中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>眼科系疾患>加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

加齢黄斑変性について

黄斑変性の治療前|黄斑変性の治療結果 黄斑変性治療前:黄斑変性が見られる
黄斑変性の治療|黄斑変性の治療結果 黄斑変性治療後:黄斑変性が消失、正常の眼底に戻った

加齢黄斑変性とは、網膜の中心にある黄斑が進行性障害を起こし、視力が失われていく病気です。
網膜中心部は、黄斑といわれ、視力に最も大切な働きをしています。加齢黄斑変性は、加齢で網膜にある黄斑部が変性を起こす疾患で、失明の原因となりえます。老人性円板状黄斑変性症とも呼んでいて、ARMDともよばれた頃がありました。
黄斑変性は、高齢者がかかりやすい病気で、肌の白い人や喫煙者に多く見られます。黄斑変性は加齢黄斑変性と同じ疾患ではないです。黄斑変性の原因としては、加齢黄斑変性が一番多いです。
加齢黄斑変性は、萎縮型黄斑変性と滲出型黄斑変性の2種類があります。
萎縮型黄斑変性は網膜色素上皮が萎縮し、網膜が障害し視力が低下していく黄斑変性です
 滲出型黄斑変性は脈絡膜新生血管が網膜と網膜色素上皮の間に侵入し、網膜が障害される黄斑変性です。
黄斑変性の異常な血管は、血液の成分を漏出します。血液成分が漏出すると網膜浮腫、網膜下液が起こります。そのために、網膜が正しく働かなくなり、視力が低下します。
    

黄斑変性に対する当院の取り組み

黄斑変性原因|黄斑変性【神経疾患】

当院の黄斑変性の治療目的は、黄斑変性患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと黄斑変性の完全な回復までの時間を短縮することです。
近年、黄斑変性の治療は、西洋医学以外にも新しい治療法を求める動きが世界中に広がりました。欧米、中国などの国では、鍼灸治療の黄斑変性に対する有効性が再認識するようになっています。
当院も黄斑変性患者さんの期待に応えるため、30年間、黄斑変性の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【眼底透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
治癒した例、改善した例を合わせると患者の75%は経過がよいと考えられます。
黄斑変性の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当院の針灸治療で、多くの黄斑変性患者の視力が戻り、黄斑変性患者の生活の質を高めるのに役に立っています。

加齢黄斑変性鍼灸の治療法

加齢黄斑変性の鍼灸治療症例と臨床経験

加齢黄斑変性の鍼灸治療黄斑変性198名、【眼底透穴針】取穴:眼底穴、球後。

加齢黄斑変性の鍼灸臨床経験 :中国鍼灸では、多くの加齢黄斑変性の視力障害を完治、或いは改善してきました。今も多くの加齢黄斑変性患者が通っていらっしゃいます。加齢黄斑変性患者の一人一人の症状に合わせて、中国鍼灸はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸の針灸(鍼灸)治療では、加齢黄斑変性患者の視力の回復と予後は良好で、多くの加齢黄斑変性患者は普通の生活が可能となりました。
黄斑変性の根本的な治療の少ない現在、多く成果を上げっている針灸治療を早く受けることがとても大事で、失明の予防にもなります。

加齢黄斑変性の症例 :渡辺様 58歳 男性
黄斑変性患者の声|黄斑変性【眼科疾患】 60歳の時に右目に加齢黄斑変性発症し、1年後には左目にも発症しました。 右目はレーザー光凝固術を、左目は光線力学的療法をそれぞれ施しましたが、視力低下の進行を止まりませんでした。
新聞の紹介記事を見て、中国鍼灸を尋ね、早速鍼灸治療を受けました。
鍼灸治療を始めてから1カ月後、周りの物が少しづつハッキリ見えてき、2ヵ月後ゆがんで見えた物が、まっすぐになりました。3ヵ月後暗くなっていた視界の中心が明るく見えました。
その後も両目は順調に回復し、4カ月後の眼底検査は、既に健常化になりました。
今は、物の形が良く見え、外の風景もハッキリ見え、週1回の山登りを楽しんでいます。本当に、どうも有難うございました。 もし今後体に不調がありましたら、またお世話になりたく、その際は何卒宜しくお願い致します。

 

加齢黄斑変性の鍼灸治療のメカリズム

黄斑変性の原因|黄斑変性【眼科疾患】

当院が独自開発した【眼底透穴針】治療法:
眼球の奥にある特殊なツポに一本の針を通し、微弱電流で刺激し、電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、網膜、視神経など眼球組織を活発化させます。
更に電気エネルギー信号は視神経を伝わり、後頭葉にある皮質視中枢に達し、視中枢の働きを活性化する仕組みです。

  1. 【眼底透穴針】を使い:特殊なツボにハリをうちます。
  2. ハリに微弱電流を流します。
  3. 電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、網膜にある黄斑部組織を活発化させます。
  4. 電気エネルギー信号は視神経を伝わり、後頭葉にある皮質視中枢に達し、視中枢の働きを活性化します。

黄斑変性治療の実際様子と流れ

黄斑変性の原因|黄斑変性【眼科疾患】

 1.当院が独自開発した【眼底透穴針】
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

加齢黄斑変性鍼灸治療の新聞紹介記事

『夕刊フジ 』: 『黄斑変性症、緑内障、網膜色素変性症、網膜剥離の最新治療』

加齢黄斑変性の西洋医学的な考え

加齢黄斑変性の原因

  1. 高血圧
  2.   
  3. 遺伝
  4.   
  5. 酸化
  6. ストレス
  7. 加齢
  8.   
  9. 喫煙

加齢黄斑変性の分類

  1. 乾性黄斑変性:黄斑の組織が細胞の消失とともに萎縮になっていく
  2. 湿性黄斑変性:網膜の下に異常な新生血管ができ、これらの血管から液体や血液が漏れる

加齢黄斑変性の症状

  1. 視界がゆがむ
  2.   
  3. 視力が低下する
  4.   
  5. 視野が部分的に見え辛くなる
  6.   
  7. 周りは正常だが、見ようとするものが見えない

加齢黄斑変性の検査

加齢黄斑変性の診断・程度判定・最適な治療を考えるうえで多くの検査が必要ですが、眼底検査と蛍光眼底造影検査の二つが特に重要です。

加齢黄斑変性の診断

乾性黄斑変性の場合、中心視力の低下が起こります。ものがぼやけて見えたり、細かい部分が見えなくなっていきます。
湿性黄斑変性では、急速に視力低下の進行する傾向があり、新生血管が出血した場合は特に、急激な視力低下が起こります。
 

加齢黄斑変性の予後

加齢黄斑変性の進行度や重症度には個人差があります。
湿性黄斑変性は新生血管が発育し、出血や滲出が起こります。やがて収まっても黄斑の組織の傷害は永久に残ります。

加齢黄斑変性ののなりやすい人

加齢黄斑変性は加齢による病気ですので、加齢に伴い増加し、70歳以上に多くみられます。
滲出型加齢黄斑変性は、男性に多くみられます。加齢黄斑変性の約20%は両眼性に発症し、高齢になるほど両眼性の人が多くなります。
喫煙と遺伝が関係あることがわかってきました。

加齢黄斑変性の西洋医学治療

加齢黄斑変性の西洋医学治療は、対症療法です。

加齢黄斑変性の生活注意点

  1. 過激なスポーツ
  2. たばこ、アルコールの飲み過ぎ
  3. ストレス過剰

黄斑変性症患者の質問

糖尿病網膜症・黄斑変性症・白内障患者SQ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
24年1月に眼底出血をし糖尿病網膜症・黄斑変性症・白内障といわれました。 改善の兆しが見えないの悩んでいます。 手術をせずに治したいのでどうすればいいか教えてください。よろしくお願いします。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は糖尿病網膜症・黄斑変性症と 白内障にはかなり有効です。 2か月前に、一人糖尿病網膜症・黄斑変性症患者が、当院で暫く鍼灸 治療を受け、歪視の症状がなくなり、視力も0.1から0.5まで上がりました。 手術をせずに治したいなら、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方も

患者様の返信:
黄斑変性症で大学病院で3年以上お世話になりましたが、なかなか治りませんでした。
そんなある日、インターネットで「中国鍼灸」さんのサイトに出会いました。
「黄斑変性症」について、他のどこよりも、詳しく又わかり易く解説されていました。「ここならば」と期待を込めて、通院することに決めました。
週に3〜4日間くらいのペースで約1月治療して頂いた結果、眼は完全に回復し、平常の生活に戻ることができました。
先生に出会えたおかげで黄斑変性症が治りました。本当に感謝しています。ありがとうございます。ぜひ、同 じ悩みをお持ちの方がいたら鍼治療をおすすめします。

黄斑変性症・複視患者Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
黄斑変性症で3か月に1度眼科に通っています。(6年前人間ドッグで色素上皮剥離を発見されてから)2年前から、複視を感じるようになり 、その話をしたところ、黄斑変性症が原因で、そちらを早く治すのが先だ」と言われました。しかし、わたしとしては、複視のほうが気にな るので、何とかしたいと思っています。複視は右端を基準に左へ水平線がずれ、最大20度くらい開きます。焦点を絞らずにぼっとしている と開きます。目をぱちくりすると、ずれが一時的に緩和されます。こんな症状ですが黄斑変性症のせいでしょうか。本当のことが知りたくメ ールしました。よろしくお願いします。

加齢性黄斑変性症患者Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
お忙しい中、早々のご返信誠にありがとうございます。この加齢性黄斑変性症は書かれたように治る病気なのでしょうか。病院では進行を抑えることしか出来ないと言われました。宜しくお願いいたします。
 

眼底の疾患と針灸治療

加齢黄斑変性 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 糖尿病網膜症 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 緑内障 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん