中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>産婦人科疾患>子宮内膜症と子宮筋腫

子宮内膜症と子宮筋腫

子宮内膜症と子宮筋腫と中国鍼灸 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう  

子宮内膜症患者の質問

子宮内膜症SD様

子宮内膜症の原因|子宮内膜症の中国鍼灸治療【産婦人科疾患】

[ 症状、ご相談内容 ] :
病院の検査で子宮筋腫と子宮内膜症が見つかりました。
筋腫は小さいものがいくつかあり、内膜症は3cm程の大きさで子宮が腫れているようです。 子宮筋腫、内膜症共に改善させたいのですが。
個人差はあると思いますが、鍼治療する場合はどのくらいの頻度でどれくらいの期間がかかるでしょうか。

当院の返事:
私の経験から、当院の鍼灸治療は子宮筋腫と子宮内膜症 には、かなり有効です。
最近、一人子宮内膜症患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 子宮内膜症の症状がかなり良くなりました。
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
  何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察してみないと分かり ませんので、一度お電話予約した上、ご来院ください。<

患者様の返信:

子宮内膜症WD様

[ 症状、ご相談内容 ] :
初めましてよろしくお願いします。
子宮内膜に筋腫があります(6cm)生理痛がひどく3日寝込むほどです。鎮痛剤も飲まないで耐えていましたが、先月、先々月と飲んでみま したがあまり効きませんでした。治療は生理が始まる何日前からがよろしいでしょうか、また今月24日が予定なんですがどうしても寝込め ない予定がありまして今からでも治療は間に合うものでしょうか。よろしくお願いします。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。
  寝込めない為に治療は生理の始まる前と関係なく、すぐスタートした方がいいです。

患者様の返信:

子宮疾患と鍼灸治療

子宮後屈 子宮内膜症 子宮内膜症 子宮下垂 子宮筋腫 子宮内膜症 子宮発育不全 不妊症

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん