、右目の重苦しさや痛みが時々あり、視野が4ヶ月内に狭くなってきています。なので、手術をした方が良いと言われました。 先生も症状が出たり、視野が狭くなる速さが速いのに首を傾げてました。手術した方が良いのか否か迷っています。針治療の事を知人から聞い て連絡してみました。針治療をしたら視野が狭くなるのは、止まるのでしょうか?

ぶどう膜炎による緑内障L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障を患ってます。ぶどう膜炎からの続発緑内障のようです。以前は、点眼薬だけで眼圧をコントロールできていたのですが、最近は、炎症も頻繁に起こり眼圧もコントロールしにくくなって、視野狭窄と視力低下が進んでおります。 大宮駅前院においても、緑内障の治療は出来ますでしょうか。 宜しくお願い致します。

緑内障患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障で視野の中心部が欠けています。 初期だということですが欠損の場所が悪く、なんとか治したいのです。 無理だと言われていますが、視野をもどしたいのです。 可能でしょうか? 眼圧は正常です。 遠方なので通うことが難しいのですが、可能性が伺いたいです

緑内障患者O様

[ 症状、ご相談内容 ] :
50代初めに緑内障との診断を受けました。それ以来、通院して目薬を注していました。近視が強く、網膜裂穴のレーザー手術も時々していま した。50代半ばに、左目が網膜剥離になり手術を受けました。手術はうまくいきましたが、それ以来、視野が欠けたままで、視力も回復し ていません。手術後5年ほど経っています。現在も、2ヶ月に1回通院して、定期的な視野検査・視力検査・眼底検査・網膜裂穴の検査を受 け、眼圧を下げる目薬を注しています。治るでしょうか。 

当院の返事:
2か月前に一人緑内障患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 視力と視野がかなり良くなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

緑内障患者WN様

[ 症状、ご相談内容 ] :
25年前に緑内障を患い、現在視野が両眼の視がそれぞれ10・以内という状況です。この状態で多少なりとも回復の 可能性はあるものでしょうか?

ぶどう膜炎による緑内障BC様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障を患っています。ぶどう膜炎からの続発緑内障です。最近は、点眼薬では、眼圧をコントロールできなくなり度々炎症をおこ して眼圧が高くなってしまいます。その結果、右目の視野と視力が少しずつ悪化しております。

緑内障患者I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
最初に初期の正常眼圧緑内障と診断され 少しずつ進行して 視野欠損部分が中心よりに広がって来ました。右は欠損部分は無い ようですが 特に左目が悪く、視野欠損部分が広がり始めたのは2012年頃からで 2014年には 左目 線維柱帯切除術の手術を受け ました、しかし4ヶ月ほどしたら癒着して効き目も続かず 又、眼圧が上がりはじめてしまい効果有りませんでした。

緑内障患者KI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障に関してのご質問です。 ●そちらの針治療で緑内障の症状(視野狭窄など)の症状自体が良くなるという事でしょうか。 ●月何回(週何回)の治療になりますでしょうか。 去年末から目に違和感があり、今年に入って一ヶ月程度で急激にほとんど何も見えない状態になってしまいました。 実は今、腎臓病の治療中で薬の副作用で血糖値が上がっています。眼科医によるとその影響で糖尿病の状態となり眼圧が上昇したのだろうとい う事でした。 お忙しいところ誠に申し訳ございません。 よろしくお願い致します。

緑内障患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
突然飛蚊症がひどくなり、眼科に行きました。検査をすると緑内障とのこと。以前から強度の近視です。右目の4分の1が欠けてい ました。 どうにか良くなる用法を探しています。札幌から通院したいと考えております。どのくらいの間隔、期間で改善が見られるのか知りたいです。 又、眼底透穴針とは、目に針を打つのでしょうか?教えていただければ幸いです。

緑内障患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
先日お世話になりました緑内障患者です。 週2回通う方が良いそうですが、だいたいぐらいの期間と考えたらよろしいでしょうか?その後は週1回でしょうか?

緑内障患者BZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障と判断されました。 最初は点眼から始めるそうですが改善は無いそうなので 現在運転もしていまして改善を痛切に思っていますが 遠いので診察はどのくらいの回数を見込んでいるのでしょうか? 何卒宜しくお願い致します。

白内緒緑内障患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
生まれながら1キロも無く保育器に入れられましたが、蛍光灯の光で視力が低下現在の視力0.035名です。そ して左目は緑内症及び右目は白内緒が有ります。その為でどの職をついても企業側から退職させられてしまいます。昨日も退職させられまし た。現在無性です。どの企業行っても視力で職が決まらないか採用されても視力が悪い関係で退職させられます。私はどうしたら良いのかと

緑内障患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
-14Dの最強度近視で、緑内障を患っております 緑内障でも、鍼治療可能でしょうか

緑内障患者CX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
10年ほど前から緑内障です。右目の視野がかなり狭くなってきました。一度診ていただきたいのです。よろしくお願いします。

緑内障患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視力が徐々に低下し、今では0.3ぐらいでしょうか。 病院では緑内障の診断を受けました。 治療を探していますが、鉢治療の場合エイズなどの 感染症が心配です。 どのように針を管理を行いますか。 教えて頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った緑内障の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。 ハリは、すべて使い捨てですので、エイズなどの感染症の心配はありません。

緑内障患者G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
正常眼圧緑内障、3年ほど点眼していますが眼圧を10に下げたいのですが14〜16の間で下がりません。 針で下がるのでしょうか?

緑内障患者GN様

[ 症状、ご相談内容 ] :
最近になって緑内障と診断されて、右目の視野狭窄が進行してます。いま思えば5年ほど前から右目に違和感を覚えていたが、強度の近視もあ り近視が進んでるのかと錯覚していたことも発見が遅れた原因と思っております。 現在は、眼圧を下げる目薬を点眼している状況ですが針治療との併用は問題ないでしょうか? また、治療間隔の理想はどれくらいとなりますか? ちなみに、視力は、左目:0.06 右目:0.02です。 また、正常眼圧緑内障と診断されております。

緑内障患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障視野欠損ありですが 現代の医療では完治はしないのでよくなりますか?

緑内障患者GT様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障で、左目の視野が、かなり狭くなっいます。右目も、少し狭くなっています。」と医者言われました。少しでも、回復するのでしょうか 、場所が九州なので、なかなお伺いすること出来ないのですが、何か良い方法がないでしょか、宜しくお願いします。

正常眼圧型緑内障患者 M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
正常眼圧型緑内障と診断され右目は視野が欠けています。 両目に点眼(キサラタン)をしてるのですが、右目のみに使用している 点眼薬(リズモン→アイファガン→グラナテック)3種類に右目がアレルギーを起こしてしまいました。 点眼薬の副作用が怖いので鍼治療をお願いしたいと思うのですが、鍼治療には副作用がありませんか? 今迄に鍼治療の経験がないので少し 不安を感じています。 また、半年前から首の振戦とめまい(フワフワとした船に乗ってるようなめまい)にも悩まされています。 これらの症状も緑内障と同時に治療していただくことは可能でしょうか? ご返信お待ちしております。 宜しくお願い致します。

緑内障患者 M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障視野欠損ありですが 病院では視神経の再生は絶対しないといわれてますが視神経の再生して視野欠損が治るのでしょうか?

緑内障患者 MM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
左眼の眼圧が高かったことから、「緑内障」を指摘され、点眼治療を開始しました。視野欠損も生じ、毎年徐々に視 野が欠けてきました。治療をお願いします。

緑内障患者の治療相談

緑内障患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
中学3年生の時に、原因不明の緑内障を右目のみ発症しました。 たまたまネットで、鍼治療で緑内障が改善したという情報を見つけました。 完全に失明して10年以上経つのですが、そんな状態でも鍼治療で改善はするのでしょうか?

緑内障患者 M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内症の視野欠損は、よくなりますか?眼圧は、15です。

緑内障患者ZC様

[ 症状、ご相談内容 ] :
緑内障があり、左はほとんど見えません。 右の視野が欠けはじめて来ていてとても不安に感じています。

緑内障患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
11月緑内障の手術をしたが間に合わず左目を失明した。太陽を見てもまぶしくなくドアサッシの部分がわずかに見えるだけ。右目もかす んで.よく見えず不安でならない。失明したら戻らないと言われているが何か方法はないものだろうか。

緑内障患者J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
マキノ出版から刊行しております『安心』という健康雑誌の編集をしております、中村曜子と申します。 今回、安心2017年2月号(2016年12月29日発売予定)では、「目の病気は自分で治す!」(仮題)という特集を予定しております 。そこで、ある貴院で治った患者の紹介で、緑内障の鍼灸治療で目覚しい成果を挙げていることを知って、ご相談があってご連絡させていただき ました。 弊誌は、セルフケアをご紹介している健康雑誌ですので、例えば、鍼灸治療には劣るけれども、緑内障に効くツボはここで、自分で刺激すると 緑内障の改善が期待できるというようなものがございましたら、取材をさせていただけないでしょうか。ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 掲載誌 安心2017年2月号(2016年12月29日発売) 。 特集内容 目のセルフケア(仮題)。 取材内容「緑内障の治療に欠かせない○○のツボは自分で刺激すると視野欠損の進行を遅らせる」(仮題)。 ・中医学では、緑内障はどうして起こると考えられるか ・緑内障の治療に欠かせないツボとは? ・そのツボの働きは。なぜ有効なのか ・自分で刺激するときの、ツボの探し方と刺激の仕方。 ・先生が鍼灸治療して緑内障が改善したという症例2〜3例(そのツボを使用した例で) 。 取材希望日 11月7日〜25日までのご都合のよろしい時間1時間ほど(土日を除く)

視神経疾患と針灸治療

加齢緑内障 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 糖尿病網膜症 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 緑内障 糖尿病網膜症 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん