中国鍼灸 東京・銀座

子宮脱

子宮脱 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

子宮脱について

子宮脱患者の声|子宮脱【難病】

子宮脱とは、子宮の位置が異常に下がり、子宮が腟から脱出してくる病気です。
子宮が下方にずり落ちないように、骨盤底を筋肉や靭帯で支える必要があります。骨盤底の筋肉と靭帯の力が弱くなると、子宮が下垂になり、子宮全体が腟から完全にはみ出して、子宮脱となります。
子宮脱は、膀胱や直腸も子宮とくっついて脱出する場合があります。
子宮脱は頻産婦、産後に無理な力仕事をすると起こやすいですが、体質も関係します。
骨盤内の臓器が腟から脱出してくる臓器により、子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤、小腸瘤など分けます。子宮脱は一種の骨盤底ヘルニアと考えられています。
子宮脱は命を脅かすような疾患ではないのですが、著しく生活の質を下げるのが子宮脱などの骨盤臓器脱です。

子宮脱の針灸臨床経験と当院の取り組み

中国鍼灸の子宮脱の治療目的は、子宮が元の位置に戻って、しかも再発しないことです。
西洋医学の手術治療以外に、子宮脱の新しい治療法を求めて、中国鍼灸が25年間、子宮脱の治療に力を入れて来ました。さまざま試行錯誤の末、当院長が【腹部透穴針】を考案しました。それによって、子宮脱の治療をより精確的に行ってきました。そして多くの子宮脱者を治ってきました。 鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。
最も興味のある点は針灸治療後、子宮が元の位置に戻った71名子宮脱患者の多くはその後も再発しませんでした。

子宮脱の鍼灸治療法

子宮脱の鍼灸治療症例と臨床経験

子宮脱の鍼灸治療症例 : 子宮脱患者90名、【腹部透穴針】:曲骨、横骨、太沖、昆侖、三陰交、足三里、下巨虚、命門、長強。

子宮脱の鍼灸臨床経験 : 子宮脱の針灸治療は安全性があって、即効性もありますので、手術以外の選択肢として、お勧められる方法だと思います。多くの子宮脱患者が当院で、数回の針灸治療を受けた後、すぐにも下垂した子宮が自然に上がりました。

子宮脱鍼灸治療のメカリズム

骨盤底筋肉の中にある神経(脱神経)が電気ハリに刺激され、骨盤底筋の収縮が回復すると考えられます。

子宮脱患者の声 泉様 58歳 江戸川区在住

子宮脱患者の声|子宮脱【難病】

先生の御蔭で長年の悩みが消え、不便な生活は、すっかり無くなりました。
子供は2人産みました。昨年秋、がん検診を受け子宮が下がっていると言われたのでリングを入れました。30分くらいのウオーキングや、畑仕事をすると、おりものが増え、かぶれ、出血、尿の回数が多いなどの症状があります。異常はないとのことですが、リングを入れた後も、子宮は下がっています。
掛かり付けの医師から「子宮脱」は中国鍼灸が鍼灸治療技術を持っているから、という理由でご紹介を頂きました。
早速、その足で中国鍼灸に行き、5回目の治療から、脱出した子宮は戻り始め、7回目から違和感がまったくなくなり、内診では、子宮が完全に元に戻りました。
一時手術も考えていましたが、こんなに確実に結果を得る事ができ、感謝の気持ちで一杯です。本当に、どうも有難うございました。もし今後体に不調がありましたら、またお世話になりたく、その際は何卒宜しくお願い致します。 (以上御本人の承諾をいただいて掲載いたしました)

子宮脱の鍼灸治療のメカリズム

子宮脱の原因|子宮脱【婦人疾患】

当院独自開発した【腹部透穴針】治療法:腹部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、 骨盤底筋と靭帯組織を健常化する仕組みです。
1.【腹部透穴針】:特殊なツボにハリを打ちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.腹腔動脈の血流量が増え、骨盤底筋と靭帯への血流供給が増え、骨盤底筋と靭帯を活発化させます。
4.骨盤底筋と靭帯の力を強くさせ、子宮を元の位置に戻らせます。
5.骨盤底筋と靭帯の力を強くさせ、子宮脱の再発を防げます。

【子宮脱治療の実際様子と流れ】
子宮脱の原因|子宮脱【神経疾患】

1.当院独自開発した【腹部透穴針】治療法:
特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、 寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

子宮脱の原因|子宮脱【婦人科疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
子宮脱の原因|子宮脱【婦人疾患】

子宮脱と西洋医学 

子宮脱分類

      
  1. 不全子宮脱:子宮腟部が腟口から下降しているけれども、子宮全体は腟外へ脱出していない場合は不全子宮脱。
  2. 全子宮脱:子宮全体が脱出している時は全子宮脱。子宮脱では子宮頸部延長症が合併することが多い。

子宮脱の原因

  1. 体質
  2. 妊娠や経腟出産
  3. 慢性的なせき
  4. 便時の過度のいきみ
  5. 神経障害
  6. 重いものを持ち上げる
  7. 外傷
  8. 腫瘍

子宮脱症状

子宮脱では陰部に何か物があるような感じ(膣内異物感)や、陰部が引っ張られているような、あるいは重苦しいといった症状を訴えます。

  1. 性器の脱出感
  2. 脱出した部分が歩行の障害
  3. 脱出部分の粘膜のただれや炎症のために出血

子宮脱の検査と診断

子宮脱の検査:

  1. 視診
  2. 内診

子宮脱の体操

ケーゲル体操は座っていても、立っていても、横になっていてもできます。
ケーゲル体操で骨盤底筋を強化することにより改善されることがあります。
 ケーゲル体操は、腟、尿道、直腸周囲の筋肉を強化するために行います。排尿を途中で止めるときのようにこれらの 筋肉をきつく引き締めて、約10秒間その状態を維持し、次に約10秒間ゆるめます。10〜20回を1 セットとして、1日に数セット行います。
加齢による子宮下垂が軽度であれば、骨盤底筋群を鍛える体操が効果的です。

子宮脱の西洋医学的な治療

子宮脱の西洋医学的な治療:

  1. 手術
  2. ペッサリー

子宮脱患者の声

子宮脱UI様

[ 症状、ご相談内容 ] :
現在二つの病気を抱えています。
1)子宮脱
  最近婦人科に診てもらい子宮脱と診断されました。子宮が下がってきているのでペッサリーを入れなければならないと言われました。 しかし、一生3か月に一回ペッサリーを交換さなければいけないらしく、筋肉が老化しており完治しないと言われ、目の前が真っ暗になりまし た。 鍼で完治する方法がありますか。
2)耳管閉方症
  耳管が開いたままになっているので、 いつも水の底にいる感じがし、もわーとした不快な毎日を送っております。耳鼻科で薬や鼻薬をもらい飲んでいますが、いつも耳が塞がってい る状態が消えません。 特に、季節の変わり目は大変な思いをしなければなりません。これも鍼で改善できるでしょうか。
以上の病が改善できる可能性はあるでしょうか。 ぜひとも一度診察をしていただけたらとお願い申し上げます。 ご連絡をお待ち致しております。 どうかよろしくお願い致します。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は子宮脱と耳管開放症には、 かなり有効です。 1週間前、一人子宮脱患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 子宮脱が元に戻りました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な治療法で、治った子宮脱と耳管開放症 の方がたくさんいらっしゃいますので、心配ないと思います。 

患者様の返信:
子宮脱と言われ、中国鍼灸の治療を受けるようになり、最初の数回は、変化というより残尿感がなくなる程度でしたが、3週目終わり頃より 、少しずつ下垂の度合いが軽くなり、かなり下半身がすっきりとしてきました。
今5週目に入っていますが、ウオーキングなど長時間歩いた後は、重たくなる程度で、回復してきており、ホッとしています。
どうもありがとうございます。

子宮脱患者M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
骨盤臓器脱の様子がありますが、どの臓器が下がっているのかわかりません。子宮脱以外でもそちらで治療されて いますでしょうか?

子宮脱患者MS様

[ 症状、ご相談内容 ] :
子宮脱で困っています。病院で手術と言う所まで話しが行きまさしたが手術は嫌なので、針治療で治せるとネットで拝見してメールしました。

子宮脱患者の治療相談

子宮脱患者U様

[ 症状、ご相談内容 ] :
1カ月検診で子宮脱になっているとのことで、リングペッサリーをつけていますが、2カ月検診で診察して頂きましたが、症状は緩和されず… です。ケーゲル運動の仕方もイマイチできていない気がします。運動の仕方や、鍼での治療など、完全に治したいです。よろしくお願い致します。

子宮脱患者D様

[ 症状、ご相談内容 ] :
子宮脱で悩んでいます。腰痛、50肩もあります。 青森在住ですが、出張で月1東京行くのですが、何回通院か?月1回の治療でもよくなれますか?2月23日三時半先生に診察してまらえます か?だいたいの費用教えてください。よろしくおねがいします。

子宮疾患と鍼灸治療

子宮後屈 子宮内膜症 子宮下垂 子宮脱 子宮腺筋症 子宮発育不全 不妊症

鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん