中国鍼灸グループ 東京・銀座
病気検索>難病>メニエール病

メニエール病

メニエール病  (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸グループに聞いてみよう

メニエール病について

メニエール病の原因|メニエール病【神経系疾患】

メニエール病とは、内耳の内リンパ水腫によって、激しいめまいと難聴、耳鳴りなどを引き起こす病気です。
めまいのなかで、メニエール病が原因疾患のはかなりいらっしゃいます 。メニエール病は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。一般に、片側の内耳の障害ですが、時には両側とも障害されることもあります。

メニエール病の鍼灸治療法

メニエール病の鍼灸治療症例と臨床経験

メニエール病の鍼灸治療症例 :メニエール病の原因治療が必要です。メニエール病患者50名、取穴:合穀、内関、足三里、三陰交、中脘、中極、翳風、百会、上星、人中、合穀。低周波で、針体から微電流を50分ほど流し続けます。

メニエール病の鍼灸治療臨床経験 :病気が完成しないうちに、早期の診断と治療を始めることによってメニエール病の進行をくい止め、または治癒させることができます。しかし、病気が完成してしまい、めまいと難聴の悪化と軽快を繰り返しているうちに、身体の平衡の乱れや難聴が進行し不可逆性になってしまいます。

メニエール病の鍼灸治療症例

メニエール病の鍼灸治療のメカリズム

突発性難聴の原因|突発性難聴【神経疾患】

当院独自開発した【耳透穴針】治療法:耳にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、内耳や聴中枢などの働きを改善する仕組みです。
1.【耳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.耳動脈の血流量が増え、神経への血流供給が増え、損傷した耳の神経組織を修復します。
4.内耳の内リンパの流れを健常化します。
5.内耳の水腫を解除します。

【突発性難聴治療の実際様子と流れ】

メニエール病治療の実際様子と流れ

眩暈の原因|眩暈【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸グループの新聞の紹介記事

眩暈の原因|眩暈【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
眩暈の原因|眩暈【神経疾患】

メニエール病と西洋医学

メニエール病の原因

メニエール病は内耳の内リンパ水腫に落ちる状態ですが、はっきりした原因がまた解明されていません。

メニエール病の症状

  1. めまい:誘因もなく突然、回転性めまい
  2. 耳鳴り、閉塞感と難聴
  3. 吐き気、嘔吐、冷や汗、動悸など

メニエール病の検査

      
  1. 平衡機能検査
  2. 聴力検査
  3. 画像検査

メニエール病の診断

メニエール病に特徴的な難聴があります。問診と観察によって、めまいの特徴を正確にとらえることがメニエール病診断上最も重要です。

メニエール病の西洋医学治療

めまいの治療は、その原因となった病気に応じて進められますが、一般にめまい発作、吐き気、嘔吐などを抑える急性期の治療と、めまいの原因を治す間欠期の治療に分かれます。

メニエール病の生活注意点

めまいの患者さんに共通してすすめられる日常生活上の注意点は:

  1. ストレスを避ける工夫、適度の運動や趣味などによる気分転換
  2. 睡眠と休息を十分にとること
  3. 禁煙

メニエール病患者の質問

メニエール病患者H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
メニエール症候群だといわれています。 医者の話でストレスも大きが原因という話があったので現在は仕事もやめています、又、有酸素運動など体質改善に努めています。 何とか聴力が戻るよう努力をし頑張ります。よろしくお願いします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治ったメニエール病の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返事:
先生のおかげで治療前よりもかなり改善している感じがあります。
今では眩暈と難聴はありません。
これで、治療を終了しても大丈夫ですか。

メニエール病患者N様

[ 症状、ご相談内容 ] :
耳鳴り難聴に大変苦しんでおります、時折めまい、嘔吐などもあります現在耳鼻咽喉科に通院中、いろいろありまして大きなストレスからとの ことメニエ-ル病に近い 症状,たまに左顔面目にピクツキ,ほほあたりの 違和感唇左半分のシビレ感、食事をしていると左目が ひきつれます。 以上です。 よろしくご指導お願いいたします。
 

メニエール病患者P様

[ 症状、ご相談内容 ] :
3ヶ月前から耳鳴りが左耳にあった。ただ数秒できえた。日に数回程度だったが、8月3日より日の半分くらい鳴るようになる。音はキー ンという高温で音量は低めだと思う。 8月5日に耳鼻咽喉科に行く。 難聴検査と重心検査と骨振動?と目隠しして頭を振る検査等を行う 。( 私は左耳に難聴(人間ドックの一番高い音)を持っている。生活に支障は全くないが、会社の検査で分かり20代の時からずっと続い ている。) 結果難聴検査は従来通り左耳高音のみ聞こえない状態だった。 診断結果は、メニエール病とのこと。 以前5月17日に朝寝 坊して飛び起きてしまい。(寝起きはふら付くのでいつもは徐々に起きるようにしている)何度か左に傾き 眩暈(回転性ではなく ふらふ らのふら程度)と吐き気にがあり、脳外科を受信した。MRI検査と重心検査と血液検査等を行い結果、脳に異常は全くないしメニエール病 でもない。強いてあげるなら自律神経からくる脳貧血とのこと。首に原因があると言っていた。 耳鼻咽喉科で薬をもらい飲んでいたが、副 作用がひどく2日で止めた。短期間なので効果はわからないが、症状の変化は見られなかった。 仕事はデスクワークでずっと机に座りパソ コンを打っている。姿勢はかなり猫背。ストレス悩み事はいっぱい。常に背中・肩・首に力を入れている。気づくと肩が上に吊り上り、その 際あまり息もしていない。 あと、顎関節症?(左顎付け根からグニョとごはんを食べる際音がする。半年くらい前に気づいた。) こんな 状態が2週間と4日続いています。 現在は慣れたのか音が小さくなった様な気もします。ただ一回の鳴り方が長くなったようにも感じます 。 あと、楽しい事をするときと集中するときは鳴らなくなるパターンもあります。 こんな状態ですが、治療は可能でしょうか?よろしく お願い致します。

蝸牛型メニエール病患者KJ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
遅発性内リンパ水腫、蝸牛型メニエールということです、時々軽いめまいがありますがひどくはありません。左側の難聴 のときもメニエール症候群だといわれています。

三半規管メニエール病患者K様

[ 症状、ご相談内容 ] :
耳の三半規管が悪くメニエル病。と眩暈と、血流良くする薬を処方、それでも悪かったら首の検査をしましょうとの事。23日は祭日で、 ものが二重に見える、頭を傾けると少し良いと。24日受診し、大きな病院へとそこでMRI検査→異常なし、経過を見てくださいと帰宅。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん