中国鍼灸 東京・銀座
病気検索>難病>脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症と中医 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に
    聞いてみよう

脊髄小脳変性症について

脊髄小脳変性症の治療前|脊髄小脳変性症の治療結果 治療前 
脊髄小脳変性症の治療後|脊髄小脳変性症の治療結果 治療後

脊髄小脳変性症とは、小脳および脳幹から脊髄にかけての神経細胞が徐々に破壊、消失していく病気です。
脊髄小脳変性症は、歩行時のふらつきや、手の震え、ろれつが回らない等を症状とする神経の病気です。動かすことは出来るのに、上手に動かすことが出来ないという症状です。主に小脳という、後頭部の下側にある脳の一部が病気になったときに現れる症状です。この症状を総称して、運動失調症状と呼びます。
脊髄小脳変性症は、部位によってオリーブ橋小脳萎縮症、皮質性小脳萎縮症、マシャド・ジョセフ病、歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症フリードライヒ失調症 などに分類されます。
脊髄小脳変性症の症状は、主に運動失調です。足がフラツク、手がうまく使えない、舌が喋る時にもつれるなどの症状があります。脊髄小脳変性症では症状が緩徐進行性に進むというのが特徴です。
運動失調以外にも、自律神経症状としての起立性低血圧、発汗障害、排尿障害など、錐体路症状として下肢のつっぱり、その他、末梢神経障害や筋の萎縮などがおきます。

脊髄小脳変性症に対する取り組み

中国鍼灸の脊髄小脳変性症の治療目的は、脊髄小脳変性症の方にできるかぎりの回復の機会を提供することと脊髄小脳変性症の完全な回復までの時間を短縮することです。
当針灸院(鍼灸院)は30年前から、脊髄小脳変性症の針灸治療を取り組んできました。各国の脊髄小脳変性症に対する治療方法を研究し、中国鍼灸の特殊な脳透穴針療法を開発しました。そして脳透穴針療法療法を応用した結果、多くの脊髄小脳変性症の方の歩行障害、構音障害、書字障害など症状を改善しました。
鍼灸治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると70%は経過がよいと考えられます。
特に立ちくらみと歩行困難の改善が目立ちます。
中国鍼灸の治療方法は脊髄小脳変性症の症状の頑固さに応じて、多岐に渡って行います。当針灸院(鍼灸院)長は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。そして脊髄小脳変性症の症状の回復は、脊髄小脳変性症の方の生活の質を向上させるのに役に立っています。

脊髄小脳変性症の鍼灸治療法

脊髄小脳変性症の鍼灸治療症例と臨床経験

脊髄小脳変性症の鍼灸治療症例 :脊髄小脳変性症の方457名、脳透穴針療法。

脊髄小脳変性症の鍼灸治療臨床経験 :中国鍼灸では、今も多くの脊髄小脳変性症の方が通っていらっしゃいます。脊髄小脳変性症の方の一人一人の症状に合わせて中国鍼灸はきめ細かく針灸治療を行います。針灸治療後、脊髄小脳変性症の方の生活の質と予後は比較的良好です。大多数の脊髄小脳変性症の方は社会復帰が可能になりました。

脊髄小脳変性症の鍼灸治療のメカリズム

脊髄小脳変性症の原因|脊髄小脳変性症【難病疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけ、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、脊髄と小脳の神経組織を健常化する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.「確率共鳴」という現象が起き、大脳、小脳、脊髄の神経の働きを活発化させます。
4.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、小脳と脊髄への血流供給が増え、損傷した小脳と脊髄の神経組織を健常化します。

脊髄小脳変性症治療の実際様子と流れ

脊髄小脳変性症の原因|脊髄小脳変性症【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

脊髄小脳変性症の原因|脊髄小脳変性症【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』

脊髄小脳変性症の方小泉様からのメール

脊髄小脳変性症の方の声|脊髄小脳変性症【神経系疾患】

お陰様で、脊髄と小脳の萎縮が改善して、歩行もできるようになりました。
最初に脊髄小脳変性症と診断されたときには、すでにかなり進行していた状態でした。医者にも「あなたの脊髄小脳変性症はずいぶん前からのものだ」と言われました。 その後、転々と病院に治療を受けましたが、足はかろうじて歩ける程度になり、飲み薬は毎日続けておりますが、歩行がフラツク、手がうまく使えない、喋る時に舌がもつれるのが悪くなる一方でした。
「寝たきり」になる不安を抱えながら、中国鍼灸を尋ねました。針灸治療を1カ月受けた後、運動失調も少しずつ回復し、さらに2か月後、歩行がフラツク、手がうまく使えるようにました。近所の病院で検査では、小脳の萎縮がかなり回復しました。
針灸治療を受けてから、3年が経ちました。現在経過は良好で、歩行がしっかりしていて、喋る時に舌がもつれなくなっています。「自由に歩けることができた」あの感激は終生忘れません。中国鍼灸のスタッフの皆さんに巡り合えた私は、幸運だったと思います。

欧米における脊髄小脳変性症の最新研究

近年、欧米では解剖学・脳神経外科学・神経内科の知見に加えて、中医学の鍼灸技術を活かし、経穴や経絡を利用した治療の研究が進められています。
電気鍼は、脊髄小脳変性症の治療法として、脊髄小脳変性症のうち、オリーブ橋小脳萎縮やシャイ・ドレーガー症候群に対して、集計が行われました。
その結果、電気鍼治療例における治癒率ならびに治癒と軽快を合わせた改善率は、それぞれ80.5%、78.1%であり、 電気鍼使用前のリハビリ療法の成績(治癒率4.9%、改善率25%)に比較すると、治癒率において、高い治療成績を得ることができました。
皮質性小脳萎縮症においても、電気鍼使用例ではリハビリ治療群と比較して、有意差はないものの、高い改善率を得ました。
電気鍼が中枢神経におけるニューロンの活性亢進ならびに神経成長因子の増加作用を有し、自律神経失調ならびに失行症などの運動障害に対して有効であるとの報告があったことから、見当識の障害例に使用しました。
電気鍼は、これまで有害事象は認めておらず、 脊髄小脳変性症は改善まで少なくとも1カ月以上要し、経過の長い症例では1年以上かけて改善する症例もあることから、電気鍼は本疾患に適した治療法と言えます。

脊髄小脳変性症の概要

脊髄小脳変性症の原因

  1. 孤発性脊髄小脳変性症 :皮質性小脳萎縮症 、多系統萎縮症オリーブ橋小脳萎縮症)。
  2. 遺伝性脊髄小脳変性症:脊髄小脳失調症は現段階で17型まで発見されている。

脊髄小脳変性症の分類

  1. オリーブ橋小脳萎縮症<
  2. シャイ・ドレーガー症候群
  3. ルイ・バー症候群(毛細血管拡張性運動失調症)
  4. 皮質性小脳萎縮症
  5. マシャド・ジョセフ病
  6. 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症
  7. フリードライヒ型失調症

脊髄小脳変性症の症状

  1. フラツキ
  2. 自律神経失調
  3. 運動障害

脊髄小脳変性症の検査

  1. 脳の画像診断
  2. 重心移動計
  3. 眼球電位図
  4. 血液検査

脊髄小脳変性症の診断

脊髄小脳変性症は、臨床症状のみで診断は可能です。家系調査や脳のMRI所見は診断上重要となります。

脊髄小脳変性症の西洋医学治療

脊髄小脳変性症の西洋医学治療は現在、対症療法で進行を抑えるしかないのが現状です。

脊髄小脳変性症の生活注意点

脊髄小脳変性症の方は運動神経の変性によって転倒の危険が増すため、リハビリ、特に手足腰の筋肉を鍛えることで大きなけがを防ぐ事に繋がるので、ウオーキングや筋トレーニングをしましょう。

脊髄小脳変性症の予後

脊髄小脳変性症の個人差はありますが、症状は徐々に進行し、左右対称に現われます。小脳性失調、錐体路症状のみの場合、進行は遅く予後も良いです。
錐体外路症状や自律神経失調があると、経過は早くて予後が悪くなります。

脊髄小脳変性症患者の質問

脊髄小脳変性症FY様

脊髄小脳変性症の原因|脊髄小脳変性症【難病疾患】

[ 症状、ご相談内容 ] :
初めまして。私、貴院の患者の紹介でメールさせてもらいました。
今年の初めくらいから、フラツキがひどくなり、現在は壁伝いに歩いている状況です。地元の病院では脊髄小脳変性症と診断を受けました。 貴院での治療を希望します。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は脊髄小脳変性症には、 有効です。一度お電話予約した上でご来院ください。

患者様の返信:
いつもお世話になっております。
おかげさまで、フラツキがかなり軽くなり、現在は一人で歩けるようになっている状況です。 ありがとうございます。脊髄小脳変性症の治療に長い間悩んで来たので嬉しく思います。
3月24日 火曜日の3時に予約をさせていただきました。 どうぞよろしくお願いします。

脊髄小脳変性症患者の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症診断で6月末から週に1回のペース通院し、鍼の施術をして頂いております。この週に1度 程度という間隔で良いのか、どのくらいのペースで施術して頂くのがベストなのか

脊髄小脳変性症の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
昨年よりふらつき、歩いてバランスがとれない。階段の昇降がうまく出来ないなどの症状があり病院に行ったら脊髄小脳変成症と診断されました。

脊髄小脳変性症患者様HD

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症と診断されました。昨年12月までは1人で杖を使用して歩いておりましたが、今では1人で歩行 するのが困難になり、家の中では傳え歩きですが、病院等では車椅子となりました。医大にも1か月1回の診察に行っておりますが、症状報 告に行くようなもので、治療等は全なしです。実際経過はどのようでしょうか。教えていただけませんか。

脊髄小脳変性症患者I様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳脊髄変性症です 歩き方がぎこちない 身体が冷たく暖かい日でも上着を着てます 身体が硬くリラックス出来ない 等の症状がありますが、改善できるでしょうか。

脊髄小脳変性症患者T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症で貴所に治療していただいている佐藤です。症状はかなりよくなりましたので、 お休みしても大丈夫ですか 。

脊髄小脳変性症患者HT様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症を発症しております。44歳位から膝に違和感を感じ、震災後急に症状が悪化し、一 年位の間医者の診断のもと、「セレジスト」を服用しておりましたが、私には合わなかった様で、更に悪化した為、現在は何もする術が有り ません。徐々に進行して行く現状に怯えながらの毎日です。もし、少しでも改善が望めるのなら、お話を伺いたいのですが、どのようにすれ ば良いかお教え下さい。宜しくお願い申し上げます。

脊髄小脳変性症患者LR様

[ 症状、ご相談内容 ] :
小脳が小さく歩行困 難な状況で、脊髄小脳変性症の疑いありです。 改善された方に小脳萎縮が回復したと書かれていた方がいま したが、小脳が大きくなることがあるのですか。

脊髄小脳変性症T様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症の認定を受けこれまで何もなく生活してきました。しかし12月に杖を 使うようになりました。更に平成27年4月25日に突然固定したものに捕まらなければ移動できなくなりました。貴院に行けず在宅で治療 できないか伺います。よろしくお願いいたします。

脊髄小脳変性症患者SR様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症と診断されました。 現在は治療法がないため、特定疾患の書類を書いてもらう時に診断してもらうために診察に行くくらいです。 今は、杖をつき歩行しています。 先日自宅で利き足を床に打ち、血混じりの液を20CC位い取りそろそろ一ヶ月が経ちます。症状もだいぶよくなってきましたが、3日前から 眼振が強くなり、かなりふらふぃらして歩行が困難になりました。 やはり小脳の機能が低下しているのではと思うのですが、貴院の治療等に行ってみてもいいものなのでしょうか。

脊髄小脳変性症患者R様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症による小脳失調は障害ではありますが、近いうちにお伺いしたいと思います。

脊髄小脳変性症患者AK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
歩行困難を感じるようになり、2016年より、神戸市民病院で脊髄小脳変性症と診断され、オンピリオンで現在は 、神戸大学医学部病院で治療を受けております。ここでは大脳皮質基底核症と判断されて、治療を受けておりまうが更に病気が進行している よう で、最近では大変と歩行困難の状態です、困難をしております 昨日も病院にいきましたが、先生曰く打つ手はなしとのことで薬のみいただき帰宅した次第です。貴医院では何か手立てがありますか?お教え ください。

脊髄小脳変性症患者Y様

[ 症状、ご相談内容 ] :
2年位前から歩くとふらつきが有り、半年位前から、ふらつきがひどくなり、最近では、字がうまく書けない、 ろれつがまわらない、などの症状があります。 先日医者に診てもらったところ脊髄小脳変性症と診断され、今の所治療法はないと言われました。 日々の生活にも支障が出るので困っています。 貴鍼灸院で治療していただけるのでしょうか。

脊髄小脳変性症患者YM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
治療始め、歩行困難は少し良くはなっていますが、 なかなか、フラツキが取れず どうぞよろしく御高診、御治療をお願い申しあげます。

脊髄小脳変性症・オリ-ブ橋B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
検査入院の結果、脊髄小脳変性症・オリ-ブ橋と診断されました。
症状としては、典型的な症状が、若干、伺えがまえますが、発症は初期で進行は遅いとの、病院の先生の話です。仕事は自営業でトラックを運転する事も多々 ありますが、最近は控えております。診断後は、本人も意気消沈しており、精神的にも浮き沈みがあり、体調的にも調子の良い日、悪い日の 差が激しい様です。
ネットで、鍼灸治療を知りましたが、なにかアドバイス等があればと思いメールした次第です。鍼治療における費用、治療期間、改善効果の見 込み、又、リスク等は無いのかを含め、アドバイス頂ければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。
※今まで気が付きませんでしたが、考えてみると2年前位から徐々に症状が出ていたのかなと思われます。

当院の返事:
先月、一人脊髄小脳変性症患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 歩行困難の症状がかなり良くなりました。
治療費は6500円/1回です。
治療期間、何回ぐらい治療すれば、完治するかは、診察 してみないと分かりませんので、一度お電話予約した上、 ご来院ください。 リスクや副作用はございません。

患者様の返信:
ありがとうございます。付添の人の予定もあるので私の一存でいつうかがうとは 申し上げの難いのですが、近日中には必ずうかがわせていただきます。

脊髄小脳変性症ZC様

[ 症状、ご相談内容 ] :
今年に入り歩行バランスがとりづらい(階段の上り下りには手すりにつかまらないと無理な状態です)のと、滑舌が悪く気になる時があります 。文字を書く時も以前のような筆遣いができません。以上が今現在気になっている症状です。香川医大の脳神経内科で検査をした結果、小脳 のみ委縮があり、小脳の血流が悪くなっているためそれらの症状が起こっているとのことです。血縁関係にはそのような病気の人はいません

脊髄小脳変性症患者AK様

[ 症状、ご相談内容 ] :
ふらつき、めまい、パソコンの誤字脱字、言語障害、思考低下の自覚症状があり病院を診療したところ、今年7月にアルコール多 飲による小脳変 性症と診断されました。進行は早くはないが、徐々に進行するとの事です。 症状を少しでも軽減させたく、貴院を訪れることにしました。

脊髄小脳変性症患者A様

[ 症状、ご相談内容 ] :
今年8月で、 脊髄小脳変性症 との病院での診断です。 1か月+毎に当職付き添いで通院し、経過観察状態で薬は出していただいてますが聞いているとは思えません。 歩行は、杖利用ないし家ではつかまり歩きはできています。筆記は相当困難です。料理はできていますし包丁でけがはしておりません。食欲は 衰えておらず、トイレもふつうのようです。

脊髄小脳変性症患者V様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症のマシャド・ジョセフ病と診断されています。一人でようやく歩ける程度です。

脊髄小脳変性症患者M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症の者です。母方の家系がこの病です。私も45歳位から症状が出始め、今では階段を下りる事が困難になっ てしまいました。ネットで此方を知り、問診及び治療が可能であれば、お願いをしたいのですが、宜しくお願い申し上げます。

脊髄小脳変性症患者VM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症のご相談をしたものです。 HPを拝見していると、健康保険利用可能であることが わかりました。 どのようにすれば健康保険を利用できますか?また自費ではとても支払いきれないので、支払いが少なくなるケースをご教示ください。宜しく お願いいたします。

脊髄小脳変性症患者X様

[ 症状、ご相談内容 ] :
5年前から症状が出始めて最近は本当に歩きずらくてバランスを崩して家の中ではよく転んで色んな所にアザを作ってしまいます。一番下 の子供がまだ小さいのでせめて歩行ぐらいは普通に近い状態で出来たら…と思うのですが、愛知県に住んでるので東京までは通うことが出来 ません。施術が1回とかなら行けると思いますがどうしたらいいでしょうか?名古屋とかでは同じような所はありませんか?

脊髄小脳変性症患者CZ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
兄弟にも多くの脊髄小脳変性症の者がおり、自分も現在、職も細々といったところです。 病院で遺伝子検査の結果、3型のマシャド・ジョセフ病であると確定。MRIだけの診断段階ですでに小脳に著しい「やせ細り」を指摘 され、実際の生活では、歩行が真っ直ぐできない。階段の昇降は手すり必須。呂律がかなり悪く、字が汚く、「代わりに書きましょうか?」 と言われることも・・・。現在、障害者5級ですが再認定を1年後に控え、進行は早まっていると感じています。鍼灸治療で改善の可能性は ありますか?

脊髄小脳変性症患者B様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症で杖を使わないと歩行が困難です。 小脳の病気の為に通っていて1日でも早く杖 を使わないで歩けるようになりたいのでかなり不安を感じています。(8月に出産をして臨月までは歩けました) いかがなものなのでしょうか?

脊髄小脳変性症患者TN様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症と診断されその後なんでもなく過ごしいてきました。しかし平成24年12月頃より歩行困難になりこの4月25日 より伝わり歩きしなければ歩けない状態になりました。その他に平成13年4 月と16年4月に脳内出血になりましたがそのことはこれまで何の影響もありません。杖なく歩くことだけでも出来ないものでしょうか。

脊髄小脳変性症BM様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症で要介護4と診断された私の義理の姉、つまり妻の姉についてご相談したくメールさせていただきました。 現在義姉は言語障害、歩行不能、眼振、そして手の震えが主な症状で、名古屋地区の介護施設にお世話になっています。 通院がほぼ不可能なので、何か良い治療法は無いかとご相談したいと思っています。

脊髄小脳変性症M様

[ 症状、ご相談内容 ] :
脊髄小脳変性症といわれました。1年半前まで大阪にいて大阪の松下記念病院の神経内科でも同じことを言われま した。

中枢神経の病気と鍼灸治療

歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症 フリードライヒ失調症 頭部外傷後遺症 多発性硬化症 過敏性腸症候群 パーキンソン病 線条体黒質変性症 オリーブ橋小脳萎縮症 シャイドレーガー症候群 てんかん 脊髄小脳変性症 多系統萎縮症 脳梗塞 自律神経失調症 心身症 統合失調症(精神分裂病)  認知症(痴呆)  バーンアウト症候群(燃えつき症候群) 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)