中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>難病>慢性関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチ の最新治療法

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

関節リウマチについて

関節リウマチの原因|関節リウマチ【神経疾患】

関節リウマチとは、自己免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる炎症性自己免疫疾患です。関節リウマチ(RA)はしばしば血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも障害が及びます。
リウマチは、リウマチという1つの病気ではなく、関節や骨、筋肉、靭帯、腱などが痛む病気のことをリウマチと呼びます。そのため、リウマチの種類は200種類以上あるといわれています。また、リウマチの種類によって作用機構がそれぞれ異なっています。リウマチの代表的なものでは関節リウマチがありますが、その他にも例えば痛風、リウマチ熱、膠原病なども有名です
 関節リウマチは全身の炎症性疾患ですが、関節炎が主な症状です。その原因は異常な免疫によるものです。サイトカインという物質を分泌して免疫において重要な働きをしているリンパ球が異常な働きをする結果、異常な抗体が出現して自己の関節の組織に結合して関節炎を引き起こします。
  関節リウマチは女性に多い疾患です。発症は30歳代から40歳代が最も多いのです。多くはよくなったり悪くなったりを繰り返しながら次第に関節変形などが進んでいきます。まれに非常に速く進行する例もあります。

関節リウマチに対する当院の取り組み

関節リウマチの原因|関節リウマチ【神経疾患】

当鍼灸院の関節リウマチの治療目的は、関節リウマチ患者にできるかぎりの回復の機会を提供することと関節リウマチの完全な回復までの時間を短縮することです。
関節リウマチの治療は、西洋医学以外に東洋医学の針灸治療が効果的です。
当鍼灸院の治療方法は関節リウマチの頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして関節炎の回復で、関節リウマチ患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。
関節リウマチは、【関節透穴針】で治療によって、全身関節の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の70%は経過がよいと考えられます。

関節リウマチの鍼灸治療法

関節リウマチの鍼灸治療症例と臨床経験

関節リウマチの鍼灸治療 : 【関節透穴針】

関節リウマチの鍼灸治療臨床経験 :悪性リウマチも関節リウマチも、鍼灸治療を受けた後、痛みとこわばりの改善は早い段階で得られます。関節リウマチは、かなり高い確率で血液検査も正常になります。

関節リウマチの鍼灸治療のメカリズム

関節リウマチの原因|関節リウマチ【神経疾患】

当院独自開発した【関節透穴針】治療法:関節部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、自己免疫と関節組織を健常化する仕組みです。
1.【関節透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.関節部の血流量が増え、損傷した関節滑膜を修復します。
4.電気刺激によって善玉の免疫細胞が活性化されます。
5.異常免疫が抑えられます。

【関節リウマチ治療の実際様子と流れ】
関節リウマチの原因|関節リウマチ【神経疾患】

1.当院独自開発した【関節透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に
生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

関節リウマチの原因|関節リウマチ【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
関節リウマチの原因|関節リウマチ【神経疾患】

関節リウマチ患者の声 村井様 女性

御蔭様でリウマチが治って、2年経ち、今は元気に働いでおります。
5年前。右手の人差し指の付け根からいきなり痛み始め、いつしか手首から肩、足首まで全身に痛みが広がった。血液検査でリウマチと診断され、痛み止めや免疫抑制剤、ステロイドを服用したが、痛みは悪化するばかり。正座ができなくなり、寝起きが特にきつくて毎晩座薬を使っていた。
新聞で中国鍼灸院のことを知り、鍼灸治療を受けました。
2ヶ月治療を受けた後、痛みがなくなり、薬を止めて、血液検査では、リウマチ因子がマイナスとなり、crp0.25になりました。
関節リウマチが治るとは思いませんでした。本当にありがとうございます。

関節リウマチの原因

関節リウマチの原因は患者さんの免疫系に異常があることはよく知られています。このため遺伝子の何らかの異常か、感染したウイルスや細菌の影響か、あるいはこの両方の組み合わせによって起こるのではないかと考えられています。この免疫系が異常に活動する結果として、関節の毛細血管が増加し血管内から関節滑膜(かつまく)組織にリンパ球、マクロファージなどの白血球がでてきます。このリンパ球やマクロファージが産生するサイトカイン(TNFα、IL-6など)と呼ばれる物質の作用により関節内に炎症反応がひきおこされ、関節の内面を覆っている滑膜細胞の増殖が起こり、痛みや腫れを起こし、関節液が増加し、軟骨・骨の破壊が進んでいきます。

関節リウマチの分類

関節リウマチの分類基準

  1. 朝のこわばり(一時間以上持続する)
  2. 多関節炎(少なくとも3領域以上の関節の腫れ)
  3. 手の関節の腫れ
  4. 対称性の関節の腫れ
  5. リウマチ結節
  6. リウマトイド因子(リウマチ因子)陽性
  7. レントゲン検査で典型的な関節所見

以上7項目のうち4項目以上を満たせば関節リウマチと診断される。
近年、強力な抗リウマチ薬(特に抗サイトカイン療法)の登場によって、超早期の診断基準の確立が検討されている。

関節リウマチの程度分類

リウマチは、関節の障害が日常生活をいとなむうえに及ぼす影響によって4つの段階(クラス)に分けられます。

  1. クラスⅠ:関節リウマチの関節の障害が日常生活を営む上に及ぼす影響は健康人と同様。
  2. クラス Ⅱ:少数の関節の運動制限があってもふつうの活動ができる。
  3. クラス Ⅲ:ふつうの作業や身のまわりの用を足しにくくなった。
  4. クラスⅣ:寝たきりか、または車椅子を利用しなければならなくなった。

関節リウマチの関節破壊の程度を客観的に判断するために関節のX線写真を参考にして、4つの病期(ステージ)に分けます。

  1. クラスⅠ:X線で関節の変化のみとめられない。
  2. クラス Ⅱ:関節と関節の間隙が狭くなっている。
  3. クラス Ⅲ:骨のびらんがみとめられる。
  4. クラスⅣ:関節が強直した像を呈する。

関節リウマチのすべての例がクラス4の高度の身体障害にまで進んでしまうわけではなく、治療により関節症状の進行のとまることも少なくありません。15歳以下の関節リウマチは、特に、“若年性関節リウマチ”と呼ばれ、その発病が急で、強い全身症状を伴います。

関節リウマチの症状

  1. 関節炎
    関節炎という言葉がわかりやすいので用いたが、実際に関節リウマチ患者におこるのは、関節の中でも特に滑膜がおかされる「滑膜炎」です。関節に炎症が起きてリウマチとなると、関節が破壊されて脱臼などの症状が引き起こされます。例えば、手の握力が低下する、正座が上手くできない、屈伸がちゃんとできない、肘が十分伸びない、首が回らないなどが挙げられます。関節炎の初期には「朝のこわばり」と呼ばれる症状が出現します。朝起きてから、手をにぎることが困難であり、文字通りこわばっています。こわばりは、1時間以上も続くこわばりであれば関節リウマチまたは他のリウマチ性疾患の可能性が高いです。昼頃にはたいてい改善します。関節リウマチ患者には女性が多いため、朝食の準備ができなくなるなど生活に支障を来します。男性の場合、シャツの釦を留められない日もあります。また、関節炎症状の持続時間は関節リウマチそのものの活動性と関連しています。すなわち1時間続く(朝のこわばり)より2時間続く(朝のこわばり)の患者の方が、関節リウマチが今まさに関節を破壊する強さが強い可能性があります。夜にもこわばりがあるというが関節リウマチとの因果関係は不明です。
    関節リウマチを罹りますと次第に、関節痛がおこるようになります。関節リウマチと初期には手の指の関節(特に近位指節間関節)、また足の指の関節がおかされます。次第に手首、肘、膝など体の中心に近い大きな関節の痛みを感じるようになります。関節痛は、手を動かすなど活動すると増強します。そのため、強い関節炎があるとき、患者は自然とその関節を動かさないようにする傾向があります。このような典型的な関節炎の症状のほか、関節リウマチは慢性に続く炎症であるため、全身倦怠感や易疲労感を感じます。
    関節リウマチと関節炎が進行すると、関節そのものが変性します。関節にある滑膜細胞の増殖、軟骨の破壊と骨にはびらんが生じます。最終的には関節という構造物が破壊し尽くされ、骨と骨が直接接した強直という状態になります。こうなるともはや関節を動かすことは出来ないです。そのかわり、炎症も終息し痛みは感じないです。
    関節リウマチで指の骨が強直すると、最終的にスワンネック変形あるいはボタン穴変形といわれる典型的な関節リウマチ患者の手の形を呈します。尺側偏位もリウマチ患者によく見られる指が全て外側(尺骨側)を向く変形ですが、これは関節の脱臼が原因です。
    また、筋肉と骨とをつなぐ腱の周囲に炎症がおよぶなどして腱断裂が生じることがあります。これは突然発症し、無痛性です。腱が無くなれば、まさにそれに連続する筋肉を動かすことが出来なくなります。
    手足の関節の他では、胸・腰の背骨はおかされないが首の背骨はおかされやすい。頚部痛を生じますか、または頚椎が亜脱臼し脊髄損傷を来します。
  2. 眼の症状
    関節リウマチ患者にはシェーグレン症候群が合併しやすく、乾燥性角結膜炎によるドライアイもよく見られます。目の内側にリウマトイド結節が生じることもあります。(関節リウマチ患者の20%程度がシェーグレン症候群を合併する)。上強膜炎、強膜炎は見られることがあります。強膜炎を発症している場合は通常その他の関節外症状も合併していることが多く、血管炎の一症状である可能性があり、悪性関節リウマチの可能性があります。
  3. 呼吸器の症状
    間質性肺炎、気道病変、胸膜病変、リウマチ結節、血管病変、睡眠時無呼吸症候群(顎関節病変、輪状披裂関節病変)などを合併することがある。その病型は様々ですが、原因としては関節リウマチそのものによる合併症、感染症、治療薬による副作用などがあります。
  4. 心臓の症状
    心臓超音波検査を行うと心嚢液の貯留を認めますが、これは関節リウマチによる心膜炎の所見です。心臓にリウマトイド結節を生じることもあります。
  5. 消化管の症状
    関節リウマチ自体は消化管をおかさないが、慢性の炎症によりAAアミロイドーシスが生じることがあります。また、リウマトイド血管炎による虚血性腸炎はおこる可能性はあります。
  6. 腎臓の症状
    関節リウマチ自体は腎臓をおかさないが、合併するシェーグレン症候群、ステロイドおよび非ステロイド系抗炎症鎮痛薬による間質性腎炎や金製剤・d-ペニシラミンによる糸球体病変(膜性腎症が多い)があります。
  7. 神経の症状
    関節リウマチに伴い血管炎が生ずれば、それに伴い多発単神経炎がおこることがあります。
  8. 皮膚の症状
    圧力のかかる部位にリウマチ結節とよばれる病変がみられることがあります。皮下出血などもみられます。
  9. 血液の症状
    関節リウマチ重症の患者においては、脾腫、白血球(好中球のみ)減少をきたしフェルティ症候群と呼ばれる病態を呈することがあります。
  10.     

関節リウマチの関節外症状

関節リウマチの関節外症状として

  1. 胸膜炎、肺線維症
  2. 虹彩毛様体炎 の眼症状
  3. 皮下結節
  4. アミロイドという異常たんぱく質が消化管壁や腎臓にたまる
  5. 手根管症候群
  6. 血管の炎症による指先の潰瘍や心嚢炎(血管炎を伴う慢性関節リウマチを特に悪性関節リウマチと呼びます)。

関節リウマチ検査

  1. 血液検査:白血球増加、血小板増加、等の炎症所見が見られ、中でも特にC反応性蛋白(CRP)上昇、赤血球沈降速度亢進は活動性の指標となります。リウマトイド因子(リウマチ因子、RAテスト,RAHA,RAPA)は陽性であることがほとんどだが、関節リウマチがなくても陽性となるし、だれでも高齢となるにつれて陽性の頻度は高くなるからこれをもって診断を確定することは出来ないです。また、活動性とは関連しないから経時的に測定することに意味はないです。リウマトイド因子高値自体は重症の関節リウマチであることを示唆すると一般に言われているが、証明されたわけではないです。より確実に診断につながる抗CCP抗体が、欧米ではリウマトイド因子と組み合わせて用いられており、CA-RF(抗ガラクトース欠損IgG抗体)、IgG型リウマチ因子などもよく用いられています。関節破壊の指標としてMMP-3が用いられます。
  2. 画像診断:滑膜、軟骨の描出でMRIに劣り、あまり用いられない。

関節リウマチの診断

アメリカリウマチ学会(ARA、現在はACRと略す)の分類基準が、現在、関節リウマチの診断法として世界で一般的に使われています。         早期診断基準では、全身性エリテマトーデス・混合性結合組織病・ベーチェット病・乾癬性関節炎・強直性脊椎炎などの関節炎を起こす疾患を除外せねばならないです。

関節リウマチ(RA)の関節変形

リウマチが進行していくと、関節に炎症が起きるだけではなく関節が変形していきます。関節が変形する原因は、関節が破壊の破壊、筋肉の萎縮、腱の断裂や位置異常が起こるためです。

  1. 手の変形:親指のZ型変形、尺側偏位(指が外側に変形する)、ボタン穴変形(手前の指関節が曲がる)、スワンネック(手前の指関節が伸びきる)
  2. 手首の変形:リウマチによる手首の変形は亜脱臼した結果、手が落ち込んで見えるような形となります。
  3. 肘の変形:肘の場合は、リウマチで肘関節が屈曲し、肘を伸ばすことができなくなります。

他の関節リウマチ

悪性関節リウマチ(MRA)

悪性関節リウマチ(MRA)は慢性関節リウマチの一つで、全身の血管に炎症が起きて関節外にリウマチ症状が見られる状態のことです。悪性関節リウマチの発症率は慢性関節リウマチの患者さん1000人に対して、2〜2人程度(慢性関節リウマチの患者さんの0.2〜0.3%)でみられます。慢性関節リウマチでは女性のほうが多いですが、この悪性関節リウマチの場合は男性のほうが多いです。
        悪性関節リウマチ症状:発熱、体重減少、激しい関節痛、内臓や皮膚病変、血管病変。

回帰性リウマチ

回帰性リウマチは急性の関節炎と関節周囲炎の発作が周期的に(数日から数ヶ月)起こる原因不明の疾患です。回帰性リウマチは手指、手、膝、肩関節に起こりやすく、微熱や軽度の炎症反応が見られます。発症は30代〜60代の男性にみられて、回帰性リウマチの2割から3割が慢性関節リウマチへと変わると言われています。

若年性関節リウマチ

若年性関節リウマチ(JRA)といわれるのは、16歳以下で発症する慢性関節炎のことを指します。若年性関節リウマチにはいくつかのタイプに分かれます。

  1. 全身型若年性関節リウマチ
    関節炎より高熱や発疹などが前景に立つ病型で、スティル病と呼ばれます。
  2. 少間接型若年性関節リウマチ
    5歳前後の女児に発病が多い病気で、ひざや足関節といった大関節に障害が起きやすいです。
  3. 多関節型若年性関節リウマチ
    成人に見られる慢性関節リウマチによく似た臨床像を示します。

心因性リウマチ

心因性リウマチは、炎症反応が見られませんが全身に疹痛が見られる疾患です。心因性リウマチの原因はうつ病などの精神的なものが原因であると考えられています。治療方法は、非ステロイド系の抗炎症薬は使わず、抗うつ剤といった精神療法によって治療する場合が多いです。

強直性脊椎炎

強直性脊椎炎とは、仙腸関節や股関節といった脊椎を中心に関節炎や腱付着部炎を引き起こして脊椎が固くなる病気です。強直性脊椎炎になる原因には遺伝の可能性があり、男性のほうが女性よりかかりやすいです。
       初期:腰痛、頸部痛、背骨の可動制限
        進行すると:背骨が丸くなる、肩関節や股関節の痛み、動きの制限
       その他:体重減少、疲労感、発熱、ぶどう膜炎

リウマチ性多発筋痛症(PMR)

リウマチ性多発筋痛症(PMR)は肩、大腿、上腕部、腰、頚部などの筋肉に、こわばりや疹痛を引き起こす疾患のことです。リウマチ性多発筋痛症の原因は不明で、50歳以上の高齢者に多い病気です。
リウマチ性多発筋痛症症状:発熱、全身倦怠感、体重減少、1ヶ月以上の疹痛、関節痛(骨や関節に変形は見られないです。

リウマチ性心疾患

リウマチ性心疾患とは、リウマチ熱によって引き起こされる心臓障害のことです。リウマチ熱によって心臓の一番内側の膜に炎症が生じ、心臓弁膜が厚くなって弁の機能障害を引き起こします。リウマチ性心疾患ではこのような障害が生じて、心不全や不整脈の原因となります。

関節リウマチの西洋医学治療

関節リウマチの西洋医学治療は「基礎療法」、「薬物療法」、「運動療法」、「手術療法」です。 関節リウマチは近年、薬による治療が大きな進歩をみせています。以前は炎症を抑えるための副腎皮質ステロイド剤や痛みを抑えるための非ステロイド剤を中心とした治療が中心でしたが、最近は抗リウマチ薬を中心とした治療に切り替わりつつあります。そのほかにも、炎症に関わる体内のたんぱく質の働きを止め、炎症自体を抑える効果のある薬剤などもでてきており、今後の治療効果が期待されています。なお、関節リウマチの投薬治療によって、副作用として胃潰瘍や腎障害、骨粗鬆症などが起きる可能性があります。b副作用の出方は個人差がありますが、副作用を抑える薬の追加などによって適切な処置を施すことは可能です。いずれにせよ投薬治療は専門医の指導のもとで行うことが大切であり、変調を感じた場合には、すぐに相談することが必要です。         

関節リウマチの経過

  1. 関節リウマチは悪化と寛解をくり返します:関節リウマチは、関節リウマチが活動期にあると「悪化」し、静止期になると「寛解」といって症状がおさまります。関節リウマチの患者さんのうち、35%は治療に反応して症状が軽快し、寛解と悪化をくり返す患者さんは50%とされています。残りの15%の患者さんは、病状が進行してしまうとされています。
  2.         
  3. 関節リウマチは早期の適切な治療が経過を左右する: 関節リウマチによる関節や骨の破壊の進行をくい止めるには、早い時期から適切な治療が重要です。以前は関節リウマチの初期であれば関節の破壊はそれほどすすまず、炎症を抑える治療で十分と考えられていました。しかし、その後の研究によって、関節リウマチ発症から2年の間に急速に関節の破壊がすすむ例が多いことがわかりました。予後をよくするためには、炎症を悪化させないための日常生活での注意や、関節の機能を保つために運動療法も欠かせません。

関節リウマチの予防

関節リウマチの予防は根気よく治療をしていかねばならないので、くじけることなく医療機関と協力して病気とうまくつきあうようにします。肉体的、精神的ストレスを避けることも必要です。貧血や骨粗鬆症にもなりやすいので、食事にも気を配って下さい。日頃から運動することは筋力強化につながり有用ですが、関節痛が出るくらいの運動はやり過ぎです。痛くない関節は動かし、痛い関節は安静にするのが基本です。

関節リウマチに関する院長の著書及び論文発表:

『リウマチ・膠原病の最新東洋西洋医学治療』

リウマチ患者の質問

リウマチ患者NM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
リウマチ専門医で検査を受けた結果、炎症反応は全体的にマイナスだが、「抗ガラタトース欠損IgG」が4,3の数値。これも陰性だが通常 は出ない数値が少し出ていること、また、朝の手指のこわなりと数か所の関節痛があり、リウマチ初期と診断を受けました。すぐに「リウマ トレックス」3錠から始めなさいと言われました。特に副作用のことを思うと、踏み込めないでおります。飲みべきなのでしょうか。

当院の返事:
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、副作用がなく、治った方 がたくさんいらっしゃいますので、心配ないと思います。  飲みべきかどうかは、主治医に相談してください。

患者様の返信:
完治のお礼のメールを問い合わせ用のアドレスに送ります。
病院のリウマチ科でリウマチと言われ、治る可能性は非常に低いと言われましたが、先生の治療で完治し、その後はすっかり元通りの 健康な状態が続いています。本当に嬉しく、感謝しています。ありがとうございました。
いろいろな友人にこの体験を話しても、皆一様に「リウマチは治らない」といい、とても驚きます。私は、先生に治療していただくことがで きて本当にラッキーでした。ありがとうございました。

リウマチ患者PM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
リュウマチと診断されて3年がたちます。これまで、免疫調整薬、免疫抑制薬、生物製剤を試しましたがどれも、薬の副作用で使えませ ん。このままでは、骨が曲がると言われ悩んでいます。CRP9.5赤沈110です。それで教えて頂きたいのですが、鍼灸治療で骨の曲が るのを阻止できますか?よろしくお願い致します。

リウマチ患者L様

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年前からリウマチの治療をしています。 飲み薬で治療してきましたが、妊娠を考え、先月から妊娠に影響のない注射を始めましたが、皮膚への副作用がひどく、また新たな注射を薦め られましたが、高額のため、薬に戻そうと思っています。鍼治療でリウマチ因子を減らすことは可能でしょうか? また、腰痛で鍼灸院へも2年以上通っておりますが、なかなか改善されません。リウマチと腰と同時に見ていただくことは可能でしょうか?

リウマチ患者U様

[ 症状、ご相談内容 ] :
第一関節が最近では両手痛み出して います!だましだまし仕事していますが、最初は右の人差し指だったのに両手が、痛いのです。仕事ができなくなったらクズになってしまい ます。もし治るのなら、何回くらいの通院で治るのでしょうか、あまりかかるようなら、きっぱりあきらめます!よろしくお願いします!

リューマチ患者N様

[ 症状、ご相談内容 ] :
左手薬指の関節に痛みがあり、手を握ったり開いたりが 少し困難です。多少のむくみもあります。 この症状は1ヶ月前くらいです。 握力もありません。なんとなく手が白く見えることもあります。これはの症状と似ています。 まだ初期段階だと思います。

リウマチ患者KU様

[ 症状、ご相談内容 ] :
昨年10月に関節の痛みがあり血液検査や症状でし診断しても らった結果、間接リウマチと診断されました。 そのときはひどくもなく今すぐの治療は必要ないと言われ特になにもなく過ごしていましたが2 ヶ月後に妊娠がわかりそれから状態がひどくなり(妊娠後期には落ち着きはしました)一番の痛みのピークが出産後3週間程してからでした。

リウマチ患者の治療相談

リウマチ患者M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
赤ちゃんを産んだら、手の関節が痛いんです。

自己免疫疾患・膠原病の針灸治療

関節炎 間質性肺炎 関節リウマチ 強皮症 ベーチェット病 シェーグレン症候群 強膜炎 全身性エリテマトーデス 側頭動脈炎 ベーチェット病 原田病 ぶどう膜炎 虹彩毛様体炎 強直性脊椎炎 クローン病 多発性硬化症 重症筋無力症 自己免疫性肝炎 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん