中国鍼灸院 東京・銀座
病気検索>神経系疾患>遅発性ジスキネジア

遅発性ジスキネジア

遅発性ジスキネジアの鍼灸 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

遅発性ジスキネジアについて

ジストニアの原因|ジストニア【神経系疾患】 ジストニア鍼灸治療前
ジストニアの原因|ジストニア【神経系疾患】 ジストニア鍼灸治療後

遅発性ジスキネジアとは、薬物使用による不随意運動が生じる状態です。
遅発性ジスキネジアは、ほとんど抗精神病薬使用後に出現します。制吐剤などの消化器官用薬や抗てんかん薬・抗うつ薬等でもこの状況を引き起こす事があります。
薬剤を投与してから、一般的には3ヶ月以上経ってから、症状が出現します。ただし、長く内服していると発症頻度がどんどん上がっていくと されているので、一人の個人についていえば、投与後5年で症状が出ることも10 年で出ることもあります。

遅発性ジスキネジアに対する当院の取り組み

当院の遅発性ジスキネジアの治療目的は、遅発性ジスキネジア患者のできるかぎりの回復の機会を提供することと遅発性ジスキネジアの完全な回復までの時間を短縮することです。
遅発性ジスキネジアの治療は、西洋医学以外に東洋医学の治療も効果的です。当針灸院は遅発性ジスキネジア患者の期待に応えるため、25年間、遅発性ジスキネジアの治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の【脳透穴針】を開発しました。そして良い成果を上げています。
遅発性ジスキネジアの原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。
鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせるとの方の85%は経過がよいと考えられます。
当針灸院に来られる遅発性ジスキネジア患者さんの多くは針灸治療で遅発性ジスキネジアの症状がなくなりました。遅発性ジスキネジア患者の生活の質を向上させるのに役に立っています。

遅発性ジスキネジア鍼灸治療法

遅発性ジスキネジア鍼灸治療症例と臨床経験

遅発性ジスキネジアの鍼灸治療症例遅発性ジスキネジア患者32名、【脳透穴針】:天柱、風池、風府、大椎、肩髃(けんぐ)、天宗、風門、肺兪、後渓、曲池。電気針、20分間後、吸い玉20分間。

遅発性ジスキネジアの鍼灸臨床経験:当針灸院(鍼灸院)では、多くの遅発性ジスキネジア患者の症状を回復させてきました。今も多くの遅発性ジスキネジア患者さんが通っていらっしゃいます。遅発性ジスキネジア患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの遅発性ジスキネジア患者は遅発性ジスキネジアから解放され、正常な生活を送ることができるようになりました。

遅発性ジスキネジアの鍼灸治療のメカリズム

遅発性ジスキネジアの原因|遅発性ジスキネジア【神経疾患】

当院独自開発した【脳透穴針】治療法:頭部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ脳組織を改善する仕組みです。
1.【脳透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.大脳大動脈、大脳中動脈、大脳小動脈の血流量が増え、脳への血流供給が増え、損傷した脳組織を修復
4.「確率共鳴」という現象が起き、大脳基底核の働きを健常化させます。
5.脳の運動エリア、感覚エリアと黒質の働きが活発になって、基底核、被殻、尾状核、小脳や脊髄の神経細胞が活性化されます。

【遅発性ジスキネジア治療の実際様子と流れ】
遅発性ジスキネジアの原因|遅発性ジスキネジア【神経疾患】

1.当院独自開発した【脳透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸院の新聞の紹介記事

遅発性ジスキネジアの原因|遅発性ジスキネジア【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
遅発性ジスキネジアの原因|遅発性ジスキネジア【神経疾患】

遅発性ジスキネジアの西洋医学治療

遅発性ジスキネジアの原因

  1. 抗精神病薬
  2. ドーパミン拮抗薬
  3. 胃腸薬

遅発性ジスキネジアの症状

遅発性ジスキネジアの症状としては、ほとんどの症例で不随意運動の始まりは、頸・顔の筋肉です。
従って、繰り返し唇をすぼめる・舌を左右に動かす・口をもぐもぐさせる・口を突き出す・歯を食いしばる等という症状で始まり、その後に上下肢に症状が広がる事がありますが、広がらず止まるものが多いです。
広がった場合は、手足が勝手におかしな動きをします。
上下肢に広がる時は、ジストニア、アカシジアをともなうことがあります。またミオクローヌスや振戦の動きも伴うことがあります。
ジストニアの動きの特色としては,持続の長いゆっくりした運動で、感覚トリックと言ってどこか体の一部に自分の手などでさわっていると症状が減少する現象があります。
アカシジアは、自覚的にじっとしていられないという感覚があり、動くとそのストレスから解放されるという精神的特色と、運動そ のものは異常ではなく、同じ動きを何度も繰り返さずにはいられないという運動面での特色があります。
アカシジアは薬剤の副作用で生じる事がほとんどで、この症状があるときは、遅発性ジスキネジアが発症していることを証明します。

ジスキネジアの症状

  • 繰り返し唇をすぼませる
  • 舌を左右に動かす
  • 口をもぐもぐさせる
  • 眼の瞬き早い
  • 舌の突き出し
  • 顔が歪める
  • 目を閉じるとなかなか開かずしわを寄せている
  • 勝手に手が動いてしまい、手に力が入って抜けない
  • 足が動いてしまって歩きにくい、足が突っ張って歩きにくい」
  • 歯を食いしばる
  • 遅発性ジスキネジアの西洋医学治療

    遅発性ジスキネジアの治療としては、原因薬剤の中止・変更、不随意運動への治療です。

    遅発性ジスキネジアの予後

    遅発性ジスキネジア自体で生命がおびやかされることはありません。また大半の患者さんは正常知能で知能が障害されてしまうこともありません。従来は原因がわかっておらず病気自体を根本的に治すことは困難でしたが、当院では鍼灸治療によって、良好な経過をたどることが多いです。

    遅発性ジスキネジアの生活注意点

    遅発性ジスキネジアは症状を出さない予防が一番の治療です。レボドパの使用量をなるべく少量にして治療に当たるというのが、一番の 予防です。

    遅発性ジスキネジア患者の質問

    口腔遅発性ジスキネジア患者XA様

    [ 症状、ご相談内容 ] :
    抗精神剤を飲んでいて、去年の7月くらいから舌が勝手に回るようになり、去年末からは歯のくいしばりが止まらず、医師からは 薬剤性の口腔遅発性ジスキネジアだとおもうと言われました。 医師からは、今は有効な薬がないとのことですが、そちらで診ていただくことは可能でしょうか? また、同じような症状で快方に向かった方はおられますでしょうか? よろしくお願いいたします。

    当院の返事:
    当院が開発した特殊な電気針治療法は口腔遅発性ジスキネジアには、かなり 有効です。最近、一人宮崎からの口腔遅発性ジスキネジア患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、 口腔ジスキネジアの症状がなくなりました。 今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。 当院が開発した特殊な電気針治療法で、治った口腔遅発性ジスキネジアの方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。  一度お電話予約した上でご来院ください。

    患者様の返信:
    先生のおかげで、 ほぼ完治しましたので、もう少し様子をみる事にしま す。ありがとうございました。

    遅発性ジスキネジア患者SD様

    [ 症状、ご相談内容 ] :
    脳刺激を週1回行っており続けたく考えております。 また、ガバペン600mg/1日、エパデールS600mg毎食後、メイラックス1mg就寝前に、服用しています。 脳神経第5(2枝、3枝)、7、〜12まで障害がある、との事です。明日問診にて足りない事がござい ましたら、お話し申し上げます。

    ジスキネジア患者D様

    [ 症状、ご相談内容 ] :
    統合失調症と診断され入院していました。退院してから、体 が勝手に動くや、アカシジア?や、ジストニアのような症状が出るらしく、気持ちが不安定になっています。私から 見てると、特に勝手に動いてる様子は見られないのですが、本人は我慢してるとの事です。薬の副作用を嫌っているので、副作用を抑える薬 も飲みたくないといっております。

    遅発性ジスキネジアと針灸治療

    痙性斜頸 脳性麻痺 痙性発声障害 眼瞼痙攣(けいれん) 書痙  鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

    難病

    整形外科系

    産婦人科疾患

    皮膚疾患

    眼科疾患

    耳鼻咽喉,口腔系疾患

    神経系疾患

    泌尿,生殖器疾患

    呼吸器疾患

    消化器疾患

    循環器疾患

    血液,リンパ系

    代謝,内分泌系

    小児疾患

    スポーツ外傷(障害)

    交通事故(後遺症)

    がん