中国鍼灸院 東京・銀座

腰髄損傷

腰髄損傷と中国鍼灸(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

腰髄損傷について

腰髄損傷とは、腰椎の骨折、脱臼或は椎間板、腰椎間管内の圧迫により、運動麻痺、排便障害、感覚障害、排尿障害などのさまざまな障害が生じる病気です。
腰髄が損傷すると、その部位から脳から下への命令が行かなくなり、下からも信号が脳へ行かなくなり、 運動麻痺、排便障害、感覚障害、排尿障害などのさまざまな障害が生じます。

腰髄損傷に対する当院の取り組み

腰髄損傷原因|腰髄損傷【神経疾患】

当院の腰髄損傷治療の目的は、腰髄損傷の回復程度を高めることと腰髄損傷が完治するまでの時間の短縮することです。
腰髄損傷の程度が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリ【脊髄透穴針】で、最大限の効果を引き出しています。
治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の65%は経過がよいと考えられます。
腰髄損傷の治癒で、感覚と運動障害の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

腰髄損傷の鍼灸治療法

腰髄損傷の鍼灸治療症例と臨床経験

腰髄損傷鍼灸治療症例 :取穴:夾脊穴、風池、大椎、天宗、風門、肺兪、後渓、曲池、両側の腰眼、大腸兪、腎兪。

腰髄損傷鍼灸臨床経験 :当院では、多くの腰髄損傷の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの腰髄損傷患者が通っていらっしゃいます。腰髄損傷患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸院の針灸(鍼灸)治療では、腰髄損傷患者の回復は良好で、多くの腰髄損傷患者は普通に歩けるようになりました。

腰髄損傷の鍼灸治療のメカリズム

腰髄損傷の原因|腰髄損傷【神経疾患】

当院独自開発した脊髄治療法:脊髄にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、腰脊髄神経組織を健常化する仕組みです。
1.【脊髄透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.脊髄動脈の血流量が増え、脊髄への血流供給が増え、損傷した脊髄組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、脊髄の働きを活発化させます。
5.脊髄の神経細胞が活性化されます。
6.腰脊髄神経組織を健常化します。

腰髄損傷治療の実際様子と流れ

腰髄損傷の原因|腰髄損傷【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

鍼灸院の新聞の紹介記事

腰髄損傷の原因|腰髄損傷【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
腰髄損傷の原因|腰髄損傷【神経疾患】

腰髄損傷と西洋医学

腰髄損傷の症状

  1. 排泄障害:排尿障害と排便障害
  2. 運動障害
  3. 感覚障害

腰髄損傷の検査と診断

  1. 第2腰髄:股関節を曲げることができる
  2. 第3腰髄:膝を伸ばすことができる
  3. 第4腰髄:つま先を上にそらすことができる
  4. 第5腰髄:足の親指を上にそらすことができる

腰髄損傷患者の質問

腰髄損傷患者SM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
L1の破裂骨折と仙骨骨折で手術。車椅子に乗れるようになればベストとされたが、両杖で何とか歩けるようにはなった。しかし、 両下肢の痺れと痛みが酷くめげている。排尿排便障害も有り。 以上の状態ですが、鍼灸治療で改善の見込みは有りますでしょうか?御鍼灸院へは、通院は可能です。よろしく、ご回答ください。

当院の返事:
当院が開発した特殊な電気針治療法で、治った腰髄損傷の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
迅速かつご丁寧な治療に感謝申し上げます。
腰髄損傷のことでかなり動揺しておりますが、こんなに早く治るというのはびっくりしています。 ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

腰髄損傷患者S様

[ 症状、ご相談内容 ] :
腰髄損傷患者から回復のお話を見て相談させていただきました。
以下に主な症状と発症後の経緯を時系列に記載いたします。 よろしくお願い致します。 【主な症状】 (1)神経障害による両下肢麻痺(リハビリでは長下肢装具を装着して平行棒にて数回往復歩行ができる程度です) (2)両下肢の強い痺れ、傷み (3)両下肢の強いむくみ (4)膀胱直腸障害(現在はバルーンを着けて排尿しており、排便については数種類の下剤を利用して対処しています)

腰髄損傷患者BN様

[ 症状、ご相談内容 ] :
L1破裂骨折と仙骨骨折で手術、リハビリ病院も含め6ヶ月入院。車椅子に乗れるようになればベストとされたが、両杖で何とか歩行 可能まで回復。排尿排便障害有り。両下肢の痺れと痛みが厳しい。 以上の状態です。通院は可能ですが、鍼灸治療での改善は可能でしょうか?
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん