中国鍼灸 東京・銀座

嗅覚過敏

嗅覚過敏の鍼灸治療 (通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸に聞いてみよう

嗅覚過敏について

嗅覚過敏の原因|嗅覚過敏の中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

嗅覚過敏とは、においを正しく嗅ぎ取れなく、鼻の匂いに対する感覚が過敏な状態です。
嗅覚過敏は、普通のにおいを悪臭と感じたり、異常なに匂いと感じたり、嗅覚錯誤です。
目と目の間の鼻の奥、その天井部分に嗅上皮という場所があり、においの分子は嗅上皮の嗅粘膜に吸収されて大脳に伝わります。この経路のどこかで障害が生じると嗅覚障害が起こます。
嗅覚障害の程度により、全くにおわない嗅覚脱失や一部匂う嗅覚減退、本来のにおいとは違うにおいがする異嗅症などがあります。

嗅覚過敏に対する当院の取り組み

嗅覚過敏の原因|嗅覚過敏【神経疾患】

中国鍼灸の嗅覚過敏の治療目的は、嗅覚過敏の回復程度を高めることと嗅覚過敏が完治するまでの時間の短縮することです。
当鍼灸(針灸)院は早くから嗅覚過敏に対する針灸治療の有効性に着目し、難しいといわれる嗅覚過敏の針灸治療を精力的に取り組んできました。30年の歳月をかけて、鼻通をはじめ、数々嗅覚過敏に有効なツボを発見し【鼻透穴針】を開発しました。
中国鍼灸のこの特有な針灸治療法【鼻透穴針】によって、嗅覚過敏の患者さんの多くは嗅覚を取り戻し、香りの分かる世界に戻りました。 鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の87%は経過がよいと考えられます。
嗅覚過敏の原因が多様なため、当鍼灸(針灸)院の治療方法もそれに応じて、多岐に渡って行います。当鍼灸(針灸)院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。嗅覚過敏の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

嗅覚過敏の鍼灸治療法

嗅覚過敏の鍼灸治療症例と臨床経験

嗅覚過敏の鍼灸治療症例 :嗅覚過敏患者131名、【鼻透穴針】:鼻通、迎香、上星、風府、前谷、百会、天柱、風池、大椎、足三里、合穀。電気針。

嗅覚過敏の鍼灸臨床経験 :風邪などで嗅粘膜が障害を受けた場合、2週間以内なら治る可能性は90%を超えますが、それを過ぎると急激に 治りにくくなりますので、早めの受診を勧めます。
当針灸院(鍼灸院)では、今も多くの嗅覚過敏患者が通っていらっしゃいます。嗅覚過敏患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、嗅覚過敏患者の生活の質と予後はかなり良好です。大多数の嗅覚過敏患者は正常の生活に戻ることが可能になりました。
嗅覚過敏で最も多いのは、嗅覚が衰える嗅覚減退と、嗅覚がなくなる嗅覚消失です。中国鍼灸の今まで鍼灸治療で、諦めないで根気強く針灸治療を受けた患者さんの多くは満足に物の香りと味が分かるまでに回復していました。

嗅覚過敏の鍼灸治療のメカリズム

嗅覚過敏の原因|嗅覚過敏【神経疾患】

当院独自開発した【鼻透穴針】治療法:鼻部にある二つ離れている特殊なツポに一本の針を通し、微電流をかけますと、これらの刺激が生物電信号に変わり、神経の伝達を通じ、嗅覚細胞と嗅覚中枢を改善する仕組みです。
1.【鼻透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.「確率共鳴」という現象が起き、嗅覚中枢を活発化させます。
4.神経の伝達を通じ嗅覚細胞を活性化します。

【嗅覚過敏治療の実際様子と流れ】
嗅覚過敏の原因|嗅覚過敏【神経疾患】

1.当院独自開発した【鼻透穴針】治療法:
 特殊なツボにハリをうちます。
2.ハリに微弱電流を流します。
3.痛みを感じない程度の治療が多いので、
寝ってしまうことがあります。
4.起きたら、治療完了です。
5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。

中国鍼灸の新聞の紹介記事

嗅覚過敏の原因|嗅覚過敏【神経疾患】

『週刊文春』
 出版社:株式会社文藝春秋
『週刊実話』
 出版社:日本ジャーナル出版
『アサヒ芸能』
 出版社:徳間書店
『週刊大衆』
 出版社:双葉社
『難病、慢性疾患に最適ー欧米でも高まる評価 』『 西洋医学と東洋医学を結ぶ中国人医師の挑戦』
嗅覚過敏の原因|嗅覚過敏【神経疾患】

最新の嗅覚過敏患者の声 西田様 女性

嗅覚過敏群患者の声|嗅覚過敏【耳鼻疾患】

いつもお世話になりありがとうございます。
先生から体験談を書いて欲しいと言われましたので、僭越ながら私のケースをご紹介しようと思います。
匂いがしない、鼻が悪いという症状を自覚したのは3、4年前からでした。何かがあって、まったく匂わなくなったという訳ではなく、徐々に 嗅覚が鈍ってきて、例ば、友人は"いい香りのワインだ”という会話があっても、自分はその感覚がない、お鍋を焦がしても気づかない、あ る時は他の部屋が工事中でシンナーの臭いがしても、それを感じないという具合に、症状は徐々に悪くなっていました。
嗅覚過敏はどこが痛いとか、人間ドックで悪い数値が出たとかいう障害と違って、普通の生活になんら支障をきたすものではありませんが、シ ンナーの臭いを感じなくなった段階で、これはそのままにすべきではないのではないかと、耳鼻科を訪問しましたが、それほどの期間が経過 していれば、回復の見込みは薄いと言われ、それでも、ステロイド剤を含む多くの投薬を処方されました。しばらくはそれも服用しましたが 、一向に回復の兆しがなく、当院を訪問するに至りました。
個人差があるとは聞きましたが、私の場合は治療初日から、変化を感じ、最初は少しずつ匂いを感じるようになり、瞬間的な感覚から継続的な 感覚の回復を感じるようにとその変化を実感しています。
完治したとは言えませんが、1か月経過しました最近では食事での香りを楽しみ、金木犀に感動し、秋の果物の香りを感じています。 みかんの香りを感じてこれほど感激したのは久しぶりでした。おかげ様で、失いつつあった、五感の一つを取り戻しつつあります。本当にあり がとうございます。
以上
..................
徐々に回数を減らして、さらに良い状態になることを目指しています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

嗅覚過敏の西洋医学治療

嗅覚過敏の分類と嗅覚過敏の原因

  1. 呼吸性嗅覚過敏
  2. 嗅粘膜性嗅覚過敏
  3. 中枢神経性嗅覚過敏
  4. 嗅覚過敏
  5. その他

嗅覚過敏の症状

嗅覚過敏の症状は、嗅覚脱失、嗅覚減退、嗅覚過敏、嗅覚錯誤、嗅覚幻覚と異臭症に分けられます。
嗅覚脱失と嗅覚減退の患者が、大半を占めます。嗅覚過敏の症状の多くは、嗅覚減退と嗅覚消失です。

嗅覚過敏の検査

  1. 前鼻鏡検査
  2. 後鼻鏡検査
  3. レントゲン検査
  4. 静脈性嗅覚検査
  5. 針状鏡検査
  6. CT検査、MRI検査
  7. 基準嗅覚検査

嗅覚過敏の診断

嗅覚過敏の症状と検査で診断がつきます。

嗅覚過敏の西洋医学治療

嗅覚過敏の西洋医学治療は嗅覚過敏の原因によります。

嗅覚過敏の中国医学治療アプローチ

嗅覚過敏の中国医学の考え 

中国医学では、嗅覚過敏は、鼻だけの異常とは捕らえず、体全体のバランスの異常として、捕らえています。
肺の機能異常が嗅覚異常などの症状として現れます。
「肺は鼻に開窮する」といい、鼻は気道の一部であり、五臓の肺と密接な関係があります。
また、肺は大腸や脾胃とも密接な関係があります。従って嗅覚過敏を治療するには、肺や胃腸の状態を把握し、体全体のバランスを整える事が大切です。

嗅覚過敏の治療経験談 :嗅覚過敏の治療法として、電気灸鍼を神経性嗅覚過敏のうち、ウイルス(感冒)や慢性炎症による嗅覚過敏と外傷性嗅覚過敏症例に対して使用してきました。
その結果、電気灸鍼治療例における治癒率ならびに治癒と軽快を合わせた改善率は、それぞれ70.1%、81.3% であり、電気灸鍼使用以前のステロイド点鼻療法の成績(治癒率23.9%、改善率67.4%)に比較すると、治癒率において、高い治療成績を得ることができました。外傷性嗅覚過敏においても、電気灸鍼使用例ではステロイド点鼻群と比較して、有意差はないものの、高い改善率を得ました。
電気灸鍼が中枢神経におけるコリン作動性ニューロンの活性亢進ならびに神経成長因子の増加作用を有し、中枢性嗅覚過敏ならびにアル ツハイマー病に対して有効であるとの報告があったことから、神経性嗅覚過敏例に使用しました。また、ウイルス(感冒)嗅覚過敏は中高年の女性での発生が圧倒的に多く、電気灸鍼の作用と何らかの関係を持つのかもしれません。
電気灸鍼は、これまで有害事象は認めておらず、神経性嗅覚過敏は改善まで少なくとも3カ月以上要し、経過の長い症例では1年以上かけて改善する症例もあることから、電気灸鍼は本疾患に適した治療法と言えます。

嗅覚過敏患者の声 南様 男性 43歳 

焦げ臭い匂い、タバコ臭が凄く匂い 頭が痛くなってきました。家の中でも 車の中でも 焦げ臭い匂いと タバコ臭は してます。

当院の返事:
当院が開発した特殊な治療法で、治った方がたくさん いらっしゃいますので、心配ないと思います。

患者様の返信:
先週から焦げ臭い匂い、タバコ臭を感じなくなりました。
先生の電気鍼って凄い!凄く喜ん嬉しいです。
大変感謝致しております。
今日もこれから伺います。よろしくお願いします。

嗅覚過敏患者の質問

嗅覚過敏G様 女性

[ 症状、ご相談内容 ] :
嗅覚過敏で治療をお願いします。

当院の返事:
当院の鍼灸治療は嗅覚障害にはかなり有効です。 先月も4人嗅覚障害患者が、当院で暫く鍼灸治療を受け、嗅覚 が戻りました。

患者の返事:
病院で嗅覚障害と言われ、治る可能性は非常に低いと言われましたが、先生の治療12回で完治し、その後はすっかり元通りの 健康な状態が続いています。本当に嬉しく、感謝しています。ありがとうございました。

嗅覚過敏CN様 

[ 症状、ご相談内容 ] :
女性の加齢臭(ミドル脂臭)がするようになって、あまりの悪臭で店長がその女性に注意した ら、その女性がシトラスの抑汗スプレーを使ってきました。すると、そのミドルとシトラスの臭いが混ざってものすごい臭いになってしまい 、それ以降、シトラスも悪臭に感じるようになってしまいまいた。症状はどんどん悪化して行って、他の人には分からないわずかなミドルと シトラスを嗅ぎつくようになってしまいました。マスクに厚手のハンカチを四つ折にして入れても分かってしまいます。どこにでもミドルと シトラスの臭いはあります。まともに生活を送れていません。こちらの院さんでこの症状を治す事は出切るでしょうか?
鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん