中国鍼灸院 東京・銀座

弱視

弱視の鍼灸治療(通院困難な方は、漢方相談にも。院長のお勧め⇒)

鍼灸のことなら中国鍼灸院に聞いてみよう

弱視について

アレルギー性結膜炎の原因|中国鍼灸治療【耳鼻咽喉,口腔系疾患】

 弱視とは視覚の感受性期(8歳くらいまで)の期間内に、網膜上に鮮明な像が結ばないことにより、視覚中枢の発達が妨げられて、視力が出にくい病気です。
弱視の場合、視力が悪く、眼鏡などでは視力がよくならないです。弱視は斜視を伴ったり、眼球振盪があったりしす。弱視は、視力の発達が妨げられて、ほかの検査でもそれと分かる理由がないです。
弱視には斜視弱視、片眼の屈折の差が大きい不同視弱視、生まれつき片眼に病気があり、眼帯などにより長期遮閉したときに起こる視性刺激遮断弱視などの“片眼性弱視”と、両眼に高度の遠視や乱視があり、矯正しないまま放置した場合の“非正視弱視”、両眼性の角膜混濁や、先天性白内障や眼内腫瘍などにより視力の発達が悪い“両眼性弱視”があります。 弱視の原因で最もよくみられるのは、左右の眼の向きが不ぞろいな状態(斜視)です。斜視では両方の眼が同じ目標物をとらえていないので、脳は2つの非常に異なる映像を見ることになりますが、これらの映像は融合するには違いが大きすぎます。成人では2つの異なる映像を見ると、ものが二重に見える複視が起こります。しかし、脳で映像を融合する能力がまだ発達していない小児期にこの状態に置かれると、脳は視線がずれている方の眼から送られる映像を無視することを学習してしまいます。
同様に、視力が片側の眼だけで劣っている場合(重度の近視、遠視、先天性白内障などによる)にも、映像を融合させる能力は損なわれます。脳が両眼から受け取った映像にあまりに隔たりがあった場合、脳はぼやけている方の映像を無視するようになります。
弱視があっても、まだ幼い子供では症状を訴えられないことがあります。または一方の眼ではものが見えていないなどの問題を本人は認識していないこともあります。片側の眼の映像だけが認識されているので奥行きの感覚がない場合も、本人はそれに気づかない場合があります。
斜視や屈折障害は弱視の原因になるので、標準的な眼の検査に加えてこれらの検査を子供に対してはできるだけ早い時期に行います。
弱視は軽度で一時的なものである場合があります。早期に始まった場合や長期間続いている場合は弱視が永久的である可能性が高くなります。治療をより早期に始めれば、弱視を防いだり矯正できる可能性はそれだけ高くなります。治療では、問題がある側の眼からの映像情報も脳に使わせることが必要となります。問題がある眼について、眼鏡による視力矯正を行うだけですむこともあります。

弱視に対する当院の取り組み

中国鍼灸院の弱視の治療目的は、弱視の回復程度を高めることと弱視が完治するまでの時間の短縮することです。
多くの西洋医学治療で回復できない弱視患者さんの期待に応えるため、当院が25年間、弱視治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリを考案いたしました。そして良い成果を上げています。
治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%は経過がよいと考えられます。
弱視の原因が多様なため、当院の治療方法もそれに応じて、多様に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。弱視の視力の回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。

弱視の原因

弱視では、視力低下が起こる主な原因は脳の機能異常であり、眼そのものの異常ではありません。これは小児期にのみ起こり、子供の視力障害の原因として最もよく見られます。左右の眼から入ってくる2つの映像はわずかに異なる角度でとらえられていて、これによって奥行きの感覚(奥行知覚)が生じます。脳はこの2つの映像を結びつけて融合させ、立体感をもった1つの画像にまとめます。脳において、この映像を融合させる能力が発達するのは小児期の間だけです。脳に届いた映像のうち片側の眼の分だけに質の問題がある場合(ぼやけている、二重になっているなど)、脳はその映像を抑制し、問題のある眼からの映像情報を事実上無視します。このような人では、眼そのものが正常でも片側の眼からの映像は見えていません。弱視はものを見る訓練ができないと起こりますが、ものを見る訓練ができない状態になる原因としては以下のようなものがあります。

斜視 斜視があると、両眼視ができないため、ものが二重に見えます。ものが二重に見えると、脳が混乱するため、斜視になっている片方の目を使わないようになり、使わない方の目が弱視になる場合があります。これを斜視弱視といいます。
遠視 遠視があると、近くを見るときも、遠くを見るときもはっきりと見えないため、視力が発達せず、弱視になる場合があります。
その他 生まれつき、白内障などの目の病気がある場合、あるいは乳幼児期に眼帯を長い間(3〜7日間程度)つけたりした場合、ものを見る訓練ができず、弱視になる場合があります

弱視の分類

  1. 斜視弱視
     斜視があって、眼が正面を向いていない場合、網膜で最も感度の高い黄斑部(おうはんぶ)に像を結ばなくなり、視機能の発達が妨げられ、弱視となります。正常眼のほうが優位にはたらくため、いつも斜視になっている眼は弱視となってしまいます。
  2. 形態覚遮断弱視:先天性白内障(はくないしょう)や、まぶたの腫瘍、眼瞼下垂(がんけんかすい)、眼帯などにより視覚入力が妨げられることによって起きる弱視です。新生児にこのような連関要因がはたらくと、数日間でも弱視化することがあり、注意が必要です。
  3. 屈折性弱視:強度の遠視、乱視などが原因となる弱視です。遠視といえば「遠くがよく見える」というイメージをもっている人も多いと思いますが、視力は近くを見ることにより発達するため、近くにピントの合わない強度の遠視では、視機能の発達が妨げられ、弱視が起きます。強度の乱視も同様です。近視の場合は病的な近視でない限りは近くにピントが合うため、弱視にならないことが多いようです。
  4. 不同視弱視:左右の眼の屈折度の差がある程度以上大きくなると、ピントを合わせやすいほうの眼の視覚入力が優先され、ピントを合わせにくいほうの眼(屈折異常が大きい眼)は弱視化します。両眼とも遠視で、左右の屈折度の差が3D(ディオプター)以上になると弱視が起きやすいのですが、片眼のみ強度の近視である場合も弱視となります。

弱視の症状

視力が0.04〜0.3(両眼での矯正視力)に低下していたり、視野が極端に狭くなっていたり、低下した視力は眼鏡やコンタクトで矯正しても、視力が出ない。

弱視の検査と診断

視力が0.04〜0.3(両眼での矯正視力)に低下していたり、視野が極端に狭くなっていたり、低下した視力は眼鏡やコンタクトで矯正しても、視力が出ない。斜視と違い、弱視は保護者の方が注意していても分からないことがままあります。特に片方の目だけが弱視の場合、よい方の目で普通に見ているため、気がつかないことが多いようです。3歳児健診の視力検査を必ず受けるようにしましょう。

家庭で弱視を発見するには

  1. テレビを前の方で見る
  2. 目を細める
  3. いつも頭を傾けてものを見る

弱視の西洋医学治療

弱視の西洋医学治療は視力のよいほうの眼を決められた時間遮閉して、弱視の眼に完全矯正した眼鏡をかけ、強制的に弱視眼を使わせるという方法が基本です。

弱視の治療法

弱視の鍼灸治療症例と臨床経験

弱視の鍼灸治療症例 :弱視患者120名。取穴:眼底穴、球後、太陽、晴明、翳風、養老、合穀、百会、風池。針体から微電流を流し続けます。 眼底穴と球後穴、中国では、目の病気の治療によく使われますが、他のツボより痛みが出やすいため、当院ではこのツボを使う場合、患者さんに説明し、同意してもらった上のみ、治療を行います。

弱視の鍼灸臨床経験 :当院では、多くの弱視患者の症状を回復、或いは改善してきました。今も多くの弱視患者が通っていらっしゃいます。弱視患者の一人一人の症状に合わせて、当院はきめ細かく具体的な針灸治療方法で対応しています。今までの弱視針灸治療では、弱視患者の生活の質と予後は比較的良好です。多くの弱視患者の視力と視野障害の回復が可能になりました。
当院の鍼灸治療では長年の弱視でも、多くは視力が戻ります。針灸治療をより早く始めれば、弱視を防いだり矯正できる可能性はそれだけ高くなります。

弱視の鍼灸治療のメカリズム

弱視患者の脳の映像情報能力を改善し、或いは斜視を矯正するからと考えられます。

 

弱視患者の質問

弱視患者HJ様

[ 症状、ご相談内容 ] :
母親の遺伝で生まれつき眼が悪いです。 現在は、裸眼で両目0.02で矯正して両目0.3です。それ以上は上がりません。それでも治療したら改善することはありますか?

当院の返事:
今の症状は、鍼灸治療の方が効果的だと思います。

患者様の返信:
先生に治療していただいて、次回で9回目になります。お陰様で 眼科での視力検査では視力が0.3上がりました。
ありがとうございます。次回で10回目です。宜しくお願い致します。

弱視患者H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
視力低下です。学校検診より、0.2に下がっていまして鍼灸をやってみたいと思っております。 片目は0.7で、メガネはしていません。鍼灸である程度、効果はありますでしょうか?

弱視の治療相談

[ 症状、ご相談内容 ] :
弱視ですが、先生の治療方法での可能性は弱視の場合は可能性はありますでしょうか。ご指導ください。

弱視患者の治療相談

弱視J様

[ 症状、ご相談内容 ] :
弱視と診断されて、治療を開始することになりました。11歳ではもう手遅れとよく 言われますが、できる限りの治療をしてみることになりました。鍼灸に通う としたらどのくらいのペースで通いますか?

弱視K様

[ 症状、ご相談内容 ] :
弱視と診断され、アイパッチの治療を10月から始めることになりました。2週間先ですが、すぐ始めなくてよいので しょうか?先生の鍼灸治療を受けたいのですが、どのくらいの頻度で通わなければなりませんか?

弱視患者H様

[ 症状、ご相談内容 ] :
右目の視力低下について相談します。

眼底の疾患と針灸治療

加齢黄斑変性 眼精疲労 視神経萎縮 視神経炎 視神経症 硝子体剥離 硝子体出血 中心性網膜炎 糖尿病網膜症 飛蚊症 未熟児網膜症 網膜前黄斑線維症 網膜剥離 弱視 網膜色素変性症 鍼灸のことなら康先生に聞いてみよう

難病

整形外科系

産婦人科疾患

皮膚疾患

眼科疾患

耳鼻咽喉,口腔系疾患

神経系疾患

泌尿,生殖器疾患

呼吸器疾患

消化器疾患

循環器疾患

血液,リンパ系

代謝,内分泌系

小児疾患

スポーツ外傷(障害)

交通事故(後遺症)

がん