中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>耳鼻咽喉,口腔系疾患>「《自宅で出来る 副鼻腔炎改善法》DVD」もご用意しております。

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

副鼻腔炎について

嗅覚障害の原因|嗅覚障害の中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

副鼻腔炎とは、炎症が副鼻腔に起っている状態です。
副鼻腔炎は、細菌やウイルスが副鼻腔に感染することなどによって炎症が起こります。鼻づまりや鼻水、頭痛、歯の痛みなどの症状が起こります。
副鼻腔炎の原因は、鼻以外によるものも多いです。偏食による栄養の偏りや環境、湿度、体質などの要素も関係しています。
副鼻腔炎の主な症状は、鼻づまり、鼻汁です。鼻汁はネバネバ、黄色みです。のどに鼻汁が落ち、不快な感じがします。
副鼻腔炎の症状は、鼻汁が少なく、鼻づまりだけもあります。鼻茸や粘膜のむくみが強い副鼻腔炎によくありれます。この型は治りにくいです。
副鼻腔炎は、上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞4種類の副鼻腔のどこにも起こります。副鼻腔炎の多くは鼻炎を併発していて、鼻副鼻腔炎とも呼びます。

副鼻腔炎に対する当院の取り組み

副鼻腔炎の原因|副鼻腔炎【神経疾患】

当院の副鼻腔炎の治療目的は、副鼻腔炎の方のできるかぎりの回復の機会を提供することと副鼻腔炎の完全な回復までの時間を短縮することです。
副鼻腔炎の治療は、西洋医学以外に東洋医学があります。当針灸院は副鼻腔炎の方の期待に応えるため、25年間、副鼻腔炎の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針灸【鼻透穴針】治療法を開発しました。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせるとの方の90%は経過がよいと考えられます。
副鼻腔炎の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、【鼻透穴針】治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
当針灸院の針灸治療で、多くの副鼻腔炎の方の鼻づまり、鼻汁の症状がなくなり、風も引かないようになりました。

副鼻腔炎の鍼灸治療症例と臨床経験

副鼻腔炎の鍼灸治療症例と臨床経験

副鼻腔炎の鍼灸治療症例 副鼻腔炎の方320名、【鼻透穴針】:主穴:頭維;配穴:迎香、上星、風府、風池、大椎

副鼻腔炎の鍼灸臨床経験 :中国鍼灸では、今も多くの副鼻腔炎の方が通っていらっしゃいます。副鼻腔炎の方の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。針灸治療では、副鼻腔炎の方の生活の質と予後は比較的良好です。ほとんどの副鼻腔炎の方は完治になりました。
鍼灸治療では、副鼻腔炎(蓄膿症)には消炎効果がありますし、鎮痛効果もかなりあります。2-3回鍼灸治療を受けた後、多くの患者の痛みが緩和します。

副鼻腔炎の鍼灸治療のメカリズム

副鼻腔炎の原因|副鼻腔炎【神経疾患】

当院独自開発した【鼻透穴針】治療法:鼻部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、副鼻腔の粘膜を健常化する仕組みです。
1.【鼻透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.顔面動脈の血流量が増え、鼻への血流供給が増え、損傷した鼻組織を修復します。
4.鼻部の免疫向上によって副鼻腔の炎症組織を修復させます。
5.充血、腫れた鼻粘膜血管を収縮させ、通気性を高め、分泌物を出しやすくさせます。

副鼻腔炎 治療の実際様子と流れ

副鼻腔炎の原因|副鼻腔炎【神経疾患】

1.当院独自開発した【鼻透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

副鼻腔炎の原因|副鼻腔炎【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
副鼻腔炎の原因|副鼻腔炎【神経疾患】

副鼻腔炎の方の声 竹花様 66歳 女性

副鼻腔炎の原因|副鼻腔炎【神経疾患】

お陰様で副鼻腔炎が治り、今では、鼻のことを全く気にせずに生活できるようになりました。
10年前から、一日中ティッシュやタオル、洗鼻液を持ち歩いていました。最初は黄色い膿が鼻からダラダラ・ドロドロと出ました。出てしまうとスッキリと痛みがおさまることを繰り返しました。 病院で副鼻腔炎と診断され、いろんな治療を受けましたが、まったく効果はありませんでした。
新聞記事の紹介で、中国鍼灸にお世話になりました。 治療開始してから、一日に何度となく発作のように出ていたくしゃみ、鼻水などが出る回数が減っていきました。半年前には、後鼻漏も治り、症状もまったく出無くなりました。
数ヵ月後には日常生活にほとんど支障がない状態まで回復しました。眠りがとても深くなり、朝までに目を覚ますことはまずなくなりました。 大変嬉しく感じているところです。どうもありがとうございます。(以上御本人様の承諾をいただいて掲載いたしました。)

副鼻腔炎と西洋医学

副鼻腔炎の原因

  1. 感染による副鼻腔炎:ウイルス、細菌や真菌
  2. 遺伝的素因による副鼻腔炎
  3. アレルギーによる副鼻腔炎
  4. 環境汚染物質による副鼻腔炎

副鼻腔炎の分類

  1. 急性副鼻腔炎
    急性副鼻腔炎はさまざまな原因によって引き起こされるもので、副鼻腔の開口部に閉塞が生じた後によく発症します。
    閉塞は主に、かぜなど上気道のウイルス感染が原因で起こります。たまった液は細菌の温床となり、細菌と闘うために白血球やさらに多くの分泌液が副鼻腔に集まります。この流入により空洞内の圧力がさらに上昇し、痛みが増します。
  2. 慢性副鼻腔炎
    副鼻腔炎の症状が8ー12週間以上続く場合を慢性副鼻腔炎といいます。慢性副鼻腔炎の原因は明らかではありませんが、ウイルスの感染、重度のアレルギー、環境汚染物質の影響などに引き続いて起こります。家族が同じ症状をもつ場合も多く、遺伝的素因も発症にかかわる要因の1つとみられます。細菌や真菌による感染症にかかっている人では、炎症はかなりひどくなります。ときに、上の歯にできた膿瘍(のうよう)がその上に位置する副鼻腔に広がり、上顎洞の慢性副鼻腔炎を引き起こすことがあります。
  3. 好酸球性副鼻腔炎
    気管支ぜんそく(喘息)に合併する副鼻腔炎のうち、多発する鼻茸(鼻ポリープ)を特徴とする副鼻腔炎、難治性であり、喘息を悪化させるともあります。
  4. 副鼻腔真菌症
    副鼻腔(主に上顎洞)に真菌塊があり、炎症を起こす副鼻腔炎で、薬物治療は無効です。

副鼻腔炎の合併症

  1. 副鼻腔気管支症候群:副鼻腔炎に様々な気管支病変が合併することがある 。
  2. 鼻茸
  3. 頭蓋内合併症:脳膿瘍、髄膜炎、海綿静脈洞血栓症などが副鼻腔炎の増悪により引き起こされることがある。
  4. 瀰慢性汎細気管支炎 : 本症が瀰慢性汎細気管支炎に先行することがある。
  5. カルタゲナー症候群 : 本症がカルタゲナー症候群の部分症であることがある。
  6. 眼合併症:眼窩内膿瘍、視神経炎などによる視力障害が副鼻腔の炎症が眼の周囲に波及することにより引き起こされる。

副鼻腔炎の症状

  1. 急性副鼻腔炎
    急性副鼻腔炎では、炎症を起こした副鼻腔疼痛圧痛腫れがみられます。上顎洞の炎症は、眼の下の部分の痛み、歯痛頭痛を引き起こします。前頭洞の炎症では額に痛みが起こり、篩骨洞の炎症では眼の奥や両眼の間が痛み、頭が割れるような激しい痛みが額に起こります。蝶形骨洞の炎症による痛みは、位置をはっきりと特定できませんが、頭の前部や後部の痛みとして感じられます。
    急性副鼻腔炎では、鼻から黄色や緑色の膿が出ることがあります。発熱や悪寒が起こることもありますが、これらの症状がみられる場合は、炎症が副鼻腔以外の部位にも広がっている可能性があります。視覚の異常や眼の周囲の腫れはきわめて危険な状態で、数分から数時間以内に失明するおそれがあります。眼にこうした変化が現れたときは、ただちに医師の診察を受ける必要があります。
     急性副鼻腔炎急性鼻炎やかぜに引き続いて起こります。急性鼻炎よりも症状が激しく、発熱して頭痛があり、目の奥が痛み、ほおに緊張感が生じることもあります。痛みは目と目との間やこめかみのところに起こります。
    鼻汁は多くなり、濃くなってうみのようになります。無理に鼻を強くかむと頭に響き、鼻根部に異常な圧迫感があります。

  2. 慢性副鼻腔炎
    慢性副鼻腔炎の症状は通常、急性副鼻腔炎に比べてかなり軽く、痛みも急性の場合ほどみられません。鼻づまり、鼻の充血、鼻汁がのどに回る後鼻漏などがよくみられる症状です。黄色や緑色をした鼻汁が出たり、嗅覚が低下することもあり、全身のけん怠感が生じることもあります。
    鼻づまり、鼻汁がおもな症状です。鼻汁はネバネバしていて、ときに黄色みをおびています。のどのほうに鼻汁が回り、不快な感じがあります。そして、気管支炎や胃腸障害を起こすこともあります。
    あまり鼻汁が多くなく、鼻づまりだけのこともあります。鼻茸があるとか、粘膜のむくみが強い型の副鼻腔炎によくみられます。この型はむしろ治りにくいのです。ときに急に痛みが生じ、まぶたがはれたり、ほおのはれと緊張感が起こったりします。急性増悪と呼ばれ、至急、専門医の治療を必要とします。
    なお急性副鼻腔炎とか急性増悪のときは別として、ふつうの慢性副鼻腔炎では、うつむいたときに頭の重い感じがするときがありますが、注意集中や思考能力が落ちることはありません。むしろ、鼻がわるいと頭がわるくなると思い込む心理的な要素が大きいといえます。

     

副鼻腔炎の検査

  1. 細菌検査
    鼻の穴の中から上顎洞(じょうがくどう)に針を刺して分泌物を取り出したり、鼻の穴の中やのどの奥の分泌物を細長い綿棒や吸引装置を使って取り出して、その中に含まれる細菌を調べます。
  2. 鼻鏡検査・内視鏡検査
    鼻鏡や内視鏡などの道具を使って、粘膜の腫れの程度、鼻水の量や性状、鼻ポリープの有無などを調べることがあります。
  3. 画像検査
    レントゲン検査によって、炎症が起きている場所や範囲、程度などをみることができます。さらに詳しい情報を得るために、他の画像検査(CT検査やMRI検査)を行うこともあります。

副鼻腔炎の診断

急性副鼻腔炎あるいは慢性副鼻腔炎の典型的な症状があれば副鼻腔炎と診断されますが、ときにX線検査も行われます。X線画像では副鼻腔の空洞内にたまった分泌液が見られますが、炎症の範囲や程度を調べるにはCT検査の方が優れています。上顎洞の副鼻腔炎の場合は、歯の膿瘍の有無を調べるため、歯のX線検査も行われます。鼻に内視鏡を挿入して副鼻腔の開口部を観察し、分泌液を採取して培養することもあります。

副鼻腔炎を放置した場合の危険性

  1. 視神経の異常や眼の周囲の腫れは極めて危険な状態で、数分から数時間以内に失明する恐れがあります。
  2. 脳膿瘍、髄膜炎などが起こり、重い脳脊髄の病気になる可能性があります。
  3. 癌化して、鼻腔、上顎洞の腫瘍になる可能性があります。

副鼻腔炎の西洋医学治療

急性副鼻腔炎の治療は、副鼻腔にたまった分泌液の排出と、感染の治癒を主眼に行われます。血管を収縮させるフェニレフリンなどのスプレー式点鼻薬は、短期間に限って使用します。同様の作用をもつプソイドエフェドリンなどの内服薬は、それほど効果がありません。急性・慢性いずれの場合でも、副鼻腔炎にはアモキシシリンやトリメトプリム‐スルファメトキサゾールなどの抗生物質を用いますが、慢性の場合は長期間の服用が必要です。ステロイドのスプレー式点鼻薬や錠剤は粘膜の炎症を抑える効果があります。明らかなアレルギー症状がみられる場合は、抗ヒスタミン薬も症状の緩和に有効です。食塩水による鼻洗浄は、副鼻腔を清潔にして湿った状態に保つのに役立ちます。抗生物質の効果がみられない場合は手術を行い、副鼻腔内を洗浄して洗浄液の培養検査を行ったり、副鼻腔からの排膿を改善することによって、炎症を抑えます。

副鼻腔炎の生活注意点

  1. 長引く鼻水や鼻づまりに注意
  2. 鼻のかみ方に注意

副鼻腔炎手術によるリスク

  1. 術後の痛み、顔面の腫れなどが比較的強い。出血が多い場合がある。
  2. 術後に上唇の感覚麻痺が残ることがある。
  3. 粘膜を摘出してしまうため、副鼻腔の本来の生理的機能を失う。
  4. 顔面に傷が残る。
  5. 十数年後に術後性頬部嚢胞が高い確率でおこり、再手術が必要になることがある。

副鼻腔炎患者の質問

副鼻腔炎患者YU様

[ 症状、ご相談内容 ] :
長年の副鼻腔炎でのどにこぶができまましたため、のどが詰まったりする気もしますし、高い声を出すとかすれたりします。
鍼灸の治療は可能 ですか?

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法では、2-3回鍼灸治療を受けた後、多くの患者の喉つまりと痛みが緩和します。
治った方がたくさんいらっしゃいます。

患者様の返信:
先生のお蔭で副鼻腔炎は治りました。ありがとうございます。
副鼻腔炎の治療に長い間悩んで来たので嬉しく思います。
3月24日火曜日の3時に、喉詰まりの治療の予約をさせていただきました。 どうぞよろしくお願いします。

副鼻腔炎患者U様

[ 症状、ご相談内容 ] :
数年前より嗅覚がしたりしなかったりで、昨年夏に両鼻の副鼻腔炎の手術をしました。鼻の通りは大変良くなり、術後しばらくは臭いもしてい たのですが、再び臭わなくなって参りました。特に鼻の通りは悪くないのですが、鍼等で改善するでしょうか?ステロイドなどの点鼻薬は差 し続けていますが、時々臭いがするときもありますが、ほとんどは臭わなくなります。 鍼での治療の場合、何回くらいの治療が必要か、経費についても教えていただければ幸です。

副鼻腔炎患者AD様

[ 症状、ご相談内容 ] :
長いこと副鼻腔炎を繰り返し、40代で喘息にもなりましました。 鼻詰まりがひどく、特に春は辛いです。このような状態でも完治する可能性はありますか?

副鼻腔炎患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
副鼻腔炎の手術 その後薬を飲まず経過を見ていたら再発をして現在左の鼻はポリープがびっしりで通りがない。右は比較的通りは良い。

慢性副鼻腔炎患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
副鼻腔炎で何卒宜しくお願い申し上げます。

慢性副鼻腔炎患者MS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
慢性副鼻腔炎に悩んでいます。 MRIによると、右鼻横の副鼻腔と右目内側の部分が白くなり、耳鼻科の所見では、薬服用でも改善がみわれない(経過観察して、二度MRI で撮影)とのこと。手術以外に方法がないと診断を受けました。 一度手術に踏み切る前に、針治療で改善できるものなのか、検討中です。 症状は、臭いは分かり、また、完全には鼻も詰まっていません。しかし、白・黄色の粘質の強い鼻汁が喉の方にも流れ、時には、臭いを強く伴 う黄色い鼻汁が鼻をかむと出てきます。頭痛はめったにありません。

副鼻腔炎患者CZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
臭いに悩まされています。私の周囲にいるだけで臭いがするようで、鼻をすすられたり咳き込まれたりします。会議室など部屋 にいるだけで、ほぼ全員が鼻をすすります。原因を突き止めようとCTをとったり、血液検査をしましたが、内臓系は異常がないようで、問 題があるのは鼻です。もともと鼻炎持ちで、去年体調を崩した時に副鼻腔炎になり、薬を服用したら頭痛や頬の辺りの痛みはなくなりましたが 、体調が悪くなると頭痛や頬の辺りが痛くなります。歯医者さんで撮ったCT(2月終わり頃)では、副鼻腔が白く写っていて膿が溜まってい ると言われました。それが原因かは分かりませんが、口臭も気になります。耳鼻科に行って臭いの相談をしましたが、鼻炎や副鼻腔炎としか 言われず、抗生剤を2ヶ月くらい飲みましたが、改善しませんでした。原因を突き止めて治したいので、どうか宜しくお願いします。

副鼻腔炎患者C様

[ 症状、ご相談内容 ] :
副鼻腔炎があり、薬では治しきれない部分があるそうです。病院からは手術を勧められま した。 副鼻腔炎は右側にあり、左側の鼻腔はきれいな状態なので、手術をしても嗅覚が戻るとは言いきれないと言われました。 できれば手術はしたくないし、手術しても嗅覚が戻らないのであればなおのことと思ってしまいます。

副鼻腔炎患者CB様

[ 症状、ご相談内容 ] :
副鼻腔炎改善法はありますか。

副鼻腔炎患者Z様

[ 症状、ご相談内容 ] :
副鼻腔炎を針治療で治してもらったことがあります。今は、一昨年の夏から、副鼻腔の奥の方に、かたまったような膿が溜まってい て、耳鼻科で、内視鏡でみても、どうもない、といわれますが、あきらかに、膿が微妙にあちこちに動いていて、鼻柱のとこや、鼻中隔を圧 迫しています。頭痛がひどく、目も圧迫してる感じです。18のときのように喉にどんどんでてきたり、垂れたりは全然していません。鼻洗 いとか自宅でやりながら(耳鼻科でしてくれない。粘度をさげる必要があると私は思うのですが)、針治療が、一番かと思うのですが、アド バイスよろしくお願いします。
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん