中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>神経系疾患> トロスハント症候群

トロスハント症候群

トロスハント症候群 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

トロスハント症候群について

片側 トロスハント症候群の治療前| トロスハント症候群の治療結果トロスハント症候群鍼灸治療前
片側 トロスハント症候群の治療| トロスハント症候群の治療結果トロスハント症候群鍼灸治療後

トロスハント症候群とは、海綿静脈洞の炎症性肉芽腫が原因で、動眼神経、外転神経、滑車神経と三叉神経が圧迫される病気です。
海綿静脈洞には、眼球運動を司る動眼神経、外転神経、滑車神経と顔の感覚を司る三叉神経が通っています。海綿静脈洞に炎症性肉芽腫が起きると動眼神経、外転神経、滑車神経と三叉神経が圧迫され、神経障害が起きます。
動眼神経、外転神経、滑車神経が圧迫されると、瞼が垂れ、物が二重に見えます。
三叉神経が圧迫されると、片目が激しく痛みます。
片方の海綿静脈洞の炎症ですので、眼痛、複視と眼瞼下垂は同じ側に生じます。

トロスハント症候群に対する当院鍼灸治療の取り組み

 トロスハント症候群原因| トロスハント症候群【神経疾患】

当院の トロスハント症候群の治療目的は、 トロスハント症候群患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと トロスハント症候群の完全な回復までの時間を短縮することです。
トロスハント症候群の治療は、西洋医学以外に東洋医学の針灸治療があります。当院長は トロスハント症候群患者の期待に応えるため、 30年間、 トロスハント症候群の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法【眼底透穴針】を開発しました。 特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%です。

トロスハント症候群の鍼灸(針灸)治療法

トロスハント症候群の鍼灸(針灸)治療: トロスハント症候群患者30名。 トロスハント症候群患者の中、腫瘍による トロスハント症候群が18%、外傷による トロスハント症候群が13%、動脈瘤による トロスハント症候群が18%、糖尿病を含む虚血による トロスハント症候群が17%、その他12%が不明でした。取穴:風池、風府、行間、太沖、肝兪、陽白、攅竹、四白、太陽、晴明。

トロスハント症候群の鍼灸(針灸)臨床経験:当院では、多くの トロスハント症候群の症状を完治、或いは改善してきました。今も多くの トロスハント症候群患者が通っていらっしゃいます。 トロスハント症候群患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かい針灸(鍼灸)治療を行っています。中国鍼灸院の針灸(鍼灸)治療では、 トロスハント症候群患者の回復と予後は良好で、多くの トロスハント症候群患者は普通の生活が可能となりました。
トロスハント症候群の治療は、 トロスハント症候群の原因治療が必要です。命にかかわる病気の場合は、病院の緊急治療が必要です。

トロスハント症候群の鍼灸治療のメカリズム

 トロスハント症候群の原因| トロスハント症候群【神経疾患】

当院が独自開発した【眼底透穴針】治療法:眼球の奥にある特殊なツポに一本の針を通し、微弱電流で刺激し、電気信号は電気エネルギーに変えて、海綿静脈洞の局部免疫細胞の働きを活発させ、炎症性肉芽腫を吸収する仕組みです。
1.【眼底透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.海綿静脈洞の局部免疫細胞の働きを活発させます。
4.海綿静脈洞の局部免疫細胞の働きによって、炎症性肉芽腫を吸収させます。

トロスハント症候群治療の実際様子と流れ

 トロスハント症候群の原因| トロスハント症候群【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
1.特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

 トロスハント症候群の原因| トロスハント症候群【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
 トロスハント症候群の原因| トロスハント症候群【神経疾患】

トロスハント症候群の概要

トロスハント症候群の原因

トローザハント症候群は、炎症性の肉芽腫が海綿静脈洞にできることによって、眼球運動を司る動眼神経、外転神経、滑車神経と顔の感覚を司る三叉神経が圧迫されたことが原因です。

トロスハント症候群の症状

  1. 眼瞼下垂
  2. 複視
  3. 眼痛

トロスハント症候群の検査

  1. 海綿静脈洞の組織検査
  2. 複像検査:Hess chart、赤ガラス試験
  3. 画像検査:CT、MRI

トロスハント症候群の診断

トロスハント症候群の診断は、症状、海綿静脈洞の組織検査と、CT検査やMRI検査の画像に基づいて、確定します。

トロスハント症候群の西洋医学的な治療

ステロイド投薬治療です。グルココルチコイドで治療可能だが、40%が再発します。

トロスハント症候群患者の質問

トロスハント症候群SA様

[ 症状、ご相談内容 ] :
トロスハント症候群と診断され、一ヶ月入院、動眼神経麻痺、滑車神経麻痺で右瞼下垂、右目複視になってます。ステロイド投薬治療の継続で すが、副作用が気になります。そんなときネットで貴治療院を見つけ治ったという記事を見つけました。しかしながら、当方住まいが島根県 のため通院も困難。そこで漢方薬相談です。各症状に応じてネット画面上に出てくる漢方薬が効果があると考えてよろしいのでしょうか。 通院した場合、重篤度合いで治療回数は異なると思いますし、早期治療がよいのかも知れませんが、年月が経過しても治療は可能なのでしょう か。 通院した場合、治療と治療のスパンはどれくらいなのでしようか。例えば1週間に一回とか。 お忙しい中、宜しくお願いします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った トロスハント症候群の方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
お世話になっております。
先々週から、目の痛みがほとんどなくなり、右瞼下垂、右目複視も無くなりました。
実は、先生の治療を受けた2週間後、普段の生活が戻って参りました。ありがとうございます。
今回の件はで体調管理の重要性を実感しております。健康管理でこれからも定期的に鍼灸治療を受けたいので、宜しくお願いします。

 

神経麻痺と鍼灸(針灸)治療

脳卒中・脳梗塞後遺症  橈骨神経麻痺(マヒ) 顔面神経麻痺 多発神経炎 脊髄外傷  坐骨神経麻痺  足根管症候群  肘部管症候群(尺骨神経麻痺) 腓骨神経麻痺 外傷性散瞳  外転神経まひ(麻痺)  鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん