中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>神経系疾患>過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

過敏性腸症候群のについて

過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経系疾患】

過敏性腸症候群とは、消化管全体の運動性障害により腹痛、便秘あるいは下痢が起こる病気です。
過敏性腸症候群が起こると、消化管がさまざまな刺激に対して非常に敏感になります。ストレス、食事、薬、ホルモン類、その他のわずかな刺激が消化管の異常な収縮を起こし、通常は下痢になります。下痢と下痢の間に便秘が起こることもあります。過敏性腸症候群発作が起きている間は、消化管の収縮は強まり、より頻回に起こり、食品や便が大腸を急激に通過するので下痢が起こります。けいれん痛は大腸の強い収縮と、伸張と圧力に対する大腸上受容体の感受性の亢進する結果として起こります。
過敏性腸症候群は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気です。検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで過敏性大腸症候群と呼ばれていたが、最近では大腸だけではなく小腸にも関係することなどから過敏性腸症候群と呼ばれます。
過敏性腸症候群は高カロリー食と高脂肪食が原因となっている場合もあります。小麦、乳製品、コーヒー、紅茶、かんきつ類などが過敏性腸症候群症状を悪化させることがありますが、これらの食品が実際の過敏性腸症候群原因となっているかどうかは不明です。急いで食べたり、長い間何も食べなかった後に食事をすると、過敏性腸症候群の発作が起こります。
大腸の腸管運動は自律神経がコントロールしています。自律神経には腸管運動を抑制する交感神経と促進する副交感神経があり、両方でバランスをとっています。その自律神経の中枢は脳の視床下部にあります。視床下部は大脳辺緑系に近い場所に位置し、互いに影響し合っています。この大脳辺緑系は怒りや不安、意欲などの情動を管理する中枢です。極度の緊張や不安などのストレスを感じると、大脳辺緑系から視床下部、自律神経に緊張が伝わります。これに伴い、大腸では腸管運動を促進する副交感神経が過度に緊張し、大腸のけいれんとなって現れます。大腸全体が細かくけいれんすると、胃結腸反射による蠕動が起こり、糞便は少量ずつ腸管を急速に移動します。水分は十分に吸収されず、水のような便や泥状の下痢便となるわけです。便秘の場合は、けいれんが大腸全体で均等に起こらないときに生じます。大腸の始まりの上行結腸より直腸に近いS状結腸のけいれんが強いと、便はスムーズに出なくなります。いわば、チューブを出口近くで絞ったようなものです。そうなると大腸全体の糞便の移動は遅くなり、それだけ水分は吸収されて硬くなり出にくくなります。

過敏性腸症候群に対する当院の取り組み

原因|【神経疾患】

当院の過敏性腸症候群の治療目的は、過敏性腸症候群患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと過敏性腸症候群の完全な回復までの時間を短縮することです。
過敏性腸症候群の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当院は過敏性腸症候群患者の期待に応えるため、25年間、過敏性腸症候群の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の頭部電気針灸治療法【脳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。鍼灸治療を受けた過敏性腸症候群の患者さん510名を統計しましたところ、健常化したのは350名でした。
過敏性腸症候群の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当院の針灸治療で、過敏性腸症候群患者の多くは下痢、腹痛の症状がなくなり、下痢や痛みの苦痛から解放されました。

過敏性腸症候群の鍼灸治療法

過敏性腸症候群の鍼灸治療症例と臨床経験

過敏性腸症候群の鍼灸治療臨床経験:過敏性腸症候群患者510名、【脳透穴針】:中極、、人中、足三里、下関、頬車、地倉、合穀、気海、内関、百会、三陰交、太沖。

過敏性腸症候群の鍼灸治療臨床経験:当院では、多くの過敏性腸症候群患者の症状を回復させてきました。今も多くの過敏性腸症候群患者が通っていらっしゃいます。過敏性腸症候群患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸治療を行っています。針灸治療では、過敏性腸症候群患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の過敏性腸症候群患者は普通の生活に戻ることが可能になりました。
過敏性腸症候群の鍼灸治療は、自律神経の伝達物質の働きをよくしますので、症状の改善のみならず、根本的な治療が多いです。過敏性腸症候群の症状は精神的なストレス、生活の乱れによって引き起こされることが多いため、症状を改善するにはこれらの要因を解消することが基本です。

過敏性腸症候群の鍼灸治療症例

太田さん、28才、男性、江戸川区在住。ストレスで、2年前から、出勤前の朝が大変で、排便が1回で済むことが少なく、大抵3回以上排便するようになりました。便意を感じても便が出ない空振りも多いです。通勤電車の中でも、駅ごとにトイレに行く場合さえあります。トイレにいけない状況を怖れて、停車駅間の時間が長い急行や快速を避けるようになります。会社同僚の紹介で、当院で、鍼灸治療を受けから、下痢が止まって、食生活と運動も取り入れて、今はまったく症状が出なくなりました。

過敏性腸症候群の鍼灸治療のメカリズム

過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ脳組織と機能を改善する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳の働きを活発化させます。
5.脳の運動エリア、感覚エリアと黒質の働きが活発になって、被殻、尾状核、小脳や脊髄の神経細胞が活性化されます。
6.自律神経バランスを正常化し、大腸の運動および分泌機能を健常化します。

過敏性腸症候群治療の実際様子と流れ

過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
過敏性腸症候群の原因|過敏性腸症候群【神経疾患】

過敏性腸症候群と西洋医学

過敏性腸症候群の分類

  1. 不安定型過敏性腸症候:腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れる過敏性腸症候群。不安定型過敏性腸症候群は腹痛、腹部の不快な感じがあり、下痢が数日続いた後、便秘が数日間持続するといった状態を繰り返す。交代性便通異常とも呼ばれ、おなかが張って苦しく、トイレに行きたいが出ないという厄介な便秘です。
  2. 慢性下痢型過敏性腸症候:少しでもストレスや不安を感じると下痢を引き起こす。神経性下痢とも呼ばれます。ちょっと神経を使ってもすぐトイレに行きたくなり、軟便 や水様便になるので神経性下痢とも呼ばれています。下痢は長期間にわたって起こりやすく、重症の人はいつどこで便意を催すかもわからないので、トイレのついていない快速電車には不安で乗れないし、会社に出勤する途中でも数回、トイレに行かなければならないという人もいます。休日など家でのんびりしているときは、排便も正常に戻っていることが多く、また下痢をするにもかかわらず、栄養が衰えないで、やせてこない人もいます。
  3. 分泌型過敏性腸症候:強い腹痛の後、大量の粘液が排泄される過敏性腸症候群。
  4. ガス型過敏性腸症候:過剰なストレスによっておなかにガスがたまる過敏性腸症候群。

過敏性腸症候群の原因

  1. 自律神経に異常による過敏性腸症候
  2. 精神的不安や過度の緊張などストレスによる過敏性腸症候:もともと神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合があります。脳は消化管をコントロールしています。ストレス、不安、抑うつ、恐怖、そして強い感情は事実上何でも、下痢、便秘、その他の腸の機能に変化を起こし、また過敏性腸症候群の症状を悪化させます。
  3. 薬物による過敏性腸症候

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状は主に便通の異常です。過敏性腸症候群症状の現れ方によって、不安定型過敏性腸症候、慢性下痢型過敏性腸症候、分泌型過敏性腸症候、ガス型過敏性腸症候の4つに分けられます。排便により、しばらくは過敏性腸症候の症状が軽快するが、またぶり返します。

  1. 下痢:食事がきっかけとなり、しばしば速く食べすぎたり、多く食べすぎたりすることで起こります。食後数分で痛みを伴って下痢が起こります。この下痢は突然に始まり非常に強い便意をもたらします。ときにはコントロールできず、トイレに行くのが間に合わないほどです。寝ている間に下痢が起こることはまれです。
  2. 腹痛:痛みは持続する鈍痛あるいはけいれん痛の発作として現れ、下腹部に起こります。腹部膨満、ガス、吐き気、頭痛、疲労感、抑うつ、不安感、集中力の欠如などもみられます。排便するとしばしば痛みが和らぎます。ストレスがあると症状が悪化します。
  3. 便秘:便秘と下痢が交互に起こることもあります。便中には頻繁に粘液がみられます。 過敏性腸症候群は女性の方が男性の3倍多く起こります。
    過敏性腸症候群の他に便秘が主症状の便秘型過敏性腸症候群、ガスが多くなるガス型過敏性腸症候群などがあり、それぞれの型で重複や移行がしばしば認められます。便意と共に動悸や息切れなどの不安症状を呈する場合はパニック障害との鑑別が必要になりますし、パニック障害を合併する過敏性腸症候群も認めます。

過敏性腸症候群の検査

  1. 血液検査
  2. 便検査
  3. S状結腸鏡検査
  4. 腹部超音波検査
  5. X線検査

過敏性腸症候群の場合、すべての検査は何の異常も見られません。

過敏性腸症候群の診断

過敏性腸症候群の診断基準として、1982年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)が発表した過敏性腸症候群の診断基準:年に6回以上下痢や便秘などの便通異常が起きて、しかも1回が3週間以上続き、その際腹痛を伴いますが、排便する。
過敏性腸症候群と診断されるのは、さまざまな検査をしてほかの病気ではない場合に限ります。
腹痛の程度や痛む場所は一定しませんが、左下腹部か右上腹部が、キューンと絞られるように、あるいはシクシクと痛む場合が多いです。下痢型では、あまり腹痛がない症例もあります。
過敏性腸症候群の診断はまず、このような症状を引き起こすような器質的変化がないことを確かめなければいけません。それには胃透視・注腸検査・胃・大腸内視鏡・腹部超音波検査・腹部CT検査などを行います。これらの検査で異常がなければ特徴的な症状(腹痛、便通異常など)を確認し、要因となる自律神経失調症や精神神経症状の有無、精神的ストレスの関与を問診などで確認して診断します。注腸検査や大腸内視鏡検査で大腸の働きが活発化していることを確かめる場合もあります。他に大腸の内部の圧を測定したり、性格・心理テストを行って診断の決め手とすることもあります。

過敏性腸症候群の生活注意点

  1. 精神的なストレスを解消すること。
  2. 便意があってもなくても必ず毎朝トイレに行き、便通が習慣になるように気をつける。
  3. 暴飲暴食、喫煙、アルコールの飲みすぎを避け、食生活の改善や生活習慣の改善など。
  4. ビタミンとミネラルの摂取、腸の働きを良くするには食物繊維が必要。
  5. 運動を身につける。
  6. 十分な睡眠と休養をとる。

過敏性腸症候群の西洋医学治療

過敏性腸症候群に対する西洋医学の治療はまた有効な方法がありません。便通の異常に対して止痢薬や緩下剤、あるいは吸水性高分子ポリマー(ポリフル)、痛みに対して鎮痙(ちんけい)薬、ストレスに対して抗うつ薬や抗不安薬などの薬剤を使います。
自律訓練は心療内科で指導しますが、心療内科以外の医師でもこの指導ができる人は少なくありません。自律訓練に関する書物を見て、自分で試してみるのもよいでしょう。

過敏性腸症候群の予防

過敏性腸症候群の予防のポイントは規則正しい食事と排便習慣をつけることです。んて体に悪い仕事でしょう。また、過敏性腸症候群の原因のうち最も問題なのは緊張感やストレスです。それらを発散させる方法として週に3回運動しましょう。

過敏性腸症候群の経過

過敏性腸症候群の患者さんの多くは長期間に症状が変わらないです。過敏性腸症候群の対症療法で一旦症状は軽くなりますが、また近い将来同じことが起こってくる可能性が非常に高い病気といえます。したがって、緊張感やストレスをなくすことは何よりの治療法です。

過敏性腸症候群患者の質問

過敏性腸症候群CX様

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年ほど前から、お腹の調子が悪くなってしまいました。 その時は下痢が続いて(1日1回)たまに便秘になったりしました。 何件か病院に行き、整腸剤を貰いましたが、あまり効かなかったので今は漢方の病院に通って、60番と23番を処方してもらって飲んでいま す。 以前よりは楽になったのですが、軟便が続いたり、便秘が続いたり、すぐにお腹にガスが溜まって痛い時があります。ボコボコ音がして、そう いう時は決まって次の日は軟便になるような気がします。逆に便秘気味の時の方がお腹が痛くなったりガスが溜まったりしません。お腹が悪く なってから体温も低くなってしまいました。調子が悪い時はお腹をさわると冷たいです。自分でもいろいろ調べて過敏性腸症候群かなと思いま したが、ストレスをとても感じているわけではありません。慢性腸炎でしょうか?原因が分からなくて困っています。食べ物を気をつけた方 がいいでしょうか。

当院の返事:
過敏性腸症候群のようですが、出来れば、一度診察に来られ でください。 最近、一人過敏性腸症候群患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 腸の症状がなくなりました。 食べ物は消化しやすいものがいいです。

患者様の返信:
今日もありがとうございました。 今日で7回めの治療となりました。
下痢と便秘は、おかげさまで治りました。
相談ですが2月1日午前の治療で最後に出来たらと思いメール致しました。あとは様子を見たいと思いますがいかがなものでしょうか。

過敏性腸症候群C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
娘が過敏性腸症候群と診断を受け、1年以上の治療を受けていますが改善しません。 悪化するばかりで、ついには登校出来なくなりました。 腹痛、下痢、便秘、ゲップ、ガスなど、様々な症状に苦しみ日中は寝て過ごしています。 こんな症状で、15歳の子でも治療は可能でしょうか?

過敏性腸症候群DL様

[ 症状、ご相談内容 ] :
中学2年の頃から過敏性腸症候群と診断されいろいろな病院や整体で診てもらいましたが、運動が足りないとか心因性なのでと安定剤や整腸剤 を処方されましたが、治る見込みもなく7年たってしまいました。安定剤は怖いので半年ぐらい飲みましたが、今は飲んでいません。 学業も何とか終了させましたが、ほとんど学校にも行けませんでした。本人は気持ちを切り替えてまずはアルバイトで体を動かせばなんとかな るのでは、と面接を受けようと努力していますが、緊張や不安があると腹痛になってしまうため動くことができず、家でゴロゴロする羽目に なります。痛みがあると動くこともできず、何もしなくてもいい夜になると比較的楽になるようです。 いろいろ考えましたが、低学年の小児にある反復性臍疝痛の症状がぴったりなのです。もう22歳なので何も考えずにストレスをとってやる。 というには、自分で勝手にプレッシャーを与えてしまうので、どうにもなりません。日頃は便が出ると楽になるようですが、面接や何かプレッ シャーを与えるようなイベントがあると、便が出ても腹痛は収まらないようです。 本人は、仕事に就いて自立したいと考えているのに体がついてこないのです。痛みを軽減させてやりたいのです。何とかなりますか?よろしく お願いします。

過敏性腸症候群S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過敏性腸症候群と診断され、漢方薬(煎じ薬)を飲み始めて1年になります。 朝もなかなか起きられず、起きると頭痛、腹痛、吐き気に襲われ、食べると下痢の毎日です。食欲はあり、夕方は比較的元気です。 本人が鍼治療を頑なに受けたがらなくて困っております。

過敏性腸症候群SM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過敏性腸症候群のこじれで便通が悪く特に便秘になやんでいます。このような悩みに解決策はございますか。

過敏性腸炎M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年前に虫垂炎手術を行い、昨年9月は過敏性腸炎で入院しました。なかなか難しいですが、宜しくお願いします。。

過敏性腸症候群の治療相談

過敏性腸症候群C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
過敏性症候群のガス型に悩んでいます 今でも完治されておりません。症状は主にガス、お腹のはり、便などです。病院もいくつか通いつめていましたが全く改善されておらず、大学 も正直行きたくないですこれが今の現状と症状です。 また、鍼治療を行った際に保険がきくと書いてありましたが、保険使うとしたら鍼治療一回おいくらですか?

自律神経障害の鍼灸治療

自律神経失調症 めまい 不眠症  パニック障害  バーンアウト症候群  うつ病   心身症  過敏性腸症候群 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん