中国鍼灸院 東京・銀座

色覚異常

色覚異常の鍼灸治療(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

色覚異常について

色覚異常の原因|色覚異常【眼科疾患】

色覚異常とは、色の区別ができないか、困難な状態です。
網膜には色を感じる錐体という細胞があり、目に光が入るとこの錐体の視物質が応答し、その情報が網膜から視神経を伝わって大脳皮質の視覚中枢に運ばれ、色覚が起こるのです。その異常によって色覚異常が生じます。後天的なものは、網脈絡膜や視神経の疾患に伴って発現しますが、ほとんどがうまれつきのため一般的には先天色覚異常のことを指していいます。 錐体には、主に赤色を感じるL錐体、主に緑色を感じるM錐体、主に青色を感じるS錐体があり、それぞれの異常によって一型、二型、三型(非常に稀で数万人に1人程度とされています)の三つに分類されます。
色覚異常は、「色盲」と呼ばれていたこともあり、色が全くわからないと思っている人も多いようですが、これは間違いです。色の感じ方が正常と異なり、区別しにくい色がありますが、色がないとか色が全くわからないというわけではないのです。
日本人男性で5%、女性では0.2%といわれています。つまり男性は20人に1人で、女性は500人に1人の割合になりますので、決してまれなケースではありません。ちなみに、白人における発生頻度は8〜10%といわれているので、およそ10人に1人は先天赤緑色覚異常ということになりますね。
先天性の色覚異常は、色盲とも言われてきましたが、色盲という言葉は、色がまったくからない状態と誤解されやすいため、適切な言葉とはいえません。通常、先天性の色覚異常というと「先天赤緑色覚異常」をさしていますが、色の見え方や感じ方が、正常色覚者と違うだけで、全てが白黒で見えているということではありません。
色覚異常は、見るものが小さいときやちらっと見ただけのとき、暗いところなどで誤りやすく、注意深く見たときには間違えることが少ないため、どの色を誤りやすいか理解することが大切です。間違いやすさは色覚異常の種類や本人の自覚によって個人差があります。

色覚異常に対する当院の取り組み

当院の色覚異常の治療目的は、色覚異常患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと色覚異常の完全な回復までの時間を短縮することです。
色覚異常の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当院は色覚異常患者の期待に応えるため、25年間、色覚異常の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【眼底透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
鍼灸治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。
色覚異常の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当院の針灸治療で、多くの色覚異常の症状が消失しました。色覚異常患者さんの生活の質を高めるのに役に立っています。

色覚異常の鍼灸治療法

色覚異常の鍼灸治療症例と臨床経験

色覚異常の鍼灸治療症例 :色覚異常の患者、【眼底透穴針】取穴:光明、翳明、太陽、晴明、翳風、養老、合穀、光明、足三里。

色覚異常の鍼灸臨床経験 :当院では、多くの色覚異常患者の症状を回復、或いは改善してきました。今も多くの色覚異常患者が通っていらっしゃいます。色覚異常患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの色覚異常針灸治療では、色覚異常患者の生活の質と予後は比較的良好です。

色覚異常の鍼灸治療のメカリズム

色覚異常の原因|色覚異常【眼科疾患】

当院が独自開発した【眼底透穴針】治療法:
眼球の奥にある特殊なツポに一本の針を通し、微弱電流で刺激し、電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、網膜にある錐体細胞、視神経など眼球組織を健常化させます。
更に電気エネルギー信号は視神経を伝わり、後頭葉にある皮質視中枢に達し、視中枢の働きを活性化する仕組みです。

  1. 【眼底透穴針】を使い:特殊なツボにハリをうちます。
  2. ハリに微弱電流を流します。
  3. 外転神経が活性化します。
  4. 電気信号は網膜にある視細胞のところで、電気エネルギーに変えて、網膜にある錐体細胞、視神経など眼球組織を活発化させます。
  5. 電気エネルギー信号は視神経を伝わり、後頭葉にある皮質視中枢に達し、視中枢の働きを活性化します。

色覚異常治療の実際様子と流れ
色覚異常の原因|色覚異常【眼科疾患】

 1.当院が独自開発した【眼底透穴針】
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

色覚異常の西洋医学見地

色覚異常の分類

色覚異常には、先天色覚異常と後天色覚異常があります。先天色覚異常は遺伝による錐体視物質の異常でX連鎖性遺伝(伴性劣性遺伝)をし、日本人での頻度は男性の約5%、女性の0.2%です。それ以外の原因、たとえば目や脳内の病気などによる色覚障害を後天色覚異常といいます。

  1. 異常三色覚:赤・緑・青の3種の色光の混色により、すべての色光と等色できるが、それぞれの錐体に異常あるいは減弱があり、この錐体異常が赤錐体にあれば1型三色覚(旧称は赤色弱、第1色弱)、緑錐体にあれば2型三色覚、青錐体にあれば3型三色覚を呈する。異常三色覚は、通常と変わらない軽度のものから、二色覚に近いものまで、その範囲は広く存在している。異常三色覚は、異常三色型色覚ともよばれた。
  2. 一色覚:外界の事物を白黒写真のようにただ明暗と濃淡を感じる状態で、桿体一色覚と錐体一色覚がある。桿体一色覚は、視力が0.1以下で、明所でまぶしく、眼球振盪があり、錐体機能が欠け、桿体機能だけが存在する。緑(通常では黄)をもっとも明るく感じ、赤は暗く感じる。錐体一色覚は、錐体の機能をもち、一色覚でありながら視力は正常か正常に近いものが多く、まぶしさや眼振がない。
  3. 二色覚:網膜に存在する3錐体のうち、赤錐体の欠損したものを1型二色覚、緑錐体の欠損したものを2型二色覚、青錐体の欠損したものを3型二色覚(旧称は青黄色盲、青色盲、第3色盲)とよんでいる。1型二色覚は赤とその補色の青緑が灰色に見え、2型二色覚は緑とその補色の赤紫が灰色に見える。3型二色覚は赤と緑は感じるが、青と黄を灰色に感じる。

色覚異常の分類

  1. 後天色覚異常:網膜や視神経疾患によっておこるもので、先天性を除いたすべての色覚異常をさし、ヒステリーなどによっておこる心因性のものも含まれる。
  2. 先天色覚異常:一色覚(いちしきかく)(旧称は全色盲)、二色覚(にしきかく)(旧称は赤色盲、緑色盲、青黄色盲(せいおうしきもう)、青色盲)、異常三色覚に大別される。

色覚異常の原因

後天色覚異常は、目や脳内の病気などによる色覚障害で、先天色覚異常は、序y性では約0.2%、男性では約5%と男性に多く認められます。これはX染色体劣性遺伝の形式をとるからです。男性はX染色体とY染色体を一つずつ、女性はX染色体を二つ持っており、色覚異常の遺伝子はエックス染色体上にあります。

色覚異常の症状

色覚は、赤緑青の3種類の錐体の機能によりますが、そのなかのひとつのはたらきが、生まれつき悪いときと、ひとつが欠けている場合とに分けられます。 赤の要素の異常あるいは欠損のある場合は第1色覚異常、緑の要素の異常あるいは欠損のある場合は第2色覚異常といわれています。 先天性の色覚異常は進行することもなく、視力、視野などの機能には異常はありません。

色覚異常の検査と診断

色覚検査は、予後の判定や診断に役だつので臨床的検査として用いられます。
色覚検査表には石原色覚検査表や標準色覚検査表(SPP-1)などがあり、健康診断の際などのスクリーニングに広く用いられていますが、これらの表のみでは、色覚異常があるらしいことは判定できても、確定診断まではできません。診断を確定するためには、アノマロスコープという特殊な検査機器を用いなければなりませんが、この検査は熟練を要し、一般の眼科には備えてありません。色覚異常の程度判定にはパネルD-15が用いられ、生活上の支障や職業適性を大まかに判断するときに最も適した検査です。

色覚異常の西洋医学治療

色覚異常の西洋医学治療は、後天性のものでは原病の治療が第一で、通常は疾患の治癒とともに色覚も改善します。
後天的な色覚異常は疾患や障害によって二次的におこり、色覚異常の程度は症状の増悪や軽快に並行しています。 この異常は、しばしば種々の症状より先に現れ、疾患が治癒したと考えられる時期にも残っていて、完全に通常の状態に戻るまでにはかなり時間を要します。

色覚異常患者の質問

色覚異常HK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
二色覚の先天的色弱です。 赤色を味あわせてあげたいです。
相談ですが、何回の針治療で、改善し始めますでしょうか? 改善したら、元に戻ることはないでしょうか? また、針治療で副作用はないでしょうか? 土日の治療はできますでしょうか?
以上 ご回答のほど、よろしくお願いします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
改善したら、元に戻ることはありません。 針治療で副作用もありません。
何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと 分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。 土日の治療はできます。

患者様の返信:
色覚異常の治療で大変お世話になっております。
おかげさまで昨日病院で眼の色覚検査を受けたところ、赤色は回復することができました。 ありがとうございます。
色覚異常が治るかどうが不安で一杯でしたが、 先生の治療で、勇気づけられました。 来週お伺いしますので、どうぞよろしくお願いします。

色覚異常LA様 男性

[ 症状、ご相談内容 ] :
19歳の長男が強度の色覚異常のようです、近くの鍼灸師に行ってみたら、強度なので治療しても見込みがないと言われ、手の打ちようがあり ません。強度の異常でも可能性はありますか。正式な検査は受けていませんが、検査表の最初の24か26の数字しか見えません。
何か良い方法はありませんか?
よろしくお願いします。とりあえずメール下さい。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は色覚異常には、かなり 有効です。
最近、一人色覚異常患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 色覚がかなりもどりました。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
強度の異常でも可能性はあります。

患者様の返信:
早速ありがとうございました。
可能性があるとのこと、息子と相談します。
ただ、こちらは宮城県北部が住まいなので、治療に行くのが大変です。
どれ位の期間で治療したほうが良いか、また1階の治療費はいかほどになりましょうか。
あるいは、先生の関係で近くで治療を受けられる方法はないものでしょうか。
よろしくお願いします。

色弱患者ZS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
左右近視:0.05 及び乱視 ・色弱 ・境界脳波 があります。これらの症状を治したいのですが、可能性はありますか?
相談も含め、一度病院を訪問したいと思います。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:

色覚異常患者SD様

[ 症状、ご相談内容 ] :
先日、送らせていただきましたが、制限をしているため、受信できなかったかもしれません。 申し訳ありませんが、もう一つのアドレスに再度ご回答をお送り頂けないでしょうか?。
私は女性にはめずらしい色覚異常があります。
軽度だと思いますし、日常生活では不便を感じたことはありません。しかし、今までにつらい経験もたくさんしてきましたし、諦めたこともい っぱいあります。
今回、ネットで先生の治療を見つけました。
もし、改善できるのであれば是非ともお願いしたいと思います。
正常の人たちが見ている鮮やかな色を私も見てみたいです。
私は静岡に住んでおり、通えない距離ではありませんが、時間も交通費もかかります。
どのくらい通えば改善出来るのでしょうか? 今まで治療された方々の平均的な回数でかまいませんので、教えて下さい。

当院の返事:
頻度と何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かりませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。

患者様の返信:
色覚異常は治らないと諦めていましたが、もし改善できるのであれば是非ともお願いしたいと思います。 女性には少ない症状であり、今までつらいこともたくさんありました。 治療にはどのくらいの回数が必要でしょうか?
またどのくらいの間隔で通院しなければならないのでしょうか?

色覚異常患者ZC様 男性

[ 症状、ご相談内容 ] :
色覚には対応しているとのことでしたので、 22日に銀座の治療院を予約いたしました。

色覚異常患者A様

[ 症状、ご相談内容 ] :
学生時代に軽度の色覚異常と診断されたことがあり、希望職種就けませんでした。諦めきれずどうにか色弱が治せないか調べていた所、こちら を見つけましたが本当に治ることはあるのでしょうか?また、少しでも良い回復傾向になった場合にその状態は通院せずに長期間維持出来る のでしょうか? 実際にお伺いすることを真剣に検討しております。ご回答よろしくお願い致します。

色覚異常V様 男性

[ 症状、ご相談内容 ] :
色覚異常です。少しでも改善の見込みがあればと思いますが、強度でも改善例はありますでしょうか。

色覚異常患者XV様 男性

[ 症状、ご相談内容 ] :
色覚の向上の効果があるのところですが、事実なのでしょうか?以前、和同会というところで、電気の通電(良導絡治療)を試しましたが、効 果はありませんでした。 今更、治療といってもあまり意味が無さそうなのですが、少しでも効果が期待されるのならば、と思い問い合わさせて頂いております。 予約は、どのくらい前であれば、可能なのでしょうか?

色覚異常患者K様

[ 症状、ご相談内容 ] :
色覚異常です。生活に全く支障がないようですが、検査で数字が一つしか読めませんでした。鍼治療は全くやったことがないのですが、少しで も改善される可能性はありますか?WHOでやる価値はあると書いてあったので色覚異常が改善されなくても安全で視力がよくなったり何か 変化があれば治療をうけてみたいです。

網膜の疾患と針灸治療

加齢黄斑変性 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 糖尿病網膜症 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 眼球振盪(眼振) 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん