中国鍼灸 東京・銀座

老人性難聴

老人性難聴の鍼灸治療(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

老人性難聴について

難聴の原因|中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

老人性難聴とは、加齢現象によって引き起こされる感音難聴です。
老人性難聴は、内耳の蝸牛の機能低下により音が聞こえにくくなり、また中枢神経の機能も落ちるので言葉の判断力も悪くなります。
老人性難聴は、高齢者にみられる聴力の生理的な年齢変化のことを指します。生理的変化はさまざまな個人的な身体的条件(生活習慣病など)に影響されている可能性があります。そのため、実際の難聴の程度には個人差が大きくみられます。
老人性難聴は、低音域ではあまり聴力の低下はないですが、高音域においての聴力低下が非常に顕著であり、そのため子音を含む人間の言葉(特に「あ」行や「さ」行が正しく聞き取れない事が多い)が聞き取りにくくなり、特に女性の声ではそれが顕著で、そのためドアの開く音とか車のエンジンの音、足音などといった物音に非常に鋭敏になるという特性もあります。

老人性難聴に対する当院の取り組み

老人性難聴の原因|老人性難聴【神経疾患】

当院の老人性難聴の治療目的は、老人性難聴患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと老人性難聴の完全な回復までの時間を短縮することです。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の75%は経過がよいと考えられます。
老人性難聴の治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果があります。当院長は老人性難聴の期待に応えるため、25年間、老人性難聴の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【耳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
老人性難聴の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法【耳透穴針】を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして老人性難聴の治癒は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

老人性難聴の鍼灸治療法

老人性難聴の鍼灸治療症例と臨床経験

老人性難聴の鍼灸治療症例 :老人性難聴、【耳透穴針】取穴:聴会、翳風、聴宮、糸竹空、液門、外関。電気針。

老人性難聴の鍼灸臨床経験 :当院では、今も多くの老人性難聴患者が通っていらっしゃいます。老人性難聴患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、老人性難聴患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの老人性難聴患者は完治になりましました。

老人性難聴の鍼灸治療のメカリズム

老人性難聴の原因|老人性難聴【神経疾患】

当院独自開発した【耳透穴針】治療法:耳にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、聴神経と聴中枢を健常化する仕組みです。
1.【耳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.耳動脈の血流量が増え、神経への血流供給が増え、損傷した神経組織を修復します。
4.神経組織へ直接に刺激することによって聴神経細胞が活性化されます。

【老人性難聴治療の実際様子と流れ】
老人性難聴の原因|老人性難聴【神経疾患】

1.当院独自開発した【耳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

老人性難聴の原因|老人性難聴【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
老人性難聴の原因|老人性難聴【神経疾患】  

老人性難聴と西洋医学

老人性難聴の原因

老人性難聴は、加齢に伴い、内耳蝸牛の感覚細胞が障害を受けたり、内耳から脳へと音を伝える神経経路や中枢神経系に障害が現れたり、内耳蝸牛の血管の障害が起こったり、内耳内での音の伝達が悪くなったりする時に起きます。

老人性難聴の症状

難聴が発生すると、早い人で20歳代から始まり、50〜60代にかけて顕著になってきます。
最初のうちは高い音が聞き取りにくい程度で、あまり自覚症状はありませんが、老化とともに進行し、やがて聞き取りにくさを自覚するようになります。また、めまいや耳鳴りをともなう場合もあります。
老人性難聴の場合、音としては聞こえていても、言葉をはっきりと聞き分けられないという特徴的な症状を示します。聴力の低下は高音域から発生し、徐々に会話音域、低音域へと広がっていきます。さらに、両側性で左右にあまり差がないのが特徴です。したがって早期には難聴の自覚がなく、耳鳴りだけを感じる場合があります。

老人性難聴の検査

  1. 純音聴力検査(オージオグラム)
  2. SISIテスト
  3. 語音聴力検査
  4. ティンパノメトリ
    A型:正常。
       B型:全く動かないー滲出性中耳炎。
       C型:陰圧をかけると動きやすいー耳管狭窄症。
       Ad型:動きすぎるー耳小骨離断。
       As型:動きにくいー耳硬化症。
  5. リンネ試験
  6. ウェーバー試験
  7. 耳音響反射法(OAE法)
  8. 聴性脳幹反応法(自動ABR法)

老人性難聴の診断

老人性難聴では、高音域(4000、8000Hz)での聴力低下が顕著です。難聴の程度は、会話音域(500、1000、2000Hz)の聴力低下に応じて、正常、軽度難聴、中等度難聴、高度難聴、聾(ろう)の5段階に評価されます。

老人性難聴の西洋医学治療

老人性難聴に対する西洋医学治療はビタミン剤、ホルモン剤、血流改善剤などが用いられますが、薬剤による治癒はあまり期待できないため、補聴器に頼ることになるのがほとんどです。

老人性難聴の実験

2004年、当院はレーガン米大統領の手術も手がけたロサンゼルスのハウス医学科学研究所との共同研究で、マウスを使って、脳橋と大脳の皮質の聴覚エリアを観察しました。聴会、翳風、聴宮、糸竹空に電気針、20分間連続に刺激すると脳橋の働きが活発し、皮質の聴覚エリア硬膜の表面に置いてあった電極の振動の幅も増大していることがわかりました。
脳橋では、高音と低音で信号の流れる場所や深さが微妙に違います。針を通じ、電流が3万本とも言われる聴神経に伝わって、脳橋を刺激することによって、聴覚の働きがよくなると考えられます。

新聞の掲載と紹介

老人性難聴患者の質問

老人性難聴DF様

[ 症状、ご相談内容 ] :
50歳の時に右耳の補聴器を購入し殆ど使わずにいましたが、60歳位で大分聴力が低下したため両耳の補聴器を新調しました。子供との会話 は補聴器なしでは不可能となっております。鍼がよいとのことで関心を持ちましたが、何回位の施術で又予算はどの位のものなのでしょうか

当院の返事:
当院の鍼灸治療は難聴には、かなり 有効です。最近、一人福島からの難聴患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 聴力が正常に戻りになりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

患者様の返信:
1週間治療して頂いた後は耳の調子がとてもよかったです。
補聴器がなくても子供との会話が出来るようになりました。
自分も治るのかなあと希望が持てました。
まだ完治ではないですが、回復に向かっている実感があります!
本当にありがとうございます!

老人性難聴の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
40代前半から難聴が始まりました 年1回の人間ドックでわかりましたが 特に生活に支障がなかったので、そのままにしておきました 60歳を超え、さすがに不自由を感じ、診察したところ、老人性難聴は治らない・・最終的には補聴器で・・との事でした 補聴器をするほどではないと自分で思っています 針で改善されることを知人から聞き、ネット検索で先生を知りました。20年経過してますが、望みはあるでしょうか?

老人性難聴の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
耳鼻科で老人性難聴と診断され、補聴器を使用していますが、上手く聞き取れません、仕事柄打ち合わせが多く、聴き逃してしまう事が多く悩 んでいました、老人性難聴で検索したところ、貴院の治療で改善出来るのではと思い、メールさせて頂きました。針治療で改善されるのであ れば、是非治療を受けてみたいと思います。アドバイスを頂けると幸いです。

老人性難聴の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
80歳以上の老人性難聴です。 相談、初診のアポイントをお願いします。 症状:耳がよくきこえません。

老人性難聴の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
老人性難聴で困っています。 聴力はかなり低下しています。 補聴器をしても余り聞こえないようで、すぐに外してしまいます。 少しでも改善の望があるのならと思いメールしました。 よろしく願いします。

老人性難聴SZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
加齢の難聴と言われ、ワイデックスの補聴器をつけてましたが、高音がキンキンし、低音は調節するとあまりよく聞こ えない。耳鼻咽喉科では50デシベルと判定。近所の鍼灸院で現在難聴は治るというので4回ほど通っています。貴院の電気を使った針治療 で効果があるのではないかとメールしました。

老人性難聴D様

[ 症状、ご相談内容 ] :
母は難聴です。針治療で改善されるのであ れば、是非治療を受けてみたいと思います。

老人性難聴F様

[ 症状、ご相談内容 ] :
老人性難聴と診断され、補聴器を使用していますが、上手く聞き取れません、仕事柄打ち合わせが多く、聴き逃してしまう事が多く悩 んでいました、老人性難聴で検索したところ、貴院の治療で改善出来るのではと思い、メールさせて頂きました。

老人性難聴G様

[ 症状、ご相談内容 ] :
10年ぐらい前から聞きずらくなり現在補聴器を着装 8年ぐらいになります。 現役で仕事をしておりますが打ち合わせ会議の時聞き取りに不住いたしております。 持病 糖尿病(インシュリン使用)前立腺肥大、などです一度診察を受けたくその後の回復の可能性を賜れればと存じます。

老人性難聴GH様

[ 症状、ご相談内容 ] :
81歳で、およそ3年くらい前から急に両耳の聞こえが悪くなり不自由をしている次第です。耳鼻科で検査をし補聴器をつけております が、言葉が聞き取れないことがあります。健康面はおかげさまで問題はありません。私のような症状でも貴医院での治療は可能でしょうか。

老人性難聴Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
老人性難聴で 左耳の聞こえが悪く、こもっていて音がプチプチと切れて聞こえるよう です。なんとか左耳も聞こえるように治してあげたくて相談しました。

老人性難聴患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右耳の聴力が70~80の高度難聴です。還暦を迎え、老後が不安になってき ました。このようなケースでも、多少なりとも聴力は回復できるものなのでしょうか。よろしくお願い致します。

老人性難聴H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
7月末に急に左耳が聞こえなくなり、8月初め一週間入院してステロイド点滴治療を受けたが、一向に良くならず耳鳴りで困 っています。医者からは高齢故、良くなりませんと宣告を受けています。 治療は可能でしょうか?

老人性難聴SZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
たぶん老人性難聴かと思われます 。男兄弟4人共同じ症状です。 80歳でもよくなるでしょうか?

老人性難聴患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
数年前から徐々に老人性難聴が進行 初診料及び毎回の治療費(保険適用)どのくらい?

老人性難聴患者Q様

[ 症状、ご相談内容 ] :
(遺伝性)老人性難聴で、現在先生の治療を頂いている 大森(79歳)の弟の新堀 伸 (土浦市)と申します。私は4男です。 私たち兄弟5人とも 世界的針の権威 である 康少宏先生 に診て頂けた事に非常に感謝し また大変ありがたいことと 思っております。 兄も重い腰をやっと上げて 権威ある先生 ならと 受診するに至っております。 しかし、今では本人も先生にお会いして「 絶対先生に治して頂ける 」と信じております。 老人性難聴は難病とお聞きしています。 先生が、今までに より多くの患者さんを治された、神の手をもって、私の兄も皆さんと同じように どうか良くしてくださいますよう 是非ともお願い申し上げます。

老人性難聴患者NM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
健康診断で、左耳聴力(4000Hz)の聴力低下を指摘され、耳鼻科で検査を受け、加齢性(老人性)難聴と診断を受けました。そ の後は経過観察との診断。

老人性難聴S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
老人性難聴(左右平均50db)に伴う耳鳴り(左耳のみ日に数回”チッチ音”がする。)難聴は約10年前から始まり、特に日常生活におい て支障はありませんが耳鳴りは改善したいと思っております。耳鳴りは1月中旬より始まりました。 耳鼻科の先生からは補聴器をつけると治る場合があるとのアドバイスをもらっていますが治るのか心配していたところ御社の情報を知りメール いたしました。

老人性難聴患者RP様

[ 症状、ご相談内容 ] :
左側の難聴が20年ほど前発症2〜3年治療しましたが治りきらないまま右耳だけで過ごし、昨年3月中旬右側の聴力低下が始まり、すぐ耳鼻 科にて薬剤投与を受け治療しましたが少しずつ聴力が落ち、現在、左56db右46db、になってます、半年位前と比べて会話の聴き取り の困難さが増しています、又テレビの音も聞きずらく、音楽などは全く駄目な状態です。

老人性難聴患者の質問

老人性難聴患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
耳鼻科にて診察しましたが老人性難聴と言われ、補聴器を勧められたが 納得できないのでやめました。 口を強く閉じるとキーンと鳴る。首を左右に曲げても同じに鳴る。手足のしびれはありません。 高血圧、糖尿病 治療中、クレアチニン1.53 ヘモグロビン6.7  血圧80~130 首を曲げると痛い。 仕事は長く事務職。

老人性難聴F様

[ 症状、ご相談内容 ] :
前々から鍼灸については気になって おりましたのでご相談させていただきました。 年々耳が遠くなっていると感じる様になってますが、 日常生活で特に困る事もありませんが 特定の人のお話がどうしても聞き取李にくくなっています。 ツボの刺激で進行を遅らせる事ができるのでしょうか? よろしく御意見の程お願い申し上げます。

老人性難聴B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
老人性難聴ですが、女性の高い声は聞き取りにくく聴覚障害者手帳4級です。 いつから発症したのか詳細は聞いていませんが少なくても20年位は経っているようです。 改善出来るでしょうか?
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん