中国鍼灸院 東京・銀座

脊髄損傷

脊髄損傷と中国鍼灸(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

脊髄損傷について

脊髄損傷の原因|脊髄損傷【神経疾患】

脊髄損傷とは、脊椎外傷(スポーツ、交通事故など)、脊椎病変(老化による脊椎変形、後縦靭帯骨化症、椎間板炎など)が原因で、脊髄の神経が機能しなくなる病気です。
脊髄損傷は、損傷の脊髄から遠位運動と知覚が障害されます。
脊髄損傷は、程度によって、完全麻痺と不完全麻痺に分けます。 完全麻痺の場合、下肢が完全に動かなくなり、感覚もなくなります。
不完全麻痺の場合、下肢が一部動かなくなり、感覚も一部なくなります。

化膿性椎間板炎による脊髄損傷患者の質問

脊髄損傷患者LY様

[ 症状、ご相談内容 ] :
はじめまして、よろしくお願いします。
2012年の秋突然、化膿性椎間板炎を発症し下半身麻痺になり、当時は寝たきりか車椅子と宣告されましたが、少しずつ回復し何とか歩けるようにはなりました。
今は階段の登り下りには今でも不安定で、平地の歩行にもまだまだ障害か残った状態です。
頭皮鍼・整体・トリーガーポイント治療など色々試してみましたか、効果を実感出来ずに現在に至っています。
だんだん諦めかけている時にこのサイトを見つけました。
自宅が岐阜県なんで、どれ位のペースで通えばいいのかお聞かせ下さい。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は化膿性椎間板炎による脊髄損傷には、かなり 有効です。
最近、ある化膿性椎間板炎による脊髄損傷患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 運動障害の症状がかなり良くなりました。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
どれ位のペース通うかは、診察してみないと分かりませんので、一度お電話予約した上、 ご来院ください。

患者様の返信:
最初の6回は、治療効果を実感できず不安になることもありましたが、 通院する内に、日ごとに症状が軽くなっていきますので、通院は苦になりませんでした。
今は平地歩行も階段上りもまったく不自由を感じません。
院長先生には大変お世話になりました、どうもありがとうございました。

「頸椎症性脊髄症」の手術による脊髄損傷患者の質問

脊髄損傷患者JK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
前 略
72歳、男性です。
「頸椎症性脊髄症」の手術を、昨年4月末受けました。
手術は成功しておりますが、脊髄損傷(神経損傷)が残っている様です。 歩行ふらつき、肩こり、右手しびれ等が手術時より強くなっております。 医師より、リリカ・75、オパルモン、渇根湯(漢方)、テルナリンを頂いております。 しかし、症状は良くなる傾向はありません。 医師は「再生医療(ips細胞)しか方法は無い」と言っております。 日常生活にも不便を感じております。 対処療法でも良いと思うようになりました。
何か良い治療法はありませんか。

当院の返事:
いまの漢方やリハビリよりも鍼灸治療は脊髄損傷には、かなり 有効です。痺れなどの後遺症も回復が可能です。

スポーツ外傷による脊髄損傷患者の質問

脊髄損傷患者様

[ 症状、ご相談内容 ] :
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん