中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>神経系疾患>前脊髄動脈症候群

前脊髄動脈症候群

前脊髄動脈症候群と中国鍼灸(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

前脊髄動脈症候群について

前脊髄動脈症候群の原因|前脊髄動脈症候群【神経疾患】

前脊髄動脈症候群に対する当院の取り組み

前脊髄動脈症候群原因|前脊髄動脈症候群【神経疾患】

当院の前脊髄動脈症候群治療の目的は、前脊髄動脈症候群の回復程度を高めることと前脊髄動脈症候群が完治するまでの時間の短縮することです。
前脊髄動脈症候群の程度が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリ【脊髄透穴針】で、最大限の効果を引き出しています。
前脊髄動脈症候群の治癒で、感覚と運動障害の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

前脊髄動脈症候群の鍼灸治療法

前脊髄動脈症候群の鍼灸治療症例と臨床経験

前脊髄動脈症候群鍼灸治療症例 :上位前脊髄動脈症候群では、【脊髄透穴針】:夾脊穴、唖門、風府、大椎、天宗、風門、肺兪、後渓、曲池、合穀。下位前脊髄動脈症候群では、取穴:夾脊穴、風池、大椎、天宗、風門、肺兪、後渓、曲池、両側の腰眼、大腸兪、腎兪。

前脊髄動脈症候群鍼灸臨床経験 :当院では、多くの前脊髄動脈症候群の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの前脊髄動脈症候群患者が通っていらっしゃいます。前脊髄動脈症候群患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸院の針灸(鍼灸)治療では、前脊髄動脈症候群患者の回復は良好で、多くの前脊髄動脈症候群患者は普通に歩けるようになりました。
前脊髄動脈症候群の安定期に、なるべく早い段階で、鍼灸治療を開始しますと、脊髄の機能回復がよく、保存治療として優先的に選択すべきです。2年前、15歳の中国体操選手ナンバ1張 楡さんが練習中に事故となって、上位前脊髄動脈症候群になったが、早い段階で針灸治療を受け、回復し、現在も中国体操チームで、活躍しています。

前脊髄動脈症候群の鍼灸治療のメカリズム

前脊髄動脈症候群の原因|前脊髄動脈症候群【神経疾患】

当院独自開発した脊髄治療法:脊髄にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ脊髄組織を改善する仕組みです。
1.【脊髄透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.脊髄動脈の血流量が増え、脊髄への血流供給が増え、損傷した脊髄組織を修復します。
4.「確率共鳴」という現象が起き、脊髄の働きを活発化させます。
5.脊髄の神経細胞が活性化されます。
6.脊髄の機能を活性化します。

前脊髄動脈症候群治療の実際様子と流れ

前脊髄動脈症候群の原因|前脊髄動脈症候群【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

前脊髄動脈症候群の原因|前脊髄動脈症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
前脊髄動脈症候群の原因|前脊髄動脈症候群【神経疾患】

前脊髄動脈症候群患者の声

前脊髄動脈症候群と西洋医学

脊髄外傷の分類

前脊髄動脈症候群は脊髄外傷の程度によって:完全型脊髄外傷と不完全型脊髄外傷に分類します。

前脊髄動脈症候群の分類

前脊髄動脈症候群の病因

前脊髄動脈症候群患者の質問

前脊髄動脈症候群患者P様

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん